So-net無料ブログ作成

Gran Class [雑記ブログ]

先日、お袋のお見舞いに行った帰り、ちょっと奮発して北陸新幹線の「Gran Class(グランクラス)」に初めて乗りました。
IMG_3228.JPG
「Gran Class」は普通車や標準的なグリーン車に比べて乗客1人当たりの占有面積が広いんです。
IMG_3229.JPG
飛行機で言うところの「ファーストクラス」に相当するサービスも受けられます。
IMG_3230.JPG
IMG_3231.JPG
意地汚いHC君は、ただ酒をがぶがぶ飲んで2時間30分の帰路を楽しみました^^
IMG_3233.JPG

nice!(16)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【麺食い日記41/16’】東京スタイルみそらーめん ど・みそ@豊洲ららぽーと [ラーメン・つけ麺]

豊洲ららぽーとで映画を観た後、ららぽの中にある「東京スタイルみそらーめん ど・みそ」に入店。
IMG_3245.JPG
券売機で”特みそこってりらーめん”をプッシュ。「ど・みそ」の本店は京橋にあるのですが、創業当時はこんなにメニューは豊富ではなかったですね・・・
IMG_3234.JPG
お店はカウンターのみ。スタッフさんの動きもいいですね。
IMG_3235.JPG
そじて、”特みそこってりらーめん”が着膳。
IMG_3237.JPG
どっしりとした重たい黒い丼。レンゲが渋いですね。
IMG_3238.JPG
極太たまごの縮れ麺。みそらーめんにはこの麺!って感じの麺であります。
IMG_3240.JPG
具材はチャーシュー2枚、海苔2枚、味玉、もやし、コーンと具沢山。
IMG_3241.JPG
IMG_3243.JPG
途中、卓上の一味を振りかけて味変。
IMG_3236.JPG
みそらーめんに一味は合いますね。
IMG_3242.JPG
後を引くスープは濃厚。なかなかレンゲの動きが止まりませんでした。
IMG_3239.JPG
「ど・みそ」の文字が見えたところでレンゲをおきました。
IMG_3244.JPG
久々の「ど・みそ」は体も心も温まりましたね。ご馳走様!
nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

仙台・山形・郡山出張 [出張物語]

今日28日から二泊三日で仙台・山形・郡山へ出張してきます。
各都市で約60分くらいの講義をしてきます。
リハーサルをほとんどやっていないのでぶっつけ本番となりますが、頑張ってきます。

先日、名古屋出張の際403国目を国盗りしました。残り、197国・・・
IMG_0571.PNG

それじゃ
nice!(9)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

第36回ジャパンカップ [競馬]

正直、このレース「ジャパンカップ」という冠名を下ろしたほうが良いのでは・・・
国際GⅠと名乗るには海外招待馬の知名度が低すぎますね。
さて、予想。
全く当たらないので、馬連BOXで勝負します。
1番キタサンブラック
3番ゴールドアクター
4番ルージュバック
9番ディーマジェスティ
14番レインボーライン
16番リアルスティール
17番シュヴァルグラン
以上7頭21点で、いざ勝負!
nice!(17)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

【ブラHC】清澄庭園 [ブラHC]

今年2度目の清澄庭園に秋を感じに行きました。
IMG_6334.JPG
入口付近にある”鹿威し(ししおどし)”。
IMG_6302.JPG
完全紅葉にはまだ早かったかもしれませんが、ポカポカ陽気のなか久々にKissにマクロレンズを装着して清澄庭園を散策しました。
IMG_6306.JPG
IMG_6312.JPG
庭園の真ん中には大きな池。
カルガモや野鳥が泳いだり佇んだり。
IMG_6313.JPG
IMG_6332.JPG
手をたたくと鯉がやってきます。餌が欲しいって?ありまんよ^^;
IMG_6328.JPG
”石灯篭”ってなんか好き。
IMG_6331.JPG
ここのところ、休みの日も午前中だけですが出勤していました。また、60肩なのか?右肩から右腕にかけて慢性的な痛みが続いています。
カメラを持って歩くというのは、いい気分転換になりました。
IMG_6318.JPG
IMG_6329.JPG
ギズギズ、慌しく生きるより、カメラを持って綺麗な景色を写し、好きな音楽・読書・映画を存分に楽しみたいなと思った一日でした。
IMG_6322.JPG
と、物思いにふけりながら隣の清澄公園へ。
日の当たり方の関係か、公園のほうが葉は赤々としていました。
IMG_6335.JPG
けど、赤一色よりも色んな色が混ざってるのも可愛いですね。
IMG_6337.JPG

【映画鑑賞記44/16’】ジェイソン・ボーン [映画鑑賞]

「ジェイソン・ボーン」を鑑賞。
169106_02.jpg
ボーン三部作が完結して10年。
マット・デイモンとポール・グリーングラス監督がふたたびタッグを組んでボーン・シリーズが帰ってきました。
途中、ジェレミー・レナーが主演のヘンテコな作品もありましたけどね・
けど、正直言って10年前の「ボーン・アルティメイタム」ってどんな内容だったのかすっかり忘れていたので、三部作の復習は必要だったかも^^;
10年経ってジェイソーン・ボーン演じるマッド・デイモンも円熟味が増しましたね。
355735_001.jpg
本作は、かつてボーンがCIAの暗殺者養成プログラム“トレッドストーン”に自ら志願した理由を解き明かす物語。今回も手持ちカメラのライブ感とボーンの切れ味の鋭さは健在。CG全盛期にリアリズムを重視するカメラワークは好印象であります。
355735_003.jpg
CIA長官を演じるのはトミー・リー・ジョーンズ。一筋縄ではいかない無骨さは、缶コーヒーのCMからは想像できません(笑)
そして、CIAの分析官として登場するのは、オスカー女優アリシア・ヴィキャンデル。スクリーンから見せるストイックさはボーンに匹敵するほど強烈でした。
ちなみに、最近HC君のイチ推し女優さんでもあります[黒ハート]
355735_004.jpg
ジェイソン・ボーンを生み出したのは作家ロバート・ラドラム。ボーンがはじめて世に出た「暗殺者」をむさぼり読んだ頃も同時に思い出させてくれた一本でした。

解説:記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンの孤独な戦いを描くスパイアクションシリーズの第5作。シリーズ第2作、第3作を手掛けたポール・グリーングラス監督と主演のマット・デイモンが再びタッグを組み、自身の隠された過去の秘密をめぐり、ボーンが新たな戦いに身を投じるさまが展開する。CIAの元同僚役でジュリア・スタイルズが続投するほか、オスカー女優アリシア・ヴィキャンデル、『トランス』などのヴァンサン・カッセル、ベテランのトミー・リー・ジョーンズらが出演。

あらすじ:ひっそりと暮らしていたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の前に、CIAの同僚だったニッキー(ジュリア・スタイルズ)が姿を現す。彼女はCIAが世界中を監視・操作するための極秘プログラムを立ち上げたことと、ボーンの過去にまつわるある真実を告げる。これをきっかけに、再び動き始めたボーンの追跡を任されたCIAエージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は、彼を組織に取り込もうとするが……。
nice!(14)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【路麺紀行】よもだそば 日本橋店 [路麺紀行]

路麺の宿題店「よもだそば 日本橋店」を訪問。
看板にあるように自家製麺とインドカレーがウリのお店です。
路麺店とインドカレーってちょっと面白いですよね。
IMG_3261.JPG
券売機で”半たぬきそば&半カレーセット”をプッシュ。
IMG_3246.JPG
食券をスタッフさんに渡します。
IMG_3248.JPG
その時、目に付いたのは天麩羅の数々。思わず”げそ天”を現金購入してしまいました^^
IMG_3250.JPG
IMG_3249.JPG
壁に貼ってあるメニュー。凄い種類ですね(゚д゚)!
IMG_3257.JPG
IMG_3258.JPG
IMG_3259.JPG
そうこうするうちに配膳口から声がかかり”半たぬきそば&半カレーセット&げそ天”が到着。
IMG_3251.JPG
”半たぬき”って感じではない盛り。
IMG_3252.JPG
自家製の生そば。喉越しがいいですね。立ち食い蕎麦のレベルを超えています。
IMG_3255.JPG
つゆは天然出汁。化調未使用の自然な味わい。出汁、返しも無添加だそうです。
天麩羅は自家揚げなのでサクサク。
IMG_3254.JPG
カレーも自家製。
IMG_3253.JPG
けど、インドカレーというわりにはあまりというか全く辛くありません。どちらかというと、出汁が効いた和風カレーの味わいですね。
IMG_3256.JPG
宿題店にしていただけあって美味しかった。次回は気になった”ニラ天玉そば”を食べたいな。ご馳走様!
nice!(13)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

【ブラHC】2k540 AKI-OKA ARTISAN [ブラHC]

一度行きたかった「2k540 AKI-OKA ARTISAN」に行って来ました。
IMG_3679.JPG
「2k540 AKI-OKA ARTISAN」の意味ですが、鉄道用語では東京駅を起点とした距離「キロ程」で場所を表します。この施設は2k540m付近にあるため「2k540」としたそうです。
「AKI-OKA ARTISAN」」とは、秋葉原駅(AKIHABARA)と御徒町駅(OKACHIMACHI)の中間に位置していることでつけた造語で、「ARTISAN」」とは、フランス語で「職人」を意味しています。
IMG_3701.JPG
施設はJRの高架下にあります。
IMG_3687.JPG
2011年度にはグッドデザイン賞を受賞した施設なのです。
IMG_3689.JPG
JRだけあって「気笛」が展示してありました。
IMG_3691.JPG
D51の気笛だそうです^^
IMG_3692.JPG
施設は高架下の閉ざされた空間ではなく、「街の延長線上にこの場所がある」がコンセプト。
IMG_3685.JPG
洒落たお店が連なっていました。
IMG_3683.JPG
IMG_3697.JPG
IMG_3700.JPG
B-1グランプリ食堂もありました。食べなかったけどね。
IMG_3693.JPG
お店の職人さんと直接話ができるフェイストゥーフェイスの店が沢山あり、自分だけのオリジナル商品を作ることが出来る「2k540 AKI-OKA ARTISAN」。
実は一目見てビビビときた財布が合ったので、オーダーメードで頼んでしまいました。出来上がりは今月末。今からとっても楽しみです。
皆さんも秋葉原若しくは御徒町に行ったときは足を伸ばしてみて下さいね。

【読書日記21/16’】果つる底なき@池井戸潤 [読書日記]

池井戸潤著「果つる底なき」を読了。
51SKoyqfKcL__SX321_BO1,204,203,200_.jpg
今をときめくベストセラー作家・池井戸潤のデビュー作にして第44回江戸川乱歩賞受賞作。
本作は銀行員の主人公が同僚の突然の死から、絡まりあった事件の謎を研ぎほぐしていく金融ミステリー。
元銀行員だけあって、デビュー作も銀行を舞台としています。銀行業界の描写は流石に上手く、ストーリー展開もスピーディで読みやすかったです。
ただ、デビュー作だけあって、犯人の動機、人間関係の描写など若干荒削りな部分もありました。
まぁそれを乗り越えて、直木賞作家まで上り詰めたんでしょうね。
池井戸潤の作家としての出発点にふれられる一冊でした。

あらすじ:「なあ、伊木、これは貸しだからな」と、謎の言葉を残して坂本は死んだ。死因はアシナガバチによるアナフィラキシーショックだった。 翌日、坂本が顧客の口座から金を引き出し、自分の口座に送金していたことが発覚する。伊木は、坂本の無実を信じ、坂本が生前何をしようとしていたのか調べ始める。その過程で、自分が融資を担当した「東京シリコン」倒産の真の原因を突き止め、坂本が言っていた「貸し」の意味を理解し、痛恨の思いに駆られる。しかし、坂本の死には更に深い闇が隠されていた。真相を探る伊木の行動を邪魔する者が現れ、更なる死人・怪我人が出始める。
nice!(14)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【麺食い日記40/16’】八咫烏@九段下 [ラーメン・つけ麺]

九段下の「八咫烏」へ8月以来2度目の訪問。
IMG_3182.JPG
前回は醤油の”黒”でしたので、今回は塩の”白”をプッシュ。トッピングで”玉子”も連打。
IMG_3183.JPG
前回同様一番乗りでしたので、カウンターの一番端っこを陣取ります。カウンターはブラウン基調。箸は洗い箸です。
IMG_3184.JPG
丁寧な作りがわかる一杯が着膳。
素敵な水面ですね。
IMG_3185.JPG
ラーメンは”白”ですが丼は黒。
IMG_3186.JPG
麺はやや細麺ストレート。全粒粉なので、表面のざらついた食感が特徴的ですね。個人的には、ツルリと啜りたいので一般的な中華麺が好きなのです。
IMG_3189.JPG
スープは当然塩味。ただ、無化調なのでいまいちパンチが足りないような・・・
IMG_3191.JPG
具材は低温調理された豚・鶏2種のチャーシュー、白葱そしてトッピングの玉子。
チャーシューは上品な味わい。けど、これもパンチにかけます。
IMG_3190.JPG
白葱はいいアクセント。けど、メンマがないのが寂しいですね。
IMG_3188.JPG
玉子の黄身はいい感じの出来栄え。あらかじめ半分にしてくれるところにお店のセンスが感じられます。
IMG_3187.JPG
全体的にパンチにかけると思いながらも完食完飲。
IMG_3192.JPG
個人的には醤油の”黒”のほうが醤油の深みを感じられて好みかな。次回は”黒”の特撰ラーメンを食べてみましょうかね。
nice!(14)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理