So-net無料ブログ作成
ラーメン・つけ麺 ブログトップ
前の10件 | -

【麺食い日記14/18’】塩生姜らー麺専門店 MANNISH@神田 [ラーメン・つけ麺]

神田の宿題店「塩生姜らー麺専門店 MANNISH」を訪問。
IMG_1518.JPG
ユニークな看板ですね[わーい(嬉しい顔)]
IMG_1519.JPG
お店は地下にあります。狭い階段を下って、店内に入ります。
IMG_1517.JPG
券売機を前に左上の法則を発動し”塩生姜らー麺”をプッシュ。
IMG_1501.JPG
お店はカウンター7席の激セマ店。それもあってか、お店のインフォも愉快な感じになっています。
IMG_1503.JPG
こちらは、真面目なほうのインフォ。
IMG_1506.JPG
卓上には生姜酢なるものも置かれています。徹底して、生姜に拘っているところがいいですね。
IMG_1508.JPG
しばし待って、”塩生姜らー麺”が着丼。シンプルながら素適な丼フェース。生姜の香りが漂ってきます。
IMG_1509.JPG
すり鉢状の丼は白一色。
IMG_1510.JPG
まずは、スープ。一口啜ると、すっきりとした生姜の優しめな痺れと香りが広がります。
生姜抜きだとしても、普通に鶏出汁の塩ラーメンとして通用しそうですね。
IMG_1511.JPG
麺は中太やや縮れ。モチモチ感があって、この生姜のスープに合いますね。
IMG_1512.JPG
鶏チャーシュー。塩生姜を吸い込んで、いい味になっています。
IMG_1515.JPG
最後に生姜酢を回しかけて、歓食歓飲。
IMG_1516.JPG
食べ進めるうちに、体がポカポカして行きました。これも、生姜の効用でしょうね。
再訪間違いなしのお店ですわ。ご馳走様!
nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

【麺食い日記13/18’】大勝軒まるいち@新宿 [ラーメン・つけ麺]

新宿の「大勝軒まるいち」に2度目の訪問。
IMG_1448.JPG
故山岸大将、最後の弟子のお店なんですね。
IMG_1449.JPG
券売機で”つけ麺”+”煮玉子”を連打。
IMG_1429.JPG
席に座って改めてメニューを確認。一押しは”特製つけ麺”ですが、値段が千円越え・・・
ラーメンは庶民の食べ物では無いのか。。。
IMG_1431.JPG
10分程度で着膳。
IMG_1435.JPG
ホワイト&ブラックな丼。
IMG_1438.JPG
折り目正しいつけ麺。海苔と煮玉子がのっています。
IMG_1436.JPG
IMG_1442.JPG
大勝軒・山岸大将のDNAが継承されたつけ汁。
IMG_1437.JPG
極太麺のとおりも良し。
IMG_1439.JPG
つけ汁の中には、短冊形のチャーシュー
IMG_1441.JPG
コリっとしたメンマ
IMG_1443.JPG
ナルトが嬉しい
IMG_1444.JPG
煮玉子って感じの煮玉子(笑)
IMG_1445.JPG
最後にスープ割りを頼んで
IMG_1446.JPG
歓食歓飲。
IMG_1447.JPG
まだまだ、お家騒動は収束していないようですが、山岸一雄さんの教えを胸にお弟子さんたちは頑張って欲しいですね。ご馳走様!
IMG_1433.JPG
nice!(16)  コメント(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

【麺食い日記12/18’】小吃店 盛岡フェザン店@盛岡 [ラーメン・つけ麺]

盛岡出張の際、いつも盛岡冷麺ばかりだったので「たまには、じゃじゃ麺も食べたいね。」ということになり、盛岡駅ビルにある「小吃店 盛岡フェザン店」を訪問。
IMG_1428.JPG
「たまには」と書きかましたが、本場で食べるのは初めてとなります。
入店しメニューを確認。
”じゃじゃ麺”は中・大・特大とあります。”ちーたんたん”って何でしょう?
IMG_1416.JPG
ここは、”じゃんじゃん麺・中”をお願いしました。
”じゃんじゃん麺”食べ方指南書。
IMG_1419.JPG
卓上には怪しげなものが・・・
IMG_1418.JPG
有料の”生玉子”って・・・
IMG_1417.JPG
10分程で”じゃんじゃん麺・中”が到着。
IMG_1420.JPG
先ほどの味噌がどーんと乗っています。これが、味の決め手”じゃじゃ味噌”です。
IMG_1421.JPG
とにかく混ぜてと店の女将さんが言うので、一心不乱に混ぜます。
IMG_1422.JPG
一口食べますが、味噌の味がイマイチだったのでラー油を投入。なんだか淡白な味ですね。。。
IMG_1423.JPG
麺を少量残して”ちーたんたん”をお願いしました。
まずは、有料の生玉子を投入。
IMG_1424.JPG
溶いた玉子に女将さんがスープを注ぎます。
IMG_1425.JPG
優しい味わいですね。
IMG_1426.JPG
さらっと完食。
IMG_1427.JPG
全体的にガツンとくる感じがなく、ちょっと物足りない味でした。自分でカスタマイズすれば、好みの味になるんだろうけど、それをお客さんにさせるのもどうかと思いますね。
やっぱ、盛岡は冷麺かな。
nice!(16)  コメント(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

