So-net無料ブログ作成

【路麺紀行】ゆで太郎 日本橋兜町店 [路麺紀行]

久々の路麺紀行。
訪れたのは、路麺紀行で恐らく最多登場になるであろう「ゆで太郎 日本橋兜町店」。
IMG_2893.JPG
店外に設置されている券売機。
IMG_2885.JPG
悩んだ挙句、”とり舞茸天そば”を選び、食券を持って店内に入り「温かいそばで」と、お願いしました。
IMG_2886.JPG
立ち食い蕎麦屋さんといっても、このお店は座るところがあります。カウンターには”肉肉肉”のセットメニューのインフォがありました。
IMG_2887.JPG
しばらくすると、「5番でお待ちのかた~」と声がかかります。取りに行くと「温でしたよね?」と確認が入り、お盆を渡されました。
んんん?鶏天と舞茸天が別皿になっています。冷と間違えましたね、こりゃ^^;
IMG_2888.JPG
ということで、天麩羅を丼に入れて浸します。ヒタひたが好きなんです^^
IMG_2889.JPG
「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」にこだわる江戸きりそば。喉越しがいいね^^
IMG_2891.JPG
完食!
IMG_2892.JPG
秋そば祭り無料クーポン券もゲット^^
IMG_2890.JPG
次回は、かせそばにコロッケかな、海老天かな(笑)
IMG_2890.JPG
nice!(12)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ライン部長研修 [ギョーム]

今日明日と会社人事部主催のライン部長研修が行われる関係で、幕張にある外部の研修施設に行ってきます。
なにやら会社も景気が良くなったようで、数年前まで凍結されていた研修、セミナー、プロジェクトの立ち上げが、ここのところ頻繁に行われるようになりました。
しかし、56歳になっての研修は面倒です。
事前の研修課題なども与えられます。もう、頭が固くなっているので、柔軟な発想が出てきません。
もう数年で60歳になる社員に研修経費使う必要性があるのかしらん?と思いますが、それなりに頑張ってきます。
なお、明日は予約投稿となります。
それじゃ
nice!(15)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

AmazonVideo [雑記ブログ]

Amazonプライム会員になったので、スマホに「AmazonVideo」をインストールしました。
ちなみに、スマホの背景は幸運が訪れるという、鶴瓶師匠の神画像であります(笑)。
image1.PNG
まず、ダウンロードしたのは「孤独のグルメ・シーズン1と2」。この2シリーズはテレビ放映を見逃していたんです。井之頭五郎役の松重さんの食べる姿を見ていると嬉しくなっちゃいますね^^
image3.PNG
続いては、AmazonVideoオリジナル「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」。主演は五代様ことディーン・フジオカと清野菜名。ディーン・フジオカって結構好きな役者さんなんです。グローバルでかつ端正な顔に似合わない泥臭さが気に入っています。
漫画が原作で脚本的には韓流ドラマっぽいですが、それなりに楽しめました。
image2.PNG
そして、これまたAmazonVideoオリジナル「宇宙の仕事」。まだ見ていませんが、「勇者ヨシヒコ」「女子ーズ」などを手がけた大好きな福田雄一監督・脚本作品なので、配信されてすぐダウンロードしてしまいました。
キャストはムロツヨシ、池谷のぶえ、佐藤二郎など福田組常連の役者と菅田将暉、賀来賢人などの若手俳優が出演しているので楽しみであります。
image4.PNG
大好きな”ワイルド・スピード”シリーズもラインナップに入っています。
他にもプライム会員限定の無料番組が豊富なので、出張で移動する時、時間が潰せそうです。
image5.PNG
nice!(13)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

【映画鑑賞記35/16’】ゴーストバスターズ [映画鑑賞]

「ゴーストバスターズ」を鑑賞。
169058_02.jpg
いわゆる”リブート”(再起動)作品。
最近のハリウッドはアイデアが枯渇し、安易なリメイクやリブート作品に走っているなぁ、という気がしますね。。。
で、本作。1984年に大ヒットした「ゴーストバスターズ」の主役を男性から女性に置き換えています。
ただ、入れ替えを行っただけ、という感じがしないでもありません。
355704_005.jpg
ちなみに、前作のバスターを演じた、ダン・エイクロイド、ビル・マレー、シガニー・ウィバー(バスターではない)などがカメオ出演していて、そこは嬉しかったのですが、ちょっと違和感も感じたのは確か・・・
救いは「マイティ・ソー」の主演俳優クリム・ヘムズワースか。お馬鹿な役どころが妙にハマっていました。
355704_003.jpg
しかし、外国のオバケってイマイチ怖くない。まぁーコメディタッチの作品だから致しかたないのかもしれませんがね。
355704_007.jpg
主役4人も顔も名前も知らない人ばかり。もう少し、大物感が欲しかったのが正直なところ・・・はい。
355704_001.jpg

解説:1980年代に一世を風靡(ふうび)した人気コメディーシリーズの、装い新たな話題作。ニューヨークを舞台にした、女性ばかりの幽霊退治人たちの活躍を追い掛ける。『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などのポール・フェイグが監督を務める。『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』に出演したクリステン・ウィグやメリッサ・マッカーシー、『テッド2』などのケイト・マッキノン、『マイティ・ソー』シリーズなどのクリス・ヘムズワースらが結集。

あらすじ:コロンビア大学の物理学者エリン(クリステン・ウィグ)は、旧友アビー(メリッサ・マッカーシー)が自分と共同発表した幽霊研究本を承諾もなく電子書籍化しているのを発見。憤慨して彼女の勤める大学向かうが、なぜか一緒に幽霊騒動の起きた屋敷を調査する羽目に。そこで初めて幽霊に遭遇したエリンは、アビーとその相棒ジリアン(ケイト・マッキノン)と共に喜ぶものの、それぞれ大学を解雇されてしまう。行き場をなくすも幽霊の存在を確信した三人は、超常現象の調査会社を立ち上げるが……。
nice!(14)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【麺食い日記33/16’】横浜家系ラーメン 壱角家@西葛西 [ラーメン・つけ麺]

西葛西にいつの間にか出来ていた「横浜家系ラーメン 壱角家」を訪問。
IMG_2813.JPG
券売機はタッチパネル式。券売機も進化していますね。
”味玉ラーメン”の醤油をプッシュ、、、いや、タッチ。
IMG_2796.JPG
お店はカウンター席にテーブル席。ゆったり目な配置になっています。
家系にはかかせない、にんにく・豆板醤・きざみ玉葱・一味など定番の味変グッズ。
IMG_2797.JPG
家系ラーメンの指南書が壁一面に張られています。
IMG_2799.JPG
ライスの食べ方も。
IMG_2800.JPG
トッピングを追加したい時は現金でも可だそうです。
IMG_2801.JPG
ライスは希望するとサービスでついてきます。
IMG_2802.JPG
”味玉ラーメン”醤油が到着。
IMG_2803.JPG
丼は黒で間口は広いタイプ。
家系の特徴である濃厚なスープ、海苔の防波堤、ほうれん草、うずらの玉子が食欲を沸きたてます。
IMG_2804.JPG
IMG_2807.JPG
IMG_2806.JPG
チャーシューは箸でつつくとホロホロと崩れてしまうロール状のもの。もう少し、強度があっても良かったかな。
IMG_2808.JPG
極太でウェーブがかかった麺。茹で方のせいか、ちょっとパサッとしています。家系の麺といえばモッチリ感が特徴なので、イマイチ、スープにマッチしませんね・・・
IMG_2805.JPG
後半、オン・ザ・ライスやにんにく・豆板醤をインして食感と味に変化をつけました。
IMG_2809.JPG
IMG_2810.JPG
完食。
IMG_2812.JPG
味的にはこれからのところがいっぱいありますね。
この場所はお店がコロコロ変わる鬼門の場所となっています。
西葛西・葛西近辺は家系のお店が多数あるので、またいつの間にか閉店していたといったことがないよう、切磋琢磨して頑張ってもらいたいですね。

nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トラブル続き [出張物語]

昨日は静岡出張。
静岡駅は初めてでした。最近はこんな感じの駅ビルが多くなりました。
IMG_3029.JPG
ちびまるこちゃんがお出迎え^^
IMG_3030.JPG
静岡に着いたのは朝8時。静岡駅で立ち食い蕎麦でも、と思ったのですがあるのはcafeとかファーストフード店ばかり。結局、朝食抜き・・・
8時30分過ぎに名古屋支店の部長さんが上りの新幹線で到着。
一緒にタクシーで研修会場に向かいました。
研修は9時30分開始。
段取りをはじめたところ、ノートパソコンの電源が突然落ちてしまい、うんともスンとも言わなくなりました。
パソコンが使えないとパワーポイントも使えなくなるので、プロジェクターでのスクリーンの投影ができなくなります。また、DVDも使えなくなります。
僕の講義についてはレジメを配っているので、なんとか凌げますが支店の部長さんはそうもいきません。
すったもんだしていると、事務局さんが個人で持ってきたパソコンがあるからそれを使いましょう、ということになりました。nice!事務局!!
しかし、プロジェクターに繋いだところUSBケーブルとの相性が悪いらしく動作がイマイチ。けど、開始時間が迫ってきたのでやるしかありません。なんとか、支店の部長さんは1時間とちょっと講義をやりきりました。
そして、僕の出番。電源が入らないノートパソコンのバッテリーをはずして5分程冷却。その後、セットしたら立ち上がりました。Cドライブの状況をみたらパンパン。いらない、データを削除したら通常の状態に戻りましたので、僕の講義も無事終了。
しかし、機械ってのは怖いですね。思わぬところで、トラブルを起こします。
パソコンがなくても、上手く喋れるよう、自分のスキルをあげないといけないと改めて感じた一日でした。
それじゃ
nice!(16)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

