So-net無料ブログ作成

【読書日記7/17’】熊と踊れ@アンデシュ・ルースルンド /ステファン・トゥンベリ [読書日記]

アンデシュ・ルースルンド 、ステファン・トゥンベリ共著「熊と踊れ」上下巻を読了。
51eCVqdZ65L__SY346_.jpg51J5NsWyt1L.jpg
2017年このミステリーが凄い海外部門で1位の作品。
スウェーデンで実際に起きた事件をベースにした犯罪小説。しかも、共作者のステファン・トゥンベリがこの犯罪者の家族だったという事実がかなりセンセーショナルです。
彼は犯行には荷担していませんが、事件を間近に目撃していたので、細部まで生々しい小説になっています。
それにしても、最近の北欧ミステリーは熱いですね。本作のアンデシュ・ルースルンド 、以前良く紹介したヘニング・マンケル、「ドラゴンタトゥー」で有名なスティーグ・ラーソンなど読み応えのある作者が多いです。残念ながら、マンケルとラーソンは他界していますが、ルースランドのような新進気鋭の作者が多く出ていますので、今後も読んでいきたいですね。

あらすじ:凶暴な父によって崩壊した家庭で育ったレオ、フェリックス、ヴィンセント三人兄弟。独立した彼らは、軍の倉庫からひそかに大量の銃器を入手する。その目的とは史上例のない銀行強盗計画を決行することだった―。連続する容赦無い襲撃。市警のブロンクス警部は、事件解決に執念を燃やすが…。はたして勝つのは兄弟か、警察か。スウェーデンを震撼させた実際の事件をモデルにした迫真の傑作。最高熱度の北欧ミステリ。
nice!(17)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ: