So-net無料ブログ作成
検索選択

【読書日記3/17’】プレゼント@若竹七海 [読書日記]

若竹七海著「プレゼント」を読了。
51J26BA3PQL__SX230_.jpg
「さよならの手口」と先日紹介した「静かな炎天」が面白かったので、女探偵・葉村晶がはじめて登場する本作を手にとりました。
この作品では,葉村晶と小林警部補という二人の主人公が登場します。それぞれが事件を解決する短編が交互に提示され,最後の8つ目の短編で二人の共演が実現します。
本作での葉村晶はアルバイトを転々とするフリーター。最後のほうで探偵事務所就職し現在に至るってところでしょうか。
作品的にはちょっと読みにくかったですね。つまらなくはないけど、いまいち乗り切れない部分もありました。
けど、初期の作品ってのはだいたいこんな感じのモノが多いのも事実。
葉村晶のルーツがわかっただけ収穫がありました。

あらすじ:ルーム・クリーナー、電話相談、興信所。トラブルメイカーのフリーター・葉村晶と娘に借りたピンク子供自転車で現場に駆けつける小林警部補。二人が巻き込まれたハードボイルドで悲しい八つの事件とは。間抜けだが悪気のない隣人たちがひき起こす騒動はいつも危険すぎる。
nice!(16)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ: