So-net無料ブログ作成

【麺食い日記59/17’】どうとんぼり神座@新宿歌舞伎町 [ラーメン・つけ麺]

プチ宿題店だった新宿歌舞伎町の「どうとんぼり神座」を初訪問。
IMG_0830.JPG
店前の大きなお品書きでメニューを確認し、
IMG_0829.JPG
店前の券売機で、
IMG_0827.JPG
強気な名前の”おいしいラーメン”とトッピングで”煮玉子”を連打。
IMG_0828.JPG
店内はかなり広めですが、カウンター席のみ。
味変グッズら。取り放題のニラが嬉しいですね。
IMG_0840.JPG
箸は白い洗い箸。
IMG_0842.JPG
しばし待って着丼^^
白菜が入っているので、五目そば的なビジュアルです。水面には薄っすらと油膜が。
IMG_0843.JPG
丼はどっしりしたタイプ。内側の縁取りが可愛いですね。
IMG_0845.JPG
スープを一口。オイリーですが優しくてあっさりした、ちょっと甘めの味わいのスープです。この味は好きだな。
IMG_0846.JPG
麺はやや中太。丸みがあってツルリとしているので食感、喉越しがいいですね。
IMG_0847.JPG
肉は豚バラと、
IMG_0848.JPG
チャーシュー。
IMG_0850.JPG
煮玉子はこんな感じでありました(笑)
IMG_0851.JPG
白菜を中心とした野菜が溶け込んだスープがかなり美味しかったので、歓食歓飲しました!
IMG_0852.JPG
神座のマークもいい感じ♪ご馳走様でした!!
IMG_0853.JPG
nice!(15)  コメント(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

【麺食い日記58/17’】自家製熟成麺 吉岡@田端 [ラーメン・つけ麺]

社用で田端に行った際、「自家製熟成麺 吉岡」を初訪問。
IMG_0812.JPG
このお店はスープが日替わりになっているのがウリ。この日は火曜日だったので”濃厚鶏豚”。鶏系は何故かちょっと苦手なんだけどな・・・
IMG_0790.JPG
入口でメニューを確認し、
IMG_0789.JPG
券売機で”特製ラーメン”をプッシュ。
IMG_0791.JPG
このお店は麺にも拘りがあるようで、”熟成麺”と”打ちたて麺”の2種を使っています。食券を渡すときどちらかを選ばなければならないので、”熟成麺”をお願いしました。
IMG_0796.JPG
IMG_0797.JPG
カウンターの端っこに座りあれこれチェック。
IMG_0798.JPG
スタッフは二人体制。息が合ったコンビでした。
IMG_0799.JPG
”濃厚鶏豚スープ”&”熟成麺”の特製ラーメンが到着。
見るからに濃厚なスープ。
IMG_0800.JPG
縁が厚めの白い丼。
IMG_0801.JPG
”熟成麺”。麺を一週間寝かせているというが、イマイチよく分かりませんでした(苦笑)
けど、確かに歯応え、食感は良かったですね。
IMG_0806.JPG
”濃厚鶏豚スープ”。どちらかというと鶏の方が勝っていて、パイタンスープを濃厚にした感じ。はっきり言って、苦手だわ[もうやだ~(悲しい顔)]
IMG_0810.JPG
特製なのでチャーシュー増量、葱多め、メンマ、ナルト2枚、海苔、半味玉。
IMG_0803.JPG
IMG_0802.JPG
IMG_0804.JPG
スープが苦手なタイプだったので、麺も具材もやっとこさ平らげましたよ^^;
IMG_0811.JPG
接客、探究心等全体的なクオリティは高いお店だと思うので、次回は”濃厚魚介”の木金に再訪しようと思っています。ご馳走様。
nice!(14)  コメント(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

【映画鑑賞記51/17’】鋼の錬金術師 [映画鑑賞]

「鋼の錬金術師」を鑑賞。
170551_02.jpg
ジャニタレとダイコンの本田翼の演技を除いては、ほぼほぼ原作通りで彼ら二人をサポートする俳優陣の頑張りもあって、個人的には嫌なパターンを払拭してくれましたね。
ただ、本田翼は可愛いのでそこはプラスですが(笑)
359816_003.jpg
漫画のキャラの配役もジャニタレ以外ははまっていたと思います。
359816_006.jpg
大佐役をディーン・フジオカが演じていますが、漫画の印象でいけば及川光博ですよね。なんか、及川さん本人もやる気満々だったとか。
359816_005.jpg
とここまで好印象的に書いていますが、やはり漫画の原作を超える作品ではなかったかな。漫画は漫画が一番。日本の映画界で優秀な脚本家、オリジナリティ溢れる作家が育たないのは、ここらへんが影響しているのかもね。

