So-net無料ブログ作成
検索選択

【読書日記1/17’】転位宇宙@A・G・ドリル [読書日記]

A・G・ドリル著「転位宇宙」を読了。
5102XvpVyBL__SX336_BO1,204,203,200_.jpg
2017年最初の読書はアトランティス・ジーン・シリーズ3部作ラスト作品。
1作目はエスピオナージュ風からSF風まで、2作目はSF風から人類絶命そして3作目は宇宙に飛ぶ・・・なんてハチャメチャな展開でしょう。
結果、3作目そして今年の初読書にして”あきらめ~本”になりかけましたが、何とか読破できました。
著者は才能があると思うので、もう少しテーマを絞って、かつ、落ち着いて書けば、もっと面白い作品が書けると思うけどな。
次回作に期待します。

あらすじ:遺伝学者のケイトは、太古のアトランティス人科学者の記憶を用いて疫病の治療法を見いだした。だが、アトランティス軍人アレスの企みで、地球はふたたび破壊と混乱の渦に呑み込まれていく…!ケイトは恋人デヴィッドらとともに、過去にアトランティス文明を滅ぼし、いずれ地球を訪れて滅亡へと導く謎の存在の情報を得ようと、ポータルを使って宇宙へと旅立つことになるが…。驚異のSFスリラー三部作、堂々完結!