So-net無料ブログ作成

【映画鑑賞記11】土竜の唄 潜入捜査官 REIJI [映画鑑賞]

web_main_large.jpg
監督・三池崇史、脚本・宮藤官九郎、主演・生田斗真の「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」を鑑賞。原作は人気コミックということですが、漫画は読んだことはありません。
クドカンの脚本ということで期待を込めて観ました。しかし、クドカンのセリフ回しそのものは切れがあってさすがでしたが、なんか全体的にテープ感というか手抜き感があって、イマイチ作品にのめり込めませんでした。
共演は堤真一、山田孝之、遠藤憲一、岡村隆史、ヒロインには仲里依紗。堤真一や山田孝之が演じた役柄は彼らにとってハマリ役だと思いましたが、チープ感が先立ってしまって、彼らの演技が死んでました。
web_sub4_large.jpg
三池監督得意のアクションシーンは撮り方そのものが迫力あって好きですが、今回はどちらかというとギャグアクションって感じでした^^;
唯一楽しかったのは、仲里依紗のお色気シーン。ムチムチな仲里依紗は◎っす!^〇^!
web_sub1_large.jpg
しかし、主演の生田斗真君の画像が全く見当たりません。彼もジャニーズなので仮面ティーチャー同様肖像権管理は徹底してますね。

解説: 高橋のぼるの人気コミックを、三池崇史監督、宮藤官九郎脚本のタッグで実写映画化したアクションコメディー。交番勤務の巡査が暴力団組織を壊滅させるべく潜入捜査を命じられ、さまざまなピンチを乗り越え任務を果たそうとする姿を描く。主演は、三池組初となる生田斗真。彼を取り巻くキャラクターには堤真一、仲里依紗、山田孝之、岡村隆史、上地雄輔らがふんし、原作の世界観そのままの強烈なインパクトを放つ。

あらすじ: 正義感は強いものの警察署きっての問題児の巡査・菊川玲二(生田斗真)は、上司からクビと言われてしまう。しかし、内実は関東一の広域暴力団・数寄矢会の轟周宝(岩城滉一)を逮捕するため、モグラこと潜入捜査官になれという命令だった。偶然にも傘下の阿湖義組若頭・日浦匡也(堤真一)と親交を深めた玲二は、数々の試練に見舞われながら轟に近づいていく。
nice!(13)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 13

コメント 8

mutumin

いまいちだったんですか?
by mutumin (2014-03-19 05:49) 

pn

良いよね仲里依紗♪

要するに豪華なVシネって感じですかね?けどそこはかとなく漂うチープ感って結構好きかも(笑)
by pn (2014-03-19 06:22) 

獏

前評判は良さそうだったんですがねぇ。。。

by (2014-03-19 07:09) 

親知らず

あ!あまちゃんに出てた高校の潜水土木科の先生?
by 親知らず (2014-03-19 08:02) 

HOTCOOL

mutuminさん

イマイチというかなんというか・・・でした。
by HOTCOOL (2014-03-20 04:43) 

HOTCOOL

pnさん

その表現ズバリです。
仲里依紗、人妻・子持ちってところがそそる(笑)
by HOTCOOL (2014-03-20 04:45) 

HOTCOOL

獏さん

お客さんは結構入ってました。
by HOTCOOL (2014-03-20 04:45) 

HOTCOOL

親知らずさん

そうです!
クドカン一家が結構出てました。
by HOTCOOL (2014-03-20 04:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1