So-net無料ブログ作成
検索選択
ラーメン・つけ麺 ブログトップ
前の10件 | -

【麺食い日記12/17’】中華そば 尹呂葉(いろは)@古川 [ラーメン・つけ麺]

3月中旬宮城県古川に出張した際、同行した後輩三人と地元の有名店「中華そば 尹呂葉(いろは)」に訪問。
IMG_0930.JPG
店内はカウンタ席、テーブル席、座敷とかなり広いつくりになっています。
午後1時近かったですが、勤め人、家族連れなどで賑わってました。地元に愛されるお店ですね。
4人だったので座敷に通されます。
メニューの確認。
麺類。基本は中華そば。味は醤油と塩がベースのようです。
IMG_0916.JPG
飯類。カツ丼と半中華そばのセットもいいなぁ~
IMG_0917.JPG
餃子フランクも気になります^^
IMG_0918.JPG
麺類で悩んだ末、せっかくなので”得製中華(醤油)”をチョイス。若いもん3人が大盛を頼んだので、おじさんも負けじと大盛で注文しました。
しばし待って”得製中華(醤油)”の大盛が到着。
うぉー食欲がそそられる丼顔!
IMG_0919.JPG
間口が広くどっしりとした丼です。
IMG_0920.JPG
チャーシューはロール状の豚バラと、
IMG_0921.JPG
鶏の2種類がたっぷり入っています。嬉しくなる肉のボリュームです[わーい(嬉しい顔)]
IMG_0922.JPG
シナチクも太くて噛み応えあり。
IMG_0923.JPG
カエシが効いた鶏がらと醤油ベースのスープはどこかホッとする味。体も温めてくれます。
IMG_0928.JPG
やや中太で軽くウェーブがかかった麺。大盛だけあってかなりの量がありましたが美味しくいただきました。
IMG_0926.JPG
しかし、若いもんのうちひとりが大盛を頼んだのに途中でギブアップ。まだ、20代前半なんだから大盛くらいたいらげなきゃね。
ということで、お会計はおじさんもち(笑)
地元密着の人気店。今度来ることがあったらカツ丼のセットに挑戦したいな。ご馳走様!!
IMG_0929.JPG

【麺食い日記11/17’】煮干し麺処まる@東大島 [ラーメン・つけ麺]

東大島の新店「煮干し麺処まる」を訪問。
IMG_0868.JPG
11時30分開店の10分前に到着。並びゼロだったので、店頭を色々確認。
メインメニューは淡麗と濃厚2種の煮干し中華そば。どちらにするか悩みますね。
IMG_0850.JPG
事前調査によると資本系のラーメン店ですが、麺も出汁もこだわっているようですね。
IMG_0851.JPG
かなりのニボニボみたいです。
IMG_0870.JPG
”和え玉”か。面白そうですね。
IMG_0869.JPG
ということで開店。この10分の間に若干ですが並びが出来ていました。
券売機。悩みに悩んだ末、限定の二文字に思わず”濃厚煮干し中華そば”をプッシュしてしまいました。
IMG_0853.JPG
店内はL字カウンターのみ。一番乗りの客なのでカウンターの端っこに座ります。
IMG_0856.JPG
”煮干し酢””煮干しラー油””煮干し粉”。面白い味変グッズですね。
IMG_0855.JPG
数分で着丼。
いやはや、素適な丼顔。具材の配置も綺麗に纏まっています。何より丼のガラが素敵じゃないですか!親知らずさんが好きそう^^
IMG_0858.JPG
煮干しラーメン特有のパツンパツンのストレート麺。シコシコした食感で喉越しがいい感じです♪
IMG_0862.JPG
どろり濃厚の煮干しスープ。ザラザラ感がたまりません。けど、エグミは不思議とないですね。下処理が行き届いています。美味しいスープです。
IMG_0864.JPG
具材たち。
穂先メンマ。穂先メンマって何度も言うようですが好きなんですよ。ラーメンに入っていると嬉しくなってしまいます。
IMG_0863.JPG
他に刻み海苔と玉ねぎ。玉ねぎは良いアクセントとなっています。
IMG_0860.JPG
薔薇の花のように盛りつけられた豚肩ロース肉のレアチャーシュー。
IMG_0859.JPG
濃厚の煮干しの出汁とまざわり色が変化します。ライブ感があります。
IMG_0865.JPG
途中、更に”煮干し粉”を投入しニボニボ感UP[グッド(上向き矢印)]
IMG_0857.JPG
IMG_0866.JPG
美味しく完食完飲。
IMG_0867.JPG
資本系にしてはレベルが高い一杯。
次回は”和え玉”に挑戦してみようかな。ご馳走様!

