So-net無料ブログ作成
映画鑑賞 ブログトップ
前の10件 | -

【映画鑑賞記19/18’】ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 [映画鑑賞]

「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」を鑑賞。
174756_02.jpg
原題は「darkest hour」=最も暗い時。ナチスドイツが欧州で勢力を拡大していた第二次世界大戦初期を指したチャーチルの言葉らしい。
ヒトラーとの和平交渉か?徹底抗戦か?
イギリスが困難な選択を迫られた1940年5月9日からの約1カ月を、2時間の濃密なドラマに仕上げています。
362605_001.jpg
チェンバレンの後を継ぎ、65歳で新首相となったチャーチル。歯に衣着せぬ物言いと妥協しない性格で政敵も多く、挙国一致内閣を率いながらも和平交渉派に追い込まれ孤立します。
そんな彼ですが、国民の人気は高いのです。物語後半、和平交渉か徹底抗戦かに悩んだ時、ふと一人街に出て地下鉄に乗ります。そこで、英国民との会話から、国民のために徹底抗戦を選ぶシーンは非常に印象深かったですね。
362605_002.jpg
チャーチルを演じるのは、ゲイリー・オールドマン。この作品でアカデミー主演男優賞を受賞しています。
そして、それ以上に日本で話題になったのは、アカデミー賞でメイクアップ&ヘアスタイル賞を日本人が受賞したこと。
この映画でのチャーチルは主にこうです[バッド(下向き矢印)]
362605_006.jpg
ゲイリー・オールドマンの素顔と比較してみましょう。
main.jpg
まったくもって凄いですね。
その日本人とは、辻一弘氏。
images.jpg
辻一弘氏による驚くほど自然な特殊メイクにより丸顔のチャーチルに変貌したゲイリー・オールドマン。
この特殊メークがあったからこそ、彼が人間味あふれるキャラクターを独特の口ぶりと挙動、繊細な表情で体現し、主演男優賞の栄誉に輝いたといっても過言ではないと思います。
また、本作はダンケルクで独軍に包囲された連合軍兵士を撤退させるダイナモ作戦の開始までを主に描いています。昨年、ダンケルクの戦いを兵士と民間の船乗りたちの視点で描いたクリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」が公開されましたが、この2作品を続けて見てみるのもいいかもしれませんね。

解説:『つぐない』などのジョー・ライト監督と、『裏切りのサーカス』などのゲイリー・オールドマンが組んだ歴史ドラマ。第2次世界大戦下のヨーロッパを舞台に、苦渋の選択を迫られるウィンストン・チャーチルの英国首相就任からダンケルクの戦いまでの4週間を映し出す。チャーチルの妻を『イングリッシュ・ペイシェント』などのクリスティン・スコット・トーマスが演じるほか、リリー・ジェームズ、ベン・メンデルソーンらが共演。『博士と彼女のセオリー』などのアンソニー・マクカーテンが脚本を担当している。

あらすじ:第2次世界大戦勃発後、ナチスドイツの勢いはとどまることを知らず、フランスの陥落も近いとうわさされる中、英国にもドイツ軍侵攻の危機が迫っていた。ダンケルクで連合軍が苦戦を強いられている最中に、英国首相に着任したばかりのウィンストン・チャーチル(ゲイリー・オールドマン)がヨーロッパの命運を握ることになる。彼はヒトラーとの和平か徹底抗戦かという難問を突き付けられ……。
nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記18/18’】ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 [映画鑑賞]

「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」を鑑賞。
174614_02.jpg
スティーヴン・スピルバーグってふり幅が広い映画監督ですね。SF、アニメ、社会派ドラマなどジャンルを問わず活動しています。
そんな彼がメリル・ストリープ、トム・ハンクスの名優2人とタッグを組んだ作品が本作。
362501_001.jpg
舞台は1971年のアメリカ。ベトナム戦争真っ最中。
ワシントン・ポストで社主(ストリープ)と編集長(ハンクス)を務める二人はライバル紙ニューヨーク・タイムズがスクープした「ベトナムにおける政策決定の歴史、1945年-1968年」=ペンタゴン・ペーパーズに衝撃をうけます。
その後、ワシントン・ポストも文書を入手しますが、報道に関し政府の圧力や社としての忖度が絡んで・・・
スピルバーグの凄いところは、文書を入手したニューヨーク・タイムズではなく、ワシントン・ポストの女性社主、キャサリン・グラハムにスポットが当てたところだと思います。
タイトルだけ見ると、政治とメディアの内幕ドラマのように捉えられますが、キャサリン・グラハムのライフ・ストーリーでもありますね。彼女が圧力、忖度を避け、文書掲載に決断するまでの描写には引きつけられました。
362501_005.jpg
また、ラストはニクソン大統領を辞任に追い込む”あの事件”に引き継がれるところも中々興味深かったです。