解説:荒川弘の大ヒットコミックを、『暗殺教室』シリーズなどの山田涼介主演、『ピンポン』などの曽利文彦監督で実写映画化。亡き母をよみがえらせようと“人体錬成”という錬金術におけるタブーを犯したことから体の一部を失い、やがて錬金術師となった主人公が弟と一緒に失ったものを取り戻す旅を繰り広げる。共演は、『アオハライド』などの本田翼や、ディーン・フジオカ、松雪泰子ら。イタリアでの大掛かりなロケや、曽利監督によるビジュアルに期待。

あらすじ:他界した母を復活させるべく錬金術でタブーとされる“人体錬成”を試みたエドワード(山田涼介)とアルフォンスの兄弟。錬成は失敗に終わり、エドワードは左脚を、アルフォンスは体全体を喪失するが、エドワードは自分の右腕と引き換えにアルフォンスの魂を鎧に定着させる。数年後、エドワードはなくした体の器官に機械鎧(オートメイル)を装着し国家錬金術師となり、“鋼の錬金術師”と呼ばれていた。兄弟は失ったものを取り戻すため、“賢者の石”を探す旅に出る。
nice!(13)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

光変更 [雑記ブログ]

ウチは家族全員スマホはソフトバンク。
嫁と娘がアイフォンを4Sから8に買い換えることになりました。
今まで、よく4Sを使ってたと思いますが・・・
東京駅のソフトバンクで買い替えの手続きをしている時、ソフトバンク光に乗り換えると、ファミリー割引で家族全員月額1,500円のスマホ代割引されると聞いたもんだから、娘が乗っちゃって結局10年以上使っていたau光から乗り換えることになりました。
個人的には解約とかの手続きが面倒なので1,500円くらいどーってことなかったんですが、娘たちにしてみれば年間18,000円の節約は魅力だったようです。
ということで、先日au光からソフトバンク光に乗換えが完了。
IMG_1107.JPG
IMG_1106.JPG
心なしかインターネットの接続が早くなったような気が・・・
IMG_1108.JPG
さて、ここで問題となったのはso-net。so-net・au光マンションタイプだったので、メルアドやso-netのIDはどうなるのか?IDが消失するとブログの更新はどうなるのか。
続く・・・
nice!(17)  コメント(14) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

変なホテル [雑記ブログ]

地元西葛西に「変なホテル」という名の変なホテルが出来たので見て来ました。
早朝だったのでブレブレ^^;
IMG_4578.JPG
IMG_4579.JPG
カウンターにはなんと・・・
恐竜が( ゚д゚ )
IMG_4580.JPG
IMG_4583.JPG
このホテルは「世界初の、ロボットが働くホテル」としてギネス認定された最先端のロボットホテルだそうです。客室にもコミュニケーションロボットが設置されているらしいですよ。
これもやはり、人材不足からきているんでしょうかね。
大陸のお客様向けに案内も大陸語ですね。
IMG_4584.JPG
IMG_4585.JPG
ディズニーランドにも近いし送迎バスも出ているので人気が出そうです。
蕎麦屋さんもテナントに併設されていました。モーニングが提供されているみたいです。
今度、ランチに行ってみようっと^^
IMG_4588.JPG
nice!(16)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

【読書日記25/17’】ブルーマーダー@誉田哲也 [読書日記]

誉田哲也著「ブルーマーダー」を読了。
51QFQZBElWL__SY346_.jpg
2017年読み納めの一冊。
先日も紹介した誉田哲也の”警部補 姫川玲子”シリーズ。
今回の舞台は池袋。
悪が悪を征す。その内容が大きなテーマになっています。
法律ではさばかれない悪を絶対的な力を持って成敗していく悪。必殺仕事人的ですが、そこまでの人情はありません。
また、このシリーズに欠かせない菊田刑事も登場しますが、彼がいきなり結婚していたのには驚きました。菊田の姫川に対する淡い恋心はこの結婚でどう変化するのか。
本作はこの後の「インデックス」、「硝子の太陽R」そして最新作「ノーマンズランド」と続くターニングポイント的な一作になっています。
スピード感といいリアリティといい中々読み応えのある作品でした。