静岡出張 [出張物語]

今日は土曜日ですが、名古屋支店の部長さんから静岡で開催される研修会の講師を頼まれたので新幹線ひかり号に乗って行ってきます。
商売柄、土曜日じゃないと人が集まらない地区もあるのです。
しかし、静岡駅って降りたことあったかな?
何が美味しいんだろう(笑)
ギョームとはいえ、ちょっとわくわくしますね[わーい(嬉しい顔)]

もこもこ^^
IMG_2999.JPG
nice!(12)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

【麺食い日記32/16’】八咫烏@九段下 [ラーメン・つけ麺]

九段下の新店「八咫烏」(やたがらす)を訪問。
8月にオープンしたお店ですがラオタの間でも評判の良いお店です。
IMG_2748.JPG
俳優・杉本哲太さんから開店祝いのお花も届いています。
IMG_2749.JPG
入店し券売機としばし睨めっこ。特撰はチャーシュー増量、玉子、ワンタンで1,000円とお得感がありますが、個人的には具材が多いとスープが薄れる気がします。ここは初訪ということもあり”ラーメン黒”に”玉子”を連打。
IMG_2751.JPG
店内はカウンター席のみ。一番奥の一席に座ります。
カウンターは黒と茶のツートーン。渋い造り。箸は洗い箸。
IMG_2753.JPG
6分程度で着膳。
食欲が一気にそそる水面。
IMG_2754.JPG
丼の表側は黒ベースで上下に白の縁取り。内側は白ベースで赤いラインが一本入っています。格調高い感じの丼ですね。
IMG_2755.JPG
まず、漆黒のスープをレンゲで一口。鰹節が効いているスープです。その後に油の風味が口の中に広がります。キレがありますね。
IMG_2756.JPG
軽くウェーブがかかった芯がしっかりした全粒粉の細麺。キレのあるスープと共にツルッと喉に入っていきます。
IMG_2757.JPG
具材たち。三つ葉がいいアクセントになっています。
IMG_2758.JPG
チャーシューは鶏と豚のレアもの2種。(pauloさんが苦手なレアチャーシュー^^;)
このスープにはレアが合っているのかな?とも思いました。食感はnice!でしたよ^〇^
IMG_2759.JPG
IMG_2760.JPG
表面が黒の玉子。ブチつき(笑)
IMG_2761.JPG
いい感じの黄身でした。
IMG_2762.JPG
美味しく完食完飲。
IMG_2763.JPG
近い日に塩味だという”白”を食べに行こうかな。ご馳走様!

nice!(12)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017年スケジュール手帳 [お買い物日記]

2017年スケジュール手帳を購入。
まず来年の連休を確認(笑)
左が2016年の手帳。右が2017年の手帳。毎年カラーを変えています。
IMG_2957.JPG
僕は10月始まりの手帳を使っている関係でこの時期に購入しています。
IMG_2958.JPG
今使っている手帳には10月から12月までの予定が記入してあるので、新しい手帳に再度記入しなくてはならない手間がありますが、年内の予定を再確認できるので気合も再注入できます。
ちなみに、10月早々今年2度目の海外出張があります。
どこに出張だって?
それは、10月はじめに発表します!
nice!(14)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

【読書日記17/16’】硝子の太陽Noir@誉田哲也 [読書日記]

誉田哲也「硝子の太陽Noir」を読了。
E1463679961685_b1ca_1.jpg
前回紹介した「硝子の太陽Rouge」とのコラボ作品。
本作は著者・誉田哲也の人気シリーズ「ジウ」の流れを汲む作品です。
コラボ作品と銘打っていましたが、そんなにコラボ感はありませんでした^^;
けど、個人的にはRougeより、こちらのNoirのほうがタイプでした。
何故かって?
登場人物が魅力的。強さも弱さも兼ね備えた主人公・東警部補。そして、新宿の裏世界を生きる歌舞伎町セブン。特に歌舞伎町セブンはドラマの名作”必殺仕事人”を彷彿させる設定なので読み手としては楽しい限りでした。

あらすじ:沖縄での活動家死亡事故を機に「反米軍基地」デモが全国で激化した二月、新宿署の東弘樹警部補は「左翼の親玉」を取り調べることに。その直後、異様な覆面集団による滅多刺し事件が起こる。被害者は歌舞伎町セブンにとってかけがえのない男。社会に蔓延る悪意の連鎖を断ち切るべく、東とセブンの共闘が始まる!
nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ: