So-net無料ブログ作成
検索選択
映画鑑賞 ブログトップ
前の10件 | -

【映画鑑賞記18/17’】ムーンライト [映画鑑賞]

ムーンライト」を鑑賞。
172165_03.jpg
アカデミー賞授賞式のまさかの発表間違い騒動はあったもの本命「ラ・ラ・ランド」を破り見事作品賞に輝いた作品。
けどね、多くの人が思い浮かべるアカデミー作品賞に選ばれた名作とはちょっと趣きが違います。
HCくんの「ラ・ラ・ランド」愛がそう言わせているのでは決してありません。
「ラ・ラ・ランド」がアメリカのファンタジーだとすると、「ムーンライト」はアメリカの現実を描いた物語で作品賞に相応しいクオリティと物語に仕上がっています。ただ正直、トランプ政権になったから受賞できた作品だとも思います。
物語はマイアミの貧しい地区で暮らす少年シャロンの姿を、少年期、高校時代、そして成人してからの3つの時代を通して描いています。
358996_003.jpg
前半はストリートで生きる薄幸な少年と麻薬ディラー・ファンを演じるマハーシャラ・アリの交流が描かれています。この感じで、物語が進んでいくのかな?と思ったら高校時代、成人の章でガラッと変わってしまいます。
ちなみに、マハーシャラ・アリはこの作品でアカデミー助演男優賞を受賞しています。
640.jpg
ガラッと変わった先はトランスジェンターにシフトしたこと。同性愛は否定しませんが、物語の大きなチェンジには、ちょっとついていけませんでしたね。
358996_005.jpg
ただ、冒頭とはまったく別の物語に衣替えを果たす手法には制作陣の意思を強く感じました。

解説:ブラッド・ピットが製作陣に名を連ね、さまざまな映画祭・映画賞で高評価を得たドラマ。マイアミの貧困地域に生きる少年が成長する姿を、三つの時代に分けて追う。監督は、短編やテレビシリーズを中心に活躍してきたバリー・ジェンキンズ。『マンデラ 自由への長い道』などのナオミ・ハリス、『グローリー/明日への行進』などのアンドレ・ホランドらが出演。逆境の中で懸命に生きる主人公に胸を打たれる。

あらすじ:マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している母親ポーラ(ナオミ・ハリス)と暮らす少年シャロン(アレックス・R・ヒバート)。学校ではチビと呼ばれていじめられ、母親からは育児放棄されている彼は、何かと面倒を見てくれる麻薬ディーラーのホアン(マハーシャラ・アリ)とその妻、唯一の友人のケビンだけが心の支えだった。そんな中、シャロンは同性のケビンを好きになる。そのことを誰にも言わなかったが……。

【映画鑑賞記17/17’】キングコング:髑髏島の巨神 [映画鑑賞]

キングコング:髑髏島の巨神」を鑑賞。
169542_02.jpg
怪獣映画と言えば真っ先に思い出すのは日本ではゴジラ、アメリカではキングコングではないでしょうか。
どちらも映画的な歴史も古くリメイクや続編が多々出ています。
今回は舞台を神話上の謎の島・髑髏島に設定し、そこで巨大な神として君臨するキングコングと島に潜入した調査隊そしてキングコングを目の敵とする怪獣との死闘が描かれています。
358653_010.jpg
物語は上述したとおうりいたってシンプル。キングコングに対して近代兵器で攻撃をしかける人間と髑髏島に潜む異型の怪獣達の肉弾戦が中心。
201703230000000view.jpg
358653_019.jpg
主演はトム・ビドルストン、「ルーム」でオスカー女優となったブリー・ラーソンそしてサミュエル・L・ジャクソン。
358653_031.jpg
ブリー・ラーソンはカメラマン役で出演。
358653_008.jpg
サミュエル・L・ジャクソンが出てるとアベンジャーズかと思ってしまう今日この頃(笑)
358653_009.jpg
髑髏島の設定だけあって髑髏がゴロゴロしています[がく~(落胆した顔)]
358653_033.jpg
しかし、このキングコングはリアリティがあって迫力がありました。
358653_024.jpg
ちなみに、制作会社のレジェンダリーはキングコングを中心とした「モンスターバース」というシリーズ化を目論んでいるらしいです。そうなれば、マーベルの「アベンジャース」、DCコミックの「ジャスティスリーグ」に続く第三のヒーロー(?)物になりそうですね。

解説:キングコングを神話上の謎の島に君臨する巨大な神として描いたアドベンチャー大作。島に潜入した調査隊が正体不明の巨大生物と遭遇し、壮絶な死闘を繰り広げる。監督は、主にテレビシリーズに携ってきたジョーダン・ヴォート=ロバーツ。調査遠征隊のリーダーを『マイティ・ソー』シリーズなどのトム・ヒドルストンが演じるほか、『ルーム』などのブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンらが共演。巨大な体でリアルな造形のキングコングの迫力に圧倒される。

あらすじ:コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。

【映画鑑賞記16/17’】パッセンジャー [映画鑑賞]

「パッセンジャー」を鑑賞。
171295_01.jpg
広い宇宙船の中で繰り広げられるSF&ロマンス。
宇宙船で冬眠中、故障で目的地に到着する90年前に冬眠から覚めた男ジム。
そして、これまた目覚めた女オーロラ。
359024_001.jpg
この二人を中心に物語りは淡々と進みます。何故、ジムとオーロラは目覚めてしまったのか?
二人っきりの宇宙船で生きる男女に恋は生まれるのか?
そして、宇宙船は目的地にたどり着くことが出来るのか?
SFとロマンスの他にミステリー的な要素も含まれていて見応えのある作品になっています。
ネタバレの危険性があるので詳しく書けません・・・ 宇宙船のエンジニア・ジムを演じるのはクリス・プラット。ある意味、苦悩する男の役を熱演しています。
今月末に公開される「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編も楽しみです!
359024_005.jpg
オーロラを演じるのはオスカー女優ジェニファー・ローレンス。今、ハリウッドで一番ギャラが高い女優と言われています。自分が起きてしまった理由を知ったときの演技の迫力はさすがの一言です。
359024_004.jpg
色々と突っ込みどころもありますが、宇宙船内部や宇宙空間の映像が物凄く綺麗だったのが好印象でした。

解説:航行中の宇宙船を舞台に、目的地到着前に目覚めてしまった男女の壮絶な運命を描くSFロマンス。宇宙空間で生き残るすべを模索する男女を、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などのクリス・プラットと『世界にひとつのプレイブック』などのオスカー女優ジェニファー・ローレンスが演じる。『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのモルテン・ティルドゥムが監督を務め、『プロメテウス』などのジョン・スペイツが脚本を担当。

あらすじ:近未来、5,000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、人々の移住地に向かうべく地球を出発。到着までの120年、冬眠装置で眠る乗客のうちエンジニアのジム(クリス・プラット)と作家のオーロラ(ジェニファー・ローレンス)だけが、予定より90年も早く目覚めてしまう。絶望的な状況を打破しようとする二人は、次第に思いを寄せ合うものの、予期せぬ困難が立ちはだかり……。

【映画鑑賞記15/17’】ラ・ラ・ランド(2回目) [映画鑑賞]

また、観ちゃった[わーい(嬉しい顔)]「ラ・ラ・ランド」。
201702160000000view.jpg
たしかに、ハッピーエンドではありませんし、終わり方に納得いかない人もいるでしょう。
けど僕は、男女の本当の愛とは何なのか?自分の人生はどう生きていくべきなのか?を考えさせられた作品だと思っています。
この作品でアカデミー賞主演女優賞に見事輝いたエマ・ストーンは「ここに描かれているのは”完璧な愛”なのよ」と語っています。
凄く美しい話でエンディングでは涙腺崩壊。とても詩的な映画で、尊敬してやまない淀川長治氏が生きていたら何てこの映画を表現したか気になってしょうがありません、はい。

【映画鑑賞記14/17’】チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~ [映画鑑賞]