解説:メリル・ストリープとトム・ハンクスが共演し、スティーヴン・スピルバーグがメガホンを取った社会派ドラマ。実在の人物をモデルに、都合の悪い真実をひた隠しする政府に対して一歩も引かない姿勢で挑んだジャーナリストたちの命懸けの戦いを描写する。『コンテンダー』などのサラ・ポールソンやドラマシリーズ「ベター・コール・ソウル」などのボブ・オデンカークらが出演。脚本を『スポットライト 世紀のスクープ』で第88回アカデミー賞脚本賞を受賞したジョシュ・シンガーらが担当した。

あらすじ:ベトナム戦争の最中だった1971年、アメリカでは反戦運動が盛り上がりを見せていた。そんな中、「The New York Times」が政府の極秘文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在を暴く。ライバル紙である「The Washington Post」のキャサリン(メリル・ストリープ)と部下のベン(トム・ハンクス)らも、報道の自由を求めて立ち上がり……。
nice!(14)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記17/18’】トレイン・ミッション [映画鑑賞]

「トレイン・ミッション」を鑑賞。
173090_01.jpg
主演のリーアム・ニーソンは「シンドラーのリスト」での難しい役どころから、「スターウォーズ」での師匠役、そして「96時間」での元CIA工作員役と幅広い演技が魅力の俳優さんで、僕の好きな役者さんでもあります。
363207_003.jpg
本作の役どころは保険のセールスマン。仕事場へは毎日メトロノース鉄道ハドソン線の電車[で通勤しています。ある日、マイケルがいつものように電車に乗ると、ジョアンナと名乗る女性から話しかけられます。彼女は「この電車が終着駅に着くまでに、乗客の中に紛れ込んでいる盗品を持ったある人物を発見できたなら、貴方に10万ドルを渡す」と言ってきます。最初は適当に応対していたマイケルでしたが、徐々に状況が切迫していき、ついには彼女の要求に応じなければなります。図らずも陰謀に巻き込まれたマイケルは、自分と乗客の命を救うべく行動を開始する。といったストーリー。
201803220020000view.jpg
今回も元刑事といった役どころ。彼には、元ナニナニってのが似合いますね。今回も老体にムチ打ちながら頑張ってました。
363207_006.jpg
ストーリー的にはありがちかもしれませんが、4度目のタッグとなるジャウマ・コレット=セラ監督とは息がピッタリでしたね。

解説:『アンノウン』『フライト・ゲーム』『ラン・オールナイト』のジャウマ・コレット=セラ監督とリーアム・ニーソンが再び組んだ緊迫のサスペンス。リストラされた主人公が、通勤電車の中で困難なミッションに挑む。『マイレージ、マイライフ』などのヴェラ・ファーミガ、『ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠』などのパトリック・ウィルソン、ドラマシリーズ「ブレイキング・バッド」などのジョナサン・バンクスらが共演する。

あらすじ:保険会社に勤めて10年がたつ60歳のマイケル(リーアム・ニーソン)は突然解雇され、今後のローン返済や息子の学費のことが頭をよぎる。いつもの電車で帰宅途中の彼の前に面識のない女性が座り、三つのヒントを頼りに乗客の中から大切な荷物を持った人物を捜し出せば、10万ドルを支払うと持ち掛けてくる。
nice!(14)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記16/18’】曇天に笑う [映画鑑賞]

「曇天に笑う」を鑑賞。
170831_03.jpg
予告を観て、その世界観が「るろうに剣心」「銀魂」に雰囲気が似ていて面白そうだったので、映画館まで足を運びましたが、ハッキリ言って駄作でありました^^;
ストーリーもありきたり、見所が全くといっていいほどなかったですね。
主演は福士蒼汰。若手イケメン俳優の筆頭かもしれませんが、事務所の力が強いだけの役者ですね。もっと、演技の勉強が必要かも。
357226_005.jpg
その他の俳優陣もイケメンを揃えただけ。何がしたいのか、見せたいのか、よう分からんかったです・・・
357226_002.jpg
福士蒼汰は少年ジャンプの人気漫画「BLEACH」の主人公・黒崎一護を実写化で演じるらしいけど、この映画の反省を活かしてもらいたいですね。原作が好きなだけに、今度は期待を裏切らないでもらいたいです、はい。

解説:テレビアニメや舞台も人気を博す、唐々煙のコミックを実写化したアクションアドベンチャー。明治維新後の滋賀県を舞台に、300年に1度復活しては災いをもたらすとされる大蛇をめぐって、3人の兄弟、明治政府の部隊、忍者一族が壮絶な戦いを繰り広げる。メガホンを取るのは、『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行。主演は『ストロボ・エッジ』や『神さまの言うとおり』などの福士蒼汰。笑いありスリルありの物語や、体を張った演技の数々にも引き込まれる。

あらすじ:明治維新後の滋賀県大津。曇神社を継ぐ曇家の3兄弟である天火(福士蒼汰)、空丸、宙太郎は、300年に1度出現し人々に厄災をもたらすという大蛇の復活を阻止しようと立ち上がる。その一方で、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊である犲も、日本に混乱を起こさないようにと大蛇の力を封印するために動きだす。だが、明治政府転覆をもくろむ忍者集団・風魔一族が、大蛇の力を使おうと暗躍。曇家3兄弟、犲、風魔一族の激しい三つどもえの戦いが展開することになるが……。
nice!(14)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記15/18’】トゥーム・レーダー ファースト・ミッション [映画鑑賞]

「トゥーム・レーダー ファースト・ミッション」を鑑賞。
172949_02.jpg
2001年、2003年にアンジェリーナ・ジョリー主演で映画化された「トゥームレイダー」「トゥームレイダー2」のリブート作品。
本作では、「リリーのすべて」でアカデミー助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルが主人公のララ・クロフトを演じています。アリシア・ヴィキャンデル好きな女優さんなんですよね[黒ハート]
640.jpg
バイク便のライダーとしてギリギリの生活を送る大学生のララ・クロフトは(実はグローバル企業の跡継ぎ)、幼い頃に失踪した冒険家の父リチャードが遺したメッセージを受け取ります。そこには彼の最後の目的地であった、日本のどこかにあるとされる神話上の島、さらにその島には世界を滅ぼすほどの邪悪な力が封印されている墓があることが記されていました。ララは父が失踪した真相を確かめるべくその島へと旅立ち、自分と同じように墓を探し当てようとする謎の組織「トリニティ」に立ち向かっていく、というストーリー。
元は2013年にスクウェア・エニックスより発売されたコンピュータゲームなんです。日本のゲームメーカーが出資者として名を連ねている割に相変わらず歪んだ日本になっていて、ちょっと残念・・・
けど、アクションは中々のものでした。
361870_002.jpg
いわゆる、トレージヤーハンター物(宝探し)ですが、アンジー版とは違う、泥臭い等身大のララの演技とアクションは良かったですね。
361870_001.jpg
演技派アリシア・ヴィキャンデルがアクションに挑戦した本作。新しい彼女を発見できましたね。
続編も期待したい作品です。

解説:世界的に人気のゲームを新たに映画化し、ララ・クロフトを『リリーのすべて』などのアリシア・ヴィキャンデルが演じるアクションアドンチャー。大学に通いながらバイク便のライダーとして働くヒロインが、冒険家の父の死の真相を追う姿を活写する。監督は、『THE WAVE/ザ・ウェイブ』などのローアル・ユートハウグ。ドミニク・ウェストやウォルトン・ゴギンズ、ダニエル・ウーらが共演。アリシアのアクションに期待が高まる。

あらすじ:大学生のララ・クロフト(アリシア・ヴィキャンデル)は、バイク便のライダーとして働いているが、生活はいつもギリギリ。冒険家である父親は彼女が子供のときに行方をくらまし、亡くなっていた。その父の最後の目的地が、日本のどこかにあるとされている神話上の島の伝説の墓だった。ララはその島を探すために冒険に乗り出す。
nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記14/18’】ちはやふるー結びー [映画鑑賞]

「ちはやふるー結びー」を鑑賞。
173064_02.jpg
「ちはやふるー上の句ー」「ちはやふるー下の句ー」が面白かったので、完結編の本作を当然ながら観にいきました。主演は今飛ぶ鳥を落とす勢いの若手女優・広瀬すず。主人公の千早ははまり役ですね。
361794_001.jpg
共演は前作から引き続き、太一役の野村周平、
361794_004.jpg
千早と太一の幼馴染でライバル&恋心をいだく相手&恋敵に新田真剣佑、
361794_003.jpg
競技かるた部の部員達には、前作からの白石萌音、矢本悠馬、森永悠希そして新たなメンバーで優希美青、佐野勇斗が参加しています。
361794_014.jpg
また、太一がリスペクトする先輩役に賀来賢人。賀来賢人って好きな役者なんですよね。シリアスからコメディまで何でもこなせる若手バイブレイヤーだと思います。
361794_010.jpg
個人的にはクイーン若宮詩暢役の松岡茉優が良かったですね。演技力は折り紙つきです。
361794_011.jpg
本作は、下の句から2年後の設定で、キャストたちの成長ぶりをリアルに感じ取れました。
特にストーリーが太一の葛藤を中心に描かれているのが良かったですね。天才型の千早よりも秀才タイプの太一に光を当てていることで、見る側に共感を与える演出が見事でしたね。
死語かもしれませんが、青春映画っていいですね[わーい(嬉しい顔)]

解説:末次由紀のヒットコミックを原作にした青春ドラマの続編。全国大会での激闘から2年後を舞台にして、競技かるたに打ち込む高校生たちのさらなる戦いを活写する。監督の小泉徳宏、広瀬すず、野村周平、新田真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希ら前作のスタッフ、キャストが結集。新たなキャストとして、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」などの優希美青、『くちびるに歌を』などの佐野勇斗、『森山中教習所』などの賀来賢人らが参加する。

あらすじ:瑞沢高校競技かるた部員の綾瀬千早(広瀬すず)と若宮詩暢(松岡茉優)が、全国大会で激闘を繰り広げてから2年。真島太一(野村周平)、綿谷新(新田真剣佑)らと共に名人・クイーン戦に挑む千早だったが、詩暢と戦えない自分の実力不足を痛感する。そんな中、千早たちの師匠・原田秀雄(國村隼)が史上最強の名人とされる周防久志(賀来賢人)に敗れてしまい、新が彼に挑戦状をたたきつける。その後3年生になった千早は、高校最後の全国大会に向けて動くが……。
nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記13/18’】15時17分、パリ行き [映画鑑賞]

「15時17分、パリ行き」を鑑賞。
174934_01.jpg
クリント・イーストウッドが、2015年8月に高速鉄道で起きた無差別テロ事件を映画化。
何の予備知識なく観ると、テロ映画というより青春ロードムービーみたいに思えるかもしれませんね。しかも、主人公の青年達の幼少期のエピソードを挟み込みながらなので、約90分の上映時間のうち、70分近くは普通の若者達が本当にテロに巻き込まれるのかしらんと、感じてしまいます。
しかし、残り20分は怒涛の展開。普通の若者達がテロを阻止し一躍ヒーローになってしまいます。
362746_001.jpg
この映画の凄いところは、その三人の若者達を本人が演じているところ。HCくんも予告を観て、面白そうだなと、ほぼ予備知識無しで観にいったので、後でその事実をしって驚きました。
普通にちゃんと演技していましたよ。
そこを、引き出すのは流石クリント・イーストウッドですね。見事でした。

解説:クリント・イーストウッド監督が、2015年8月に高速鉄道で起きた無差別テロ事件を映画化。列車に乗り合わせていた3人のアメリカ人青年がテロリストに立ち向かう姿を描く。事件の当事者であるアンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーンを主演俳優に起用し、当時列車に居合わせた乗客も出演。撮影も実際に事件が起きた場所で行われた。

あらすじ:2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせていたアメリカ空軍兵スペンサー・ストーンとオレゴン州兵アレク・スカラトス、二人の友人の大学生アンソニー・サドラーが犯人に立ち向かう。
nice!(18)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記12/18’】シェープ・オブ・ウォーター [映画鑑賞]

「シェープ・オブ・ウォーター」を鑑賞。
172277_02.jpg
今年のアカデミー賞で作品賞、監督賞含め4部門を受賞した作品。
監督は、日本通でも知られるギレルモ・デル・トロ。
正直、ギレルモ・デル・トロがアカデミー賞を獲るまでになるとは思いませんでした。
「パンズ・ラビリンス」「パシフィック・リム」「クリムゾン・ピーク」など、どちらかというとマニアック映画の印象が強かったせいでしょうか。けど、その甘美で倒錯的な映像は、一度観るとハマる方もいるかもしれません。
さて、本作「シェープ・オブ・ウォーター」。
時代背景は米ソ冷戦下のアメリカ。政府の極秘研究所に務めるイライザ(サリー・ホーキンス)は、アマゾンの奥地から運ばれた異種人に惹かれ、いつしか恋に落ちます。
実はこのイライザ、声を失った女性。ゆえに、異種人と心が通じあったのでしょうか。
361841_001.jpg
デル・トロ曰く、この映画の元ネタは大昔の映画「大アマゾンの半漁人」らしい。イライザが、浴槽のある部屋全体を密閉して水で満たし、愛の行為にふけるシーンは幻想的でした。
共演は同僚ゼルダ役にアカデミー助演女優賞を以前受賞した実績を持つオクタヴィア・スペンサー。脇役ながら、イライザを支えるしっかりした役を好演していました。
361841_002.jpg
そして、本作で一番印象に残ったのは、残忍きわまりない軍人を演じたマイケル・シャノン。観ていて吐き気をもようすほどのゲスな役を熱演していました。ファンタジーな映画の裏には残酷さも兼ね備えていなくてはなりたたないのですね。
361841_007.jpg
けど、正直に言うとアカデミー賞作品賞には?です。去年も?でしたが、個人的には「スリービルボード」のほうが数段良かったな。

解説:『パンズ・ラビリンス』などのギレルモ・デル・トロ監督が異種間の愛を描き、第74回ベネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたファンタジー。米ソ冷戦下のアメリカを舞台に、声を出せない女性が不思議な生き物と心を通わせる。『ハッピー・ゴー・ラッキー』などのサリー・ホーキンスが主演し、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』などのオクタヴィア・スペンサー、『扉をたたく人』などのリチャード・ジェンキンス、『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』などのマイケル・シャノンらが共演。

あらすじ:1962年、米ソ冷戦時代のアメリカで、政府の極秘研究所の清掃員として働く孤独なイライザ(サリー・ホーキンス)は、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と共に秘密の実験を目撃する。アマゾンで崇められていたという、人間ではない“彼”の特異な姿に心惹(ひ)かれた彼女は、こっそり“彼”に会いにいくようになる。ところが“彼”は、もうすぐ実験の犠牲になることが決まっており……。
nice!(11)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記11/18’】ブラックパンサー [映画鑑賞]

「ブラックパンサー」を鑑賞。
171404_02.jpg
一足先に公開されたアメリカでは映画史上歴代5位のオープニング週末興行収入を記録するなど社会現象を巻き起こしtた超話題作。
1966年にコミックデビューを果たしたブラックパンサーは、黒人初のスーパーヒーロー。本作も黒人中心のキャスト、制作陣で挑んだ史上初のハリウッド超大作となっていて、マイノリティのパワーが爆発した作品と言われているそうです。
また、作品には黒人のスーパーヒーローが出てくるだけでなく、奴隷制度や植民地主義などのテーマも取り上げられていて、現アメリカ政権を皮肉る場面もあったりします。
ブラックパンサー自体はキャプテン・アメリカの「ウィンター・ソルジャー」で既に登場しています。その作品で、爆破テロの急襲によって亡くなった父の後を受け、ワカンダ国の王位を継いだ若き王子ティ・チャラ。演じるのはチャドウィック・ボーズマン。
361665_004.jpg
彼の使命は、高度な文明とテクノロジーを持つ自国の秘密を守り、他国の侵略を防ぐこと。そのために王国の守護神であるブラックパンサーを世襲し、ワカンダを脅かす陰謀に立ち向かっていく、というストーリー。
世襲制というところがちょっと笑ってしまいますが、自国の秘密を守り鎖国主義を貫くのか、世界平和のために開国するか、選択を迫られる場面など、重厚で壮大な物語でもあります。
201803010000000view.jpg
黒人を主人公にした超人・ブラックパンサー。アメコミヒーローの多様性を感じさせる作品でもありました。
さて、「ブラックパンサー」に続くマーベル作品は集大成とも言える「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」。今月末の公開が非常に待ち遠しく楽しみです。
361665_005.jpg

