So-net無料ブログ作成

【映画鑑賞記21/18’】ヴァレリアン 千の惑星の救世主 [映画鑑賞]

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」を鑑賞。
172732_02.jpg
リュック・ベンソン監督が描く広大なSFスペースオペラ。
リュック・ベンソンがSF?って、どんな感じに仕上がっているかと期待と不安が入り混じりながら鑑賞しましたが、恋に冒険、勧善懲悪、仲間との協力など映画の原点がてんこ盛り。そして、結構コミカルだったので、楽しめましたね。
その要因の一番は主役ふたりのビジュアルでしょうね。
201803150010000view.jpg
特にデイン・デハーン演じるヴァレリアン
362346_004.jpg
の相棒ローレリーヌ役のカーラ・デルヴィーニュ。美形でキュートそして小悪魔的でルックスで惚れてしまいました(笑)
362346_002.jpg
スターウォーズに足りない、主役級のビジュアルの良さがあり、また、ところどころでスターウォーズをパロっているところもあり。特に、主人公らが操る船もまるでファルコン号のようでしたね。
362346_011.jpg
キャラクターもさる事ながら、近未来のアイデアが綺麗な映像で描かれ、2Dで見ましたが充分綺麗でした。
362346_006.jpg
そして綺麗な星をも凌駕するカーラ・デルヴィーニュの美。
BGMにはデヴィッド・ボウイの「スペース・オディティ」。
深く考えず、爽快に観終わる。映画ってそんなもんでいいですよね。

解説:数々の名作を手掛けてきたリュック・ベッソンが監督と脚本を務め、人気SFコミックを実写化。宇宙の平和を守るエージェントたちが、ある宇宙ステーションの裏でうごめく陰謀に立ち向かう。『ディーン、君がいた瞬間(とき)』などのデイン・デハーン、『スーサイド・スクワッド』などのカーラ・デルヴィーニュ、『クローサー』などのクライヴ・オーウェンらが出演。銀河を股にかける冒険とそれを具現化した映像に期待。

あらすじ:西暦2740年。宇宙の平和を守るため、銀河をパトロールしている連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)。アルファ宇宙ステーションに降り立った彼らは、長い時間をかけて規模を広げ、多種多彩な種族が共存している“千の惑星の都市”の繁栄を目にする。だがその裏にはある秘密が存在し……。
nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 8

mutumin

男性は小悪魔に魅せられるよね!
by mutumin (2018-05-28 06:12) 

pn

ヒロインが良ければそれだけで評価が上がるよね(*≧∀≦*)
by pn (2018-05-28 07:48) 

親知らず

>スターウォーズに足りない、主役級のビジュアルの良さがあり(笑)。
デビッド・ボウイの曲かー。良いなぁ。
by 親知らず (2018-05-28 08:27) 

paulo

カーラちゃんの胸が溢れそう!!
by paulo (2018-05-28 10:06) 

HOTCOOL

mutuminさん

小悪魔大好き!
by HOTCOOL (2018-05-29 04:02) 

HOTCOOL

pnさん

可愛い子は得ね^^
by HOTCOOL (2018-05-29 04:03) 

HOTCOOL

親知らずさん

SWは内容で勝負(笑)
by HOTCOOL (2018-05-29 04:06) 

HOTCOOL

pauloさん

こぼれて欲しかった(笑)
by HOTCOOL (2018-05-29 04:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。