【麺食い日記10/17’】九州じゃんがら 日本橋店@日本橋 [ラーメン・つけ麺]

九州じゃんがら 日本橋店」を久々に訪問。
東京で豚骨ラーメンを広めた元祖的なお店。たまに食べたくなるんですよね~
IMG_0849.JPG
店頭のメニューを確認し入店。入店すると風呂屋の番台みたいな感じで食べたいラーメンを注文しお金を先に払います。”からぼんの全部入り”をお願いしお金を払いました。
IMG_0848.JPG
店内は張り物だらけ(笑)
IMG_0834.JPG
席の前にも張り物が(笑笑)
IMG_0830.JPG
IMG_0831.JPG
”まぜちゃん”に心が奪われます。次回はこれだなと、まだ食べる前に決めました^^
IMG_0832.JPG
味変グッズたち。
IMG_0833.JPG
博多らーめんには、紅生姜と辛し高菜はかかせませんね。
IMG_0837.JPG
着席して数分で到着。さすが博多らーめん。提供までが早いです。
溢れんばかりの水面が嬉しい。
IMG_0835.JPG
浅めの丼は受け皿にのっています。白地に赤いラインが一本のシンプルな柄。
IMG_0836.JPG
全部乗せラインナップをご覧ください。
IMG_0838.JPG
IMG_0839.JPG
肉はチャーシューと角肉。
IMG_0840.JPG
角肉はトロリとした一品。
IMG_0843.JPG
半熟味玉はまずまずの出来。
IMG_0845.JPG
辛味スープ。豚骨がベースなのでコクがあります。
IMG_0844.JPG
細麺ストレート。辛味スープがまとわりついてツルツルと喉、食道を通過します。
IMG_0841.JPG
美味しく完食完飲。安定の味ですね。
IMG_0846.JPG
博多らーめんは麺が少なめなので本来は替玉でお腹いっぱいにするところですが、個人的に替玉NGとしているので自重しました。
次回は、”まぜちゃん”かマー油を使った”こぼんしゃん”かな。メニューもバラエティに富んでいるので、悩むのも楽しいお店です。ご馳走様。

【麺食い日記9/17’】麺処かっすい55@鴨居 [ラーメン・つけ麺]

2月下旬、pn師匠のもとに「ガンマン型カメラバック」を引き取りに行きました。
その際、待ち合わせ場所としたのが鴨居のラーメン人気店「麺処かっすい55」。
IMG_0812.JPG
ちょっと早めに着いたので、たしかもう一つ入口があったなと思い裏側へ回ってみました。
深夜バイト募集や雑誌に掲載されたインフォが掲げられています。
IMG_0813.JPG
そうこうするうちに、pn師匠と合流。開店の11時30分まで、約20分くらい「ガンマン型カメラバック」の装着や近況報告で時間を潰しました。その間、続々とお客さんが集まってきます。鴨居という街に溶け込んだラーメン店になりましたね。
そして開店。pn師匠から「もう一度味噌を食べたほうが良い」という指導があったので、券売機上段左側の”超濃厚!!みそらーめん”をプッシュ。
IMG_0814.JPG
食券をスタッフさんに渡してテーブル席に座り、しばし男子会トーク(笑) その間にもお客さんが集まり店待ち、外待ちが発生。この行列を見ながら、pn師匠が感慨深めだったのが印象的でした。
先にpn師匠が頼んだ揚げ餃子が到着。よく、蕎麦前というけど、この揚げ餃子はラーメン前に絶品の一品であります。ビールが飲みたくなりましたが我慢しました^^;
IMG_0815.JPG
そして、”超濃厚!!みそらーめん”が到着。
デフォでこれだけの具材が乗っている味噌ラーメンは珍しいです。
IMG_0816.JPG
器は渋めの黒。pn師匠の服と妙にマッチしていますね^^
IMG_0817.JPG
大ぶりのチャーシュー。脂はそんなに多くはありませんが噛めば旨味がひろがるチャーシュー。
IMG_0818.JPG
玉子軍団。半分の味玉とうずらが2個。ちょっと前まではうずらが3個だったとpn師匠が言ってました。いずれにしても大盤振る舞いです。
IMG_0819.JPG
他にコリっとしたシナチクに葱、モヤシ、ほうれん草
IMG_0820.JPG
そして、この味噌ラーメンの特徴であるレタス。食感がよくていいアクセントになっています。
IMG_0822.JPG
麺はモチっとした縮れの太麺。やや平打ちなのでスープの持ち上げもいいですね。
IMG_0821.JPG
途中、挽肉を溶かしながら味変。はじめは、濃厚?という感じのスープが辛味も増して激変。味の二段構えです。
IMG_0823.JPG
ただ、もう少しスープ量があったほうがいいかな。以前に比べて少なかったような気がしました。
といいながらも、完食完飲。
IMG_0824.JPG
レベルが高い一杯でした。
次回はpauloさんと御一緒して”白とんこつ”を食べてみたいですね。御馳走様!!

【麺食い日記8/17’】東京らあめんタワー@大門 [ラーメン・つけ麺]

芝大門の宿題店「東京らあめんタワー」をやっとこさ訪問。
IMG_0720.JPG
店頭でメニューを確認。
IMG_0721.JPG
お店のこだわりが張ってありました。熱々は嬉しい限りですね!
IMG_0719.JPG
券売機左上の法則を発揮して”醤油らあめん+半熟玉子”を連打しました。
IMG_0705.JPG
店内はコの字型カウンター。お店のインフォがありました。ちなみに、麺はストレートでお願いしました。
IMG_0710.JPG
人気No.1は”チャーシューめん+温玉”のようです。
IMG_0711.JPG
ランチタイムはおにぎりがサービスされます。
IMG_0708.JPG
しばし待って、着膳。
醤油醤油した水面。なんか、嬉しくなっちゃいますね。
IMG_0712.JPG
”半熟玉子”は別皿で提供されます。珍しいですね。
IMG_0713.JPG
青の雷門がいい感じですね。
IMG_0714.JPG
麺はもちっとした中太ストレート麺。ほっとする麺ですね。
IMG_0715.JPG
ラード膜で湯気の立たないスープ、熱々なのがいいですね。スープは煮干し風味と甘露醤油の甘味が絶妙です。
IMG_0718.JPG
少し小振りのバラチャーシューは、丁寧に炙って焼目のついたものが3枚。それほど厚くはないのですが、ジューシーで美味しいです。
IMG_0716.JPG
別皿で提供された”半熟玉子”をIN。
IMG_0717.JPG
うん、レベルが高い一杯でしたね。次回は、塩か味噌を食してみようかな。
ご馳走様!

【麺食い日記7/17’】つけ麺 吉田@木場 [ラーメン・つけ麺]

木場の新店「つけ麺 吉田」を初訪問。
IMG_0675.JPG
特製推し、かつ、CP高めの券売機。
ここは、”味玉つけ麺”をプッシュ。
IMG_0658.JPG
店内はL字カウンター。端っこに陣取ります。
IMG_0662.JPG
お店のこだわりの張り紙があります。
IMG_0660.JPG
太麺のため10分近くかかって着膳。
どこか懐かしい”またおま系”。※またおま系とはつけ麺ブームの時続出した濃厚魚介豚骨系のつけ汁と極太の麺のこと。
IMG_0663.JPG
麺サイド。
一見ロールケーキみたいな(笑)チャーシューと綺麗に折りたたまれた麺と穂先メンマ。三つ葉と大判の海苔、味玉が上手くに配置されています。
IMG_0664.JPG
IMG_0667.JPG
IMG_0668.JPG
つけ汁は濃厚どろ系。
IMG_0665.JPG
丼はお盆に乗って提供されます。
IMG_0666.JPG
麺は全粒粉。角ばった極太麺。たしかに茹でるのに時間がかかりそうですね。
歯応え抜群。小麦の香りも感じられる良い麺です。
IMG_0669.JPG
穂先メンマって好きなんですよ^^
IMG_0670.JPG
味玉はまずまず。
IMG_0672.JPG
食べ終わったあと、スープ割りを頼んで口をリフレッシュ
IMG_0673.JPG
完食しました。
IMG_0674.JPG
ある意味、ノスタルジックなつけ麺でしたが、食材が厳選されている分美味しかったかな。ただ、ちょっとオペレーションがイマイチ。まだ、開店したばかりのせいでしょうか。
木場はよく映画を観にくるので、また寄ってみたいですね。
IMG_0676.JPG

【麺食い日記6/17’】麺画廊 英@水天宮 [ラーメン・つけ麺]

プチ宿題店だった水天宮の「麺画廊 英」を初訪問。
入店し、しばし券売機と睨めっこ。
上部一列目は鶏出汁垃麺。”〆の御飯セット”が気になりましたが”雫+味玉”をプッシュ。
IMG_0635.JPG
カウンターに着席し「ご案内」と書かれたメニューを改めて開きます。ちなみに、カウンターは紅白でした。
IMG_0637.JPG
IMG_0645.JPG
「麺画廊」の意味が書かれています。器をキャンパスに見立てるなんて、店主の拘りを強く感じるお店ですね。
IMG_0638.JPG
鶏出汁垃麺、和出汁垃麺、芳醇鶏白湯がお店の三本柱。
IMG_0639.JPG
素材にも拘りを感じます。
IMG_0643.JPG
限定もヨサゲですね。
IMG_0644.JPG
品書きではなく作品。
IMG_0647.JPG
TKGいいなぁー
IMG_0648.JPG
そして、着膳。まさに、作品。
美味しさがキャンパスから滲み出ていますね。
IMG_0649.JPG
赤のカウンターに映える器。
IMG_0650.JPG
まずは、スープを一口。スッキリとした味わいの中に、鶏出汁がギュッと凝縮されています。美味しいですねぇ~
IMG_0651.JPG
麺はやや細いストレート(ピンボケですいません)。国内産最高小麦「春よ恋」に天然かんすいで練り上げられた麺。スープと絡んで喉越しがいいですね。
IMG_0652.JPG
チャーシューは流行のレアもの2種。スッキリした味わいのスープにはレアものが合いますね。
IMG_0653.JPG
普段はあまり注目しない葱がとっても美味しかった。
IMG_0655.JPG
玉子は白身と黄身がいい塩梅でした。
IMG_0656.JPG
いやー美味しかった。美味し過ぎて、完食完飲写真を撮るのを忘れてしまいました。
しかし、今年に入って一番の一杯でした。こうなれば、和出汁垃麺・芳醇鶏白湯・限定麺そして〆の御飯セットを食べてみなければなりませんね。
お店を出たら行列が出来ていました。開店直後に行って良かったです。
IMG_0657.JPG

【麺食い日記5/17’】おとど食堂 葛西店@葛西 [ラーメン・つけ麺]

隣町葛西の「おとど食堂 葛西店」に初訪問。
創業の地、篠崎店が火災にあった関係で葛西にて営業を再開。火災で葛西・・・(寒)
IMG_0624.JPG
券売機は最新型のタッチパネル式。
年寄りには苦手です^^;
定番の”極★肉玉そば”をプッシュ、、、いや、タッチ
IMG_0607.JPG
かなり広めの店内。食堂と名がつくだけあります。
IMG_0608.JPG
IMG_0609.JPG
仮面女子?
IMG_0610.JPG
テーブル席にはレモンが入った水が用意されています。
IMG_0611.JPG
しばし待って、”極★肉玉そば”が到着。ライスはサービスです。
IMG_0612.JPG
いやー肉好きにはたまらない盛りですね[わーい(嬉しい顔)]
IMG_0613.JPG
丼は赤がベースで淵はホワイト紅白柄。
IMG_0614.JPG
豚バラの甘辛生姜焼風。濃い目の味付け。ニンニクは頼めばつけてもらえます。
IMG_0616.JPG
日本一のこだわり玉子、らしいです。黄身が濃いですね。パッと見、徳島らーめんを彷彿させます。
IMG_0617.JPG
葱、ナルト、メンマ。
IMG_0618.JPG
スープはかなりしょっぱい。カエシは強めですね。
IMG_0615.JPG
麺は中太縮れ麺。茹で加減は普通~ややヤワメの間くらい。弾力のある麺です。
IMG_0621.JPG
食べ進むうちに、肉の甘辛い生姜風の味、ニンニクそしてカエシの強いスープの影響で口の中がかなりきつくなってきます。ここまで、クドクしなくてもいいのにね。
ということで、オンザライスその一。
IMG_0620.JPG
その二。
IMG_0622.JPG
「日本一ごはんがすすむ店」というだけのことはありましたが、やっぱり味付けがクド過ぎました。
次回はもう少しあっさりした味付けのものを頼もうかしらん。
IMG_0623.JPG


【麺食い日記4/17’】8番らーめん 金沢駅店@金沢 [ラーメン・つけ麺]

お袋の関係で金沢に帰った際、金沢市民のソウルフード「8番らーめん」を食べました。訪れたのは金沢駅店。
IMG_0555.JPG
おひとり様だったので、カウンターに案内されます。
メニューの確認。
IMG_0556.JPG
定番は”野菜らーめん”。味噌・塩・醤油・とんこつ・バター風味の5つの味が選べます。
IMG_0558.JPG
お得なセットメニュー。
IMG_0559.JPG
その他メニュー。
IMG_0560.JPG
IMG_0561.JPG
餃子・唐揚げ・炒飯もいい感じです。
IMG_0562.JPG
けど、ここはやっぱり”野菜らーめん”の味噌味・餃子セットにしました。
IMG_0564.JPG
IMG_0568.JPG
8の数字が入ったかまぼこが楽しい。
IMG_0565.JPG
スープは野菜の旨味が溶け込んだ濃厚な味噌。
IMG_0566.JPG
麺は中太の縮れ。味噌スープのとの相性バッチリのモチッとした麺です。
IMG_0567.JPG
チャーシューは脂身が少なく、パサっとしたもの。ちょっと残念・・・
IMG_0570.JPG
途中、一味を降りかけて、
IMG_0569.JPG
完食完飲。
IMG_0571.JPG
子供の頃から親しんだ味。味の変化・進化は当然ありますが、やはり僕のソウルフードであることは間違いありません。

【麺食い日記3/17’】ふるめん@六本木 [ラーメン・つけ麺]

人間ドック一日目が終わった後に訪れたのは六本木の「ふるめん」。初訪問になります。
IMG_0554.JPG
お店に入ると右側に券売機が設置してあります。ここは迷わず券売機左上から2番目の”煮干し醤油 煮玉子入り”をプッシュしました。
IMG_0539.JPG
開店一番、先客ゼロだったためカウンター席の一番奥に座ります。
素敵な箸置き。
IMG_0541.JPG
コップも素適。水はレモン水。その奥に見える肉も素適♪
IMG_0542.JPG
ラーメンを作る男の後姿も素適。
IMG_0543.JPG
しばし待って”煮干し醤油 煮玉子入り”が着膳。お上品なビジュアル。麩鞠がいい感じですね。
IMG_0544.JPG
器の淵に花が舞ったような模様。レンゲもそれに合わしています。丼の間口は広めです。
IMG_0545.JPG
まずは、スープ。一言で言うと「優しい」。あまり、ニボニボは感じられません。結構、甘味が感じられます。
IMG_0546.JPG
麺はしなやかさが光るストレート麺。ちょっと角ばっていて、かつ、きめ細やかな麺なのでスープが良く絡みます。
IMG_0547.JPG
麩鞠は生麩。このラーメンの中に合っても違和感がありません。可愛いですね。
IMG_0549.JPG
穂先メンマはちょっと焦げ目があります。香ばしさを引き出すからでしょうか。
IMG_0550.JPG
チャーシューはレア。しかも、豚と鶏の二種類。デフォ価格が850円。しかも、六本木の一等地ですからね。CPは良いほうかも。
IMG_0551.JPG
美味しく完食。
IMG_0552.JPG
煮干し感はイマイチでしたが、優しい味わいでした。”醤油ラーメン””つけ麺”も気になるので再訪したいですね。
IMG_0553.JPG
前の10件 | - ラーメン・つけ麺 ブログトップ