内容:池袋の繁華街。雑居ビルの空き室で、全身20カ所近くを骨折した暴力団組長の死体が見つかった。さらに半グレ集団のOBと不良中国人が同じ手口で殺害される。池袋署の刑事・姫川玲子は、裏社会を恐怖で支配する怪物の存在に気づく――。圧倒的な戦闘力で夜の街を震撼させる連続殺人鬼の正体とその目的とは? 超弩級のスリルと興奮! 大ヒットシリーズ第6弾…。

nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:

【映画鑑賞記50/17’】パーティで女の子に話しかけるには [映画鑑賞]

「パーティで女の子に話しかけるには」を鑑賞。
173087_01.jpg
新聞の映画評論を何気に読んだのが鑑賞のきっかけ。
監督が「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のジョン・キャメロン・ミッチェルなので、ロックテイスト満載の一作。
361614_008.jpg
パンクロック全盛期をバックボーンにしているのですが、ストーリーはぶっ飛んでいて、異性人の美少女ザン役のエル・ファミングとパンクに夢中な高校生エン役のアレックス・シャープとのキュートでちょっとヘンテコな“ボーイ・ミーツ・ガール”ムービー。
361614_002.jpg
ふたりの出会いは、エンが友達と忍び込んだ奇妙なパーティ。
361614_004.jpg
斬新なデザインの服を着て、パフォーマンス・アートのような動きをしている人たちを、エンたちはアメリカ人旅行者だと思いこみますが、実は彼らは異星人・・・ザンの地球にたいする好奇心、ザンのリーダーへの反抗心から、ザンはエンと一緒にパーティを抜け出しますが、ザンは48時間後には遠い惑星へ帰らなければならければなりません。
って、まるで「ローマの休日」の異性人版ですね[わーい(嬉しい顔)]
若いふたりをサポートするのは、オスカー女優のニコール・キッドマン。彼女もドパンクしてましたよ^^
361614_005.jpg
361614_003.jpg
なんだか、ほろ苦いけど初々しい恋愛描写がとても新鮮でしたね。
特にエル・ファニングの可愛さはハンパない。次世代のエマ・ワトソン的な雰囲気をまとってました。
361614_007.jpg
パンクロック、ファッションなど1977年当時の要素がふんだんに詰め込まれた一作。ラストシーンも印象的でありました。

解説:『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』などのジョン・キャメロン・ミッチェル監督が、ニール・ゲイマンの短編小説を映画化したラブストーリー。1977年のロンドン郊外を舞台に、内気なパンク少年と遠い惑星からやって来た少女の交流を描く。美少女の異星人を『SUPER 8/スーパーエイト』などのエル・ファニング、彼女と恋に落ちる少年を第69回トニー賞で演劇主演男優賞を受賞したアレックス・シャープが演じるほか、オスカー女優のニコール・キッドマンらが共演。

あらすじ:1977年のロンドン郊外。内気な少年エン(アレックス・シャープ)は偶然参加したパーティで美少女ザン(エル・ファニング)と出会い、音楽やパンクファッションの話で盛り上がり、恋に落ちる。しかし、遠い惑星に帰らなければならない彼女と過ごせる時間は48時間のみ。大人たちが押し付けるルールに反発した彼らは、一緒にいるために逃避行するが……。
nice!(16)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記49/17’】オリエント急行殺人事件 [映画鑑賞]

「オリエント急行殺人事件」を鑑賞。
171734_02.jpg
ミステリーの女王アガサ・クリスティーの名作の映画化。
過去にも映画化、ドラマ化、舞台化されてきた作品を、今回豪華スターでリメイクしています。
元々作品自体、スター俳優の競演が必須の”群像推理劇”なので、以下の俳優のラインナップには頷けますね。
名探偵ポワロにはケネス・ブラナー、豪華寝台列車内で刺殺される怪しげな富豪にジョニー・デップ、犯人探しを意図的にミスリードしようとする謎めいた未亡人にミシェル・ファイファー、さらにデイジー・リドリー、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルスら豪華キャストが集結しています。
ギャラだけで相当だろうなぁ(笑)
360709_002.jpg
特にポワロ役のケネス・ブラナーは本作の監督も兼ねています。彼はシェイクスピア俳優としても有名で、名優ローレンス・オリビエの再来とも言われています。
ちょっと小説のポワロとは違った雰囲気でしたが、重厚な演技力で徐々に引き付けていくあたりは流石でした。
201712070000000view.jpg
うさんくさく、殺される役ですがジョニー・ディップも光ってましたね。被り物、特殊メークをしていない彼を見るのは久しぶりだったので、新鮮に写りましたよ(笑)
360709_004.jpg
ストーリーの内容も当然犯人も知っていましたが、豪華俳優人の演技合戦、劇中で繰り広げられる心理合戦など見所満載でした。
ただ、最後の解決シーンはトンネルの前ではなく、オリエント急行内で行って欲しかった。その方がもっと緊迫感が出たと思います。

