So-net無料ブログ作成
検索選択

【映画鑑賞記54/16’】バイオハザード:ザ・ファイナル [映画鑑賞]

2016年ラスト鑑賞は「バイオハザード:ザ・ファイナル」。
162525_02.jpg
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の人気シリーズですが、毎回似たような話なのと印象が薄いせいか、前回がどんな話だったのか全く思い出しません^^;
357424_004.jpg
今作も生き残った仲間でチームをつくり、宿敵アンブレラ社とアンデッドと戦う単純なストーリー。
357424_002.jpg
話題と言えば日本からローラが出演していることぐらいか。
けど、登場から10分、一言のセリフだけでアンデッドにやられちゃうなんて、あまりにも可哀想すぎた。それ以上に笑ってしまいましたが・・・
357424_003.jpg
タイトルはファイナルになっているけど、まだまだ続くような終わり方。次作には期待しないけど、続くなら一新してもらいたいですね。

解説:ミラ・ジョヴォヴィッチがヒロイン・アリスにふんし、激しいサバイバルを繰り広げる超大作アクションシリーズの第6作にして最終章。人類最後の生存者となったアリスと、宿敵アンブレラ社が仕掛けるアンデッドとの最後のバトルを活写する。メガホンを取るのは、シリーズ全作に携ってきたポール・W・S・アンダーソン。 アリ・ラーターや、日本でモデルやタレントとして活躍中のローラが共演。ミラの見応えたっぷりのアクションはもちろん、壮大なバトルに期待。

あらすじ:アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、レッドクイーンから48時間後に人類が滅びると告げられる。そして、宿敵アンブレラ社が放った膨大な数のアンデッドが地上を占領。アリスはラクーンシティに戻って、生還したクレアやコバルトらと合流し、アンブレラ社の心臓部であるハイブを潰そうとするが……。
nice!(16)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画