【麺食い日記11/18’】鈴蘭@新宿三丁目 [ラーメン・つけ麺]

出張のため、予約投稿です。
新宿三丁目のお気に入りのラーメン店「鈴蘭」を訪問。
IMG_1399.JPG
開店数分前だったので、店頭のあれこれをチェック。
このお店の限定は食べたことないな・・・
IMG_1382.JPG
製麺は菅野製面所。
IMG_1383.JPG
そして、開店一番乗り。
券売機で”煮干そば”と”味玉”をプッシュ。
IMG_1385.JPG
厨房の動きを何気に見ていると、自分のであろうラーメンが手際よく作られていき、6分程度で着丼。
人間の顔のような素適な丼顔。煮干の香りがぷーんと漂ってきます。
IMG_1386.JPG
丼は深い赤。キリッとしてますね。
IMG_1387.JPG
スープはニボニボ。啜るとザラつきが舌に残ります。
IMG_1391.JPG
一切のちぢれがないストレート麺。つるりと喉に入っていきます。
IMG_1388.JPG
葱がいいアクセントになっていますね。海苔はお飾り程度。
IMG_1390.JPG
ナルトがいい感じ^^
IMG_1392.JPG
レアチャーシューはスープに溶け込むと赤味がましてきます。
IMG_1393.JPG
最近のトレンド、穂先メンマ。
IMG_1394.JPG
味玉は最後に食べます。黄身が溶けて、スープの味が変わるのが嫌なんです。
IMG_1395.JPG
美味しく完食。
IMG_1398.JPG
新宿界隈では安心安定の一杯。いつか、限定も食べてみたいな。ご馳走様!
nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

【麺食い日記10/18’】タンメン トナリ@西葛西 [ラーメン・つけ麺]

西葛西の「タンメン トナリ」に2度目の訪問。
IMG_1312.JPG
券売機で、
IMG_1305.JPG
寒い日だったので、HCくんは”味噌タンメン”を嫁は”タンギョウ”をプッシュしカウンター席の上に食券を並べました。
IMG_1304.JPG
提供前に生姜の有無を聞かれたので、当然”有”でお願いしました。
そして、着膳。
IMG_1306.JPG
器はブラック。
IMG_1307.JPG
麺の上には、炒められた野菜、かまぼこ、生姜。
IMG_1308.JPG
麺は味噌に合う平打ちの中太。
IMG_1309.JPG
タンメンと言えば塩味が定番ですが、味噌も合いますね。
IMG_1310.JPG
美味しく歓食[わーい(嬉しい顔)]
IMG_1311.JPG
いまや、チェーン店化されたトナリですが、安定の美味しさでありました。次回は、券売機右下の”焼きそば”が食べたいな。ご馳走様!
nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

【麺食い日記9/18’】175°DENO担担麺 GINZa@銀座 [ラーメン・つけ麺]

