So-net無料ブログ作成

座右の銘 [雑記ブログ]

先日NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」を見ていたとき、龍譚寺の僧・昊天(こうてん)が、次郎法師(直虎)に対して「日々是好日(日日是好日)」と説いたシーンがあって気になったのでその意味を調べてみました。
k37pop.jpg
日本語の禅語としては「にちにちこれこうにち」、「にちにちこれこうじつ」と読むそうです。ただ、「ひびこれこうじつ 」とも読むのが一般的らしいですね。
この言葉は、中国の禅匠、雲門文偃(うんもんぶんえん)禅師の言葉だそうです。
2348109f849bf34290401bb8384d5f3f.jpg
日々是好日は雲門禅師の悟りの境地を表した言葉と言われています。
この日々是好日、決して「毎日いい日が続いて良かった。」、「平々凡々、何事のあたりさわりの無い穏やかな日々が続いている。」といった意味の言葉ではありません。
多くの人は「今日はいい日だ」、「今日は悪い日だ」と考える場合、天気、金銭的なこと、会社での待遇、運など色々なことで判断しています。
けど、現実は色んな問題がって、幸運のあとに不運がくることを心配するのが人間です。
雲門禅師のいう「好日」とは、いい日、悪い日という「日々を比べることをやめる」ということ。自分の都合という【ものさし】を全て捨て去り、その日一日をただありのままに生きるということです。
日々に起きる好悪の出来事であっても、ただありのままに生きれば、毎日が全て「好日」になるという考え方なのです。
目の前の現実が喜びであろうが、悲しみであろうが、この一瞬を精一杯に生きる。
その一瞬一瞬の積み重ねが一日となれば、それは今までにない一日であり、かけがえの無い一日となる。それこそ、まさに「日々是れ好日」です。
今まで座右の銘というものをもったことがありませんでしたが、「日々是好日」という言葉を心に刻んで毎日前を向いていきたいと思っています。
nice!(16)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感