解説:これまで幾度も映像化されてきたアガサ・クリスティの傑作ミステリーを映画化。ヨーロッパ各地を巡る豪華列車を舞台に、世界的な名探偵エルキュール・ポアロが客室で起きた刺殺事件の解明に挑む。『ヘンリー五世』『世にも憂鬱なハムレットたち』などのケネス・ブラナーが監督と主演を兼任。さらにジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリー、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルスら豪華キャストが集結する。

あらすじ:トルコ発フランス行きの豪華寝台列車オリエント急行で、アメリカ人富豪のエドワード・ラチェット(ジョニー・デップ)が刺殺体で発見される。偶然列車に乗り合わせていた探偵のエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)が、鉄道会社に頼まれ密室殺人事件の解明に挑む。乗客のゲアハルト・ハードマン教授(ウィレム・デフォー)やドラゴミロフ公爵夫人(ジュディ・デンチ)、宣教師のピラール・エストラバドス(ペネロペ・クルス)、キャロライン・ハバード(ミシェル・ファイファー)らに聞き取りを行うポアロだったが……。
nice!(18)  コメント(16) 
共通テーマ:映画

【読書日記24/17’】感染遊戯@誉田哲也 [読書日記]

誉田哲也著「感染遊戯」を読了。
51Z9fETSikL__SY346_.jpg
「ストロベリーナイト」の警部補 姫川玲子シリーズの連作短編集。
一編一編、別の事件で描かれていますが、最後にその事件がひとつに繋がるという手法を用いていて、読み応えがありました。
また、バラバラになっている元姫川班の面々が登場するのも嬉しかった。それと、姫川の天敵・ガンテツは相変わらずの個性を発揮していましたね。
いつものように、一気に読み終えることができるのは誉田哲也の作品らしかったですね。

内容:会社役員刺殺事件を追う姫川玲子に、ガンテツこと勝俣警部補が15年前の事件を語り始める。刺された会社役員は薬害を蔓延させた元厚生官僚で、その息子もかつて殺害されていたというのだ。さらに、元刑事の倉田と姫川の元部下・葉山が関わった事案も、被害者は官僚――。バラバラに見えた事件が一つに繋がるとき、戦慄の真相が立ち現れる! シリーズ最大の問題作。

nice!(14)  コメント(10) 
共通テーマ:

【路麺紀行】よもだそば 銀座店@銀座 [路麺紀行]

久々の路麺紀行。
訪れたのは、最近テレビでもよく取り上げられている「よもだそば 銀座店」。
IMG_0734.JPG
立ち食い蕎麦店特有のゴチャつき感のある券売機で、
IMG_0722.JPG
”ゲソ天そば”と
IMG_0723.JPG
”いばり寿司”をプッシュ。
IMG_0724.JPG
食券を厨房のスタッフに渡して、店内をチェック。
よもだそばのこだわり。
・蕎麦は自家製の生麺
・つゆは天然出汁にこだわった無化調の自然な味
・天ぷらは自家揚げ店仕込み など
IMG_0731.JPG
”ラそば”いいねぇー今度食べてみようかしらん。
IMG_0732.JPG
”ハムカツそば”いいねぇー今度食べてみようかしらん(笑)
IMG_0733.JPG
番号を呼ばれたので、”ゲソ天そば”と”いなり寿司”をとりにいきます。
IMG_0725.JPG
大判のゲソ天が嬉しいですね^〇^ そば汁の香りもnice!
IMG_0726.JPG
”いなり寿司”はふたつ。油揚げは味がしっかりしています。
IMG_0727.JPG
”天地返し”でゲソ天に味をしみ込ませて実食。
IMG_0728.JPG
ゲソがゴロゴロ入っています。食べ応えがありましたね。
IMG_0729.JPG
このお店は、自家製の本格和風インドカレーを提供することでも有名。今度は蕎麦とカレーのセットにしようかな。ご馳走様!
nice!(13)  コメント(14) 
共通テーマ:グルメ・料理