銀座の新店「175°DENO担担麺 GINZa」を初訪問。ちなみに、「ヒャクナナジュウゴド デノタンタンメン」と読みます。「175°DENO」というのは、ラー油を作る際に油の温度が175度になったら唐辛子を投入するという”175度での”という意味と、店主の苗字”出野”をかけたものらしいです。
お店は、銀座のビルの地下一階にあります。
IMG_1247.JPG
階段途中にあるインフォメーション。
IMG_1246.JPG
”HOW TO ORDER”だって^^
IMG_1245.JPG
本店は札幌。都内には銀座とつい最近新宿にもオープンし増殖中であります。
IMG_1244.JPG
四川花椒の効用。ちょっとした、薬ですね。
IMG_1243.JPG
入店すると券売機があります。メインは”汁なし坦坦麺”と”汁あり坦坦麺”。その他、トッピング等オプションが結構ありますが、多すぎて良く分からないところが欠点ですね。
IMG_1226.JPG
店内はカウンター席とテーブル席。
IMG_1227.JPG
嫁とカウンター席に案内されます。注文は、HCくんが”汁なし坦坦麺(痺れ度2)”+”パクチー”、嫁が”汁あり坦坦麺(痺れ度0)”+”温泉玉子”。
IMG_1230.JPG
カウンター席はライブ感があっていいですね。作り手を見ていると楽しいのです。
IMG_1228.JPG
”糖質50%オフ麺”か。微妙・・・
IMG_1229.JPG
今回はご飯は頼まず。次回、チャレンジしましょうかね。
IMG_1231.JPG
お店の特製ラー油。
IMG_1232.JPG
まずは”パクチー”が到着。
IMG_1233.JPG
続いて、”汁なし坦坦麺”痺れ度2が到着。
IMG_1235.JPG
挽肉・水菜・カシューナッツが鎮座。
IMG_1236.JPG
洒落た器とレンゲですね。
IMG_1238.JPG
さて、ここは一心不乱に混ぜましょう。
IMG_1239.JPG
麺は北海道産小麦100%の平麺。辛さが程良くピリリ、その後に花椒の香りが鼻腔をくすぐります。平麺に絡む味噌の香り味も特徴的ですね。数粒入っている揚げカシューナッツの食感も存在感大きいです。
様々な香りを演出する一杯です。
IMG_1240.JPG
途中、パクチーを都度投入しながら、
IMG_1241.JPG
歓食歓飲。
IMG_1242.JPG
うん、完成度の高い一杯でした。嫁が食べた”汁あり”も美味しかったらしい。今度は、HC君も”汁あり”を食べようっと。
昨年から続く”坦坦麺”ブームは今年も継続しそうですね。ご馳走様!
nice!(14)  コメント(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

【麺食い日記8/18’】日本橋麺処こはる@日本橋室町 [ラーメン・つけ麺]

日本橋室町の「日本橋麺処こはる」を訪問。2度目になります。
この日は、金曜日で嫁は遊びに行って不在。なので、先日紹介した「スリービルボード」を夜鑑賞するため、その前に腹ごしらえで入店しました。
IMG_1179.JPG
前回は”醤油らぁめん”だったので、今回は”白湯つけめん”+”味玉”をプッシュ。
IMG_1159.JPG
店内はカウンター席のみ。新しいお店なので、テーブルも綺麗ですね。
IMG_1163.JPG
厨房はスタッフ2名体制。麺の湯で時間等、しっかり調理しています。
IMG_1164.JPG
味変グッズ。
IMG_1165.JPG
お店の拘り書き。らぁめんは細麺、つけめんは太麺を使用しているようです。
IMG_1162.JPG
7、8分待って”味玉白湯つけめん”が到着。
盛りつけが綺麗ですね。食欲が増します。
IMG_1166.JPG
麺丼はキュッとしたすり鉢っぽい器。反して、つけ汁の器はどっしりタイプ。
IMG_1169.JPG
まずは、麺をそのまま数本啜ります。
つるつるとコシがあり食べ応えがある麺ですね。
IMG_1173.JPG
つけ汁は鶏がらベースで濃厚。泡立っているのが印象的。
IMG_1168.JPG
チャーシューは豚のレアと炙りの2種。
IMG_1170.JPG
しっかりしたメンマ。小ぶりの海苔2枚。
IMG_1171.JPG
IMG_1172.JPG
スープ割りはポットで提供。
IMG_1176.JPG
いい塩梅にスープを割って、
IMG_1177.JPG
歓食歓飲。
IMG_1178.JPG
久々につけ麺を食べたということもあったかも知れませんが、凄く美味しい一杯でした。麺も小麦感満載で、つけ汁も秀逸。麺、つけ汁、具材達がそれぞれいい働きをしていましたね。
これで、醤油、つけ麺と続いたので、次回は未食の”塩”かな。ご馳走様!
nice!(18)  コメント(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

【麺食い日記7/18’】らぁ麺 はやし田@新宿 [ラーメン・つけ麺]

新宿の新店「らあ麺 はやし田」を訪問。
IMG_1124.JPG
店前のお品書きを確認して入店。”のどぐろそば”かぁー
IMG_1126.JPG
”のどぐろそば”も気になりましたが、ここはオーソドックスに醤油ベースの”味玉醤油らぁ麺”にしました。
IMG_1109.JPG
店内はカウンター席のみ。店内満員でしたが、タイミングよく入れ違いで席が空いたので着席。
かなり、素材にもこだわっているお店のようですね。
IMG_1110.JPG
”味玉醤油らぁ麺”が到着。
素適なビジュアル。丁寧なつくりですね。
丼が置かれた瞬間から芳醇な鶏出汁の香りが漂ってきます。
IMG_1112.JPG
具材は大判の豚チャーシューとその影に隠れた鶏チャーシュー。そして、長い穂先メンマ、味玉、葱が上品に飾られています。
IMG_1113.JPG
豚チャーシューのアップ。
IMG_1114.JPG
IMG_1121.JPG
鶏チャーシュー。
IMG_1120.JPG
琥珀色のスープをひと口。優しく奥深い味わい。鶏脂が一層のコクを醸し出していて美味しいスープです。
IMG_1118.JPG
麺は中細ストレート。パツンパツン感がある麺ですが、小麦の風味がとても良く感じられます。
IMG_1116.JPG
当然、歓食歓飲[わーい(嬉しい顔)]
噂どおり、かなりレベルが高い一杯でした。次回はつけ麺かのどぐろそばを食べに来たいですね。再訪間違いなしのお店が出来て嬉しい限りでありました。ご馳走様!
nice!(13)  コメント(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