「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」を鑑賞。
170429_02.jpg
福井県の高校チアリーダー部が、アメリカのチアダンスの大会で優勝した実話を映画化。
他に観る映画がなく、何気に観た映画でしたが(失礼)面白かったですよ。
若くて元気な女子が出ているので、それだけでおじさんも元気が出ました(笑)
主演はごり押しとも言えるほどテレビ、映画、CMに出まくっている広瀬すず(これまた失礼)。
けど、等身大の配役で良かったです。
358397_002.jpg
熱血コーチを演じるのは天海祐希。キャピキャピ女子の中で流石の存在感を出していました。
358397_006.jpg
チアリーダー部の部員を演じるのは中条あやみ、山崎紘菜らネクストブレイクを期待されている若手女優さん達。
特にTOHOシネマズで映画を観るとき”幕間”で登場する東宝シンデレラの山崎紘菜ちゃんが出演していたのが嬉しかった。棒演技でしたけどね(爆)これから大きく育って欲しいな。
358397_001.jpg
実話がベースだけあってストーリーも笑いあり涙ありの感動モノ。特にラストのダンスシーンは圧巻でした!
358397_004.jpg

解説:2009年に福井県の高校チアリーダー部が、アメリカのチアダンスの大会で優勝した実話をベースにした青春ムービー。軽い気持ちでチアダンス部に入部した女子高生が、厳しい顧問や個性豊かな部員たちと一緒に全米大会制覇を目指す。監督は『俺物語!!』などの河合勇人。『ちはやふる』シリーズなどの広瀬すず、『劇場版 零~ゼロ~』などの中条あやみ、『MARS~ただ、君を愛してる~』などの山崎紘菜らがキャストに名を連ねる。およそ半年にわたる特訓を経た、広瀬や中条らが繰り出すダンスに圧倒される。

あらすじ:友永ひかり(広瀬すず)は、県立福井中央高校に入学する。中学からの同級生である山下孝介(真剣佑)を応援したいと思った彼女は、チアダンス部に入る。だが彼女を待ち構えていたのは、アメリカの大会制覇に燃える顧問の女教師・早乙女薫の厳しい指導と練習だった。先輩たちが次々と辞めていく中、同級生のチームメート玉置彩乃(中条あやみ)と切磋(せっさ)琢磨しながらチアダンスに打ち込むひかり。チームは一丸となってトップを目指していくが……。

【映画鑑賞記13/17’】相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断 [映画鑑賞]

「相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」を鑑賞。
170543_03.jpg
うーん、なんでこんなセンスのないサブタイトルつけるんでしょうね?
これじゃ、2時間ドラマの域を出ていませんよね。というか、出ていませんでした、ハイ。
水谷豊演じる杉下右京の現在の相棒は反町隆史演じる冠城亘。現在、四代目となる相棒ですが、雰囲気はイマイチ。
358189_001.jpg
正直、及川光博のほうが良かったです、ハイ。
358189_007.jpg
この裏・相棒も長いですよね、ハイ。
358189_009.jpg
冒頭に述べたようにストーリーも2時間ドラマの域を出ていないし、どこかで見たような使い古された話。
正直、2週連続で放送された相棒の最終回のほうが見応えがありました、ハイ。
テレビドラマの充実があっての映画化を期待です、ハイ。

解説:2000年に誕生以来、水谷豊が相棒と共に事件解決に挑む警視庁特命係の刑事にふんして、好評を博しているドラマシリーズの劇場版。主人公の杉下右京と反町隆史演じる冠城亘が、謎に包まれた国際犯罪組織を追い詰める姿を活写する。2代目相棒の及川光博や甲斐峯秋役の石坂浩二、さらには社美彌子役の仲間由紀恵らが出演するほか、北村一輝や山口まゆ、鹿賀丈史らが共演。監督は、長年『相棒』シリーズに携わってきた橋本一。エキストラおよそ3,000人を集めたパレードの中での見せ場など、劇場版ならではのスケールに期待が高まる。

あらすじ:7年前、駐英日本領事館関係者の集団毒殺事件で生き残った少女が国際犯罪組織に誘拐されていた。そして現在。特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、国際犯罪組織バーズを追って来日した国連犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウ(鹿賀丈史)に同行することになる。そんな中、7