解説:マーベルのキャラクターで、国王とヒーローの顔を持つ男を主人公にしたアクション。超文明国ワカンダの国王だった父親を失ったブラックパンサーが、国の秘密を守るため世界中の敵と戦う。監督は『クリード チャンプを継ぐ男』などのライアン・クーグラー。『42 ~世界を変えた男~』などのチャドウィック・ボーズマンがブラックパンサーにふんし、『それでも夜は明ける』などのルピタ・ニョンゴらが共演。

アフリカの秘境にあるワカンダで産出される鉱石ヴィブラニウムは、全てを破壊してしまうほどのパワーを持つ。歴代の王は、悪用されないように鉱石の存在を極秘にしていた。若くして王になったティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)は、謎の男エリック・キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)がワカンダに潜入しようとしていることを知り……。
nice!(12)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記10/18’】グレイテスト・ショーマン [映画鑑賞]

「グレイテスト・ショーマン」を鑑賞。
173587_02.jpg
19世紀に活躍した興行師、P・T・バーナムの成功を描くミュージカル映画。P・T・バーナムをヒュー・ジャックマンが、パートナーのフィリップをザック・エフロンが演じています。
361326_005.jpg
そして、音楽を手がけるのは、僕の大好きな映画「ラ・ラ・ランド」でアカデミー賞歌曲賞を受賞したベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのコンビ。これは、観にいかなくてはなりませぬ(笑)
この作品の題名「The Greatest Showman」はバーナムが上演した「The Greatest Show on Earth」からとったものらしいですね。
ストーリーは幼い頃から貧しかったバーナムの立身出世の物語。起承転結がしっかりしていて面白かったですが、やはりここはストーリーもさることながらミュージカル、楽曲を楽しむべき作品です。
興行師としてのバーナムは、小人症の男、大男、髭の濃い女、全身刺青の男、結合双生児の兄弟など、世間から隠れるようにして生きていた様々な人を集め、サーカスを始めます。世間からは好評を得る反面、一部からは激しい抵抗、抗議をうけます。
これは、現代社会における”ダイバーシティ””ジェンダー”論議にも通じていますね。
361326_001.jpg
ストーリーには恋愛要素も描かれていて、切なさもありました。
361326_003.jpg
しかし、ヒュー・ジャクマンは素適な俳優ですね。彼の手に、オスカー像が握られるのを大いに期待しているHC君なのです。

解説:19世紀に活躍した伝説のエンターテイナー、P・T・バーナムを『X-MEN』シリーズや『レ・ミゼラブル』などのヒュー・ジャックマンが演じるミュージカル。空想家の主人公が卓越したアイデアと野心で世界中を熱狂させるさまと、ロマンチックな愛の物語が描かれる。監督はマイケル・グレイシー。ミシェル・ウィリアムズやザック・エフロンらが共演。『ラ・ラ・ランド』で第89回アカデミー賞歌曲賞を受賞した、ベンジ・パセックとジャスティン・ポールが音楽を担当している。

P・T・バーナム(ヒュー・ジャックマン)は妻(ミシェル・ウィリアムズ)と娘たちを幸せにすることを願い、これまでにないゴージャスなショーを作ろうと考える。イギリスから奇跡の声を持つオペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)を連れてアメリカに戻った彼は、各地でショーを開催し、大成功を収めるが……。
nice!(15)  コメント(8) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画鑑賞 ブログトップ