【麺食い日記6/18’】なな蓮@日本橋 [ラーメン・つけ麺]

日本橋の「なな蓮」に久々訪問。
IMG_1058.JPG
入口の券売機で”支那そば”と”特製トッピング”を連打。
IMG_1041.JPG
店内はカウンター席とテーブル席。カウンター席に座ります。
IMG_1042.JPG
麺へのこだわり。
IMG_1043.JPG
各メニューのこだわり。
IMG_1044.JPG
IMG_1045.JPG
IMG_1046.JPG
IMG_1047.JPG
カウンター席から厨房が望めます。寸胴が眩しい^^
IMG_1048.JPG
”支那そば”on”特製トッピング”が配膳。
整った丼顔。褐色のスープが食欲をそそりますね。
IMG_1049.JPG
どっしりした白い器。
IMG_1050.JPG
ちょっとピンボケですいませんが、麺は自家製細打ち平麺。スルリと喉に入っていきます。
IMG_1052.JPG
秋田の手作り純正醤油×比内地鶏×魚貝類で仕上げた茶褐色の無化調スープ。芳醇で美味しいスープです。やっぱり、ラーメンは醤油が基本だなっと思わせるスープです。
IMG_1055.JPG
”特製トッピング”は、海苔・白ネギ、
IMG_1051.JPG
小松菜、
IMG_1053.JPG
ぶっといメンマ、
IMG_1056.JPG
そして、2種のチャーシュー。チャーシューは柔らかく手の込んだ仕事をしていると思わせる一品。
IMG_1054.JPG
こだわり抜いた一杯。当然、歓食完飲。
IMG_1057.JPG
ご馳走様でした!
IMG_1059.JPG
※現在、店舗隣のビルが耐震工事中で休業中。ご注意ください。
nice!(16)  コメント(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

【麺食い日記4/18’】日本橋麺処こはる@日本橋室町 [ラーメン・つけ麺]

怒涛の麺食い日記三部作ラストをかざるのは・・・
日本橋室町の新店「日本橋麺処こはる」を初訪。
自分がよく通う神田「悠」の姉妹店になります。
IMG_1023.JPG
外の看板でお店のこだわりを確認して入店。
IMG_1022.JPG
券売機。メニューは大きく5種。醤油・塩・つけ麺。そして、柚子醤油に柚子塩。ここは、左上の法則を発動し”醤油らぁめん”と”味玉”を連打。
IMG_1004.JPG
店内はカウンターのみ。木目が綺麗なカウンター。
IMG_1007.JPG
新店だけに清潔感が漂う厨房。
IMG_1009.JPG
注文を通すと目の前でチャーシューを炙りはじめました。肉が焼けるいい臭いが漂い食欲が沸いてきます^^
IMG_1008.JPG
数分で”醤油らぁめん”+”味玉”が到着。
バランスがとれた素適な丼顔。
IMG_1010.JPG
器はシュッとしたすり鉢状のもの。赤がメインで上下は白。カウンターと同化してますね。
IMG_1011.JPG
レンゲでスープを一口。スープの温度はかなり高。鶏ガラに煮干しと魚介の味がふんわり香るスッキリした味わい。カエシは幾分抑え気味ですが、その分丁寧なつくりを感じるスープです。
IMG_1012.JPG
全粒粉入りの歯応えのよい細麺。
IMG_1016.JPG
具材はメンマ・2種のチャーシュー・刻みネギと海苔。
IMG_1013.JPG
IMG_1014.JPG
レアチャーシューはスープにつけると食べ頃に。
IMG_1015.JPG
IMG_1018.JPG
味玉は黄身の塩梅がいい感じでした。
IMG_1020.JPG
美味しく歓食完飲。
IMG_1021.JPG
お店はコレド室町のすぐ近く。映画を観にいった後に使い勝手が良い一軒ができて嬉しいな。再訪確実。ご馳走様!
nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - ラーメン・つけ麺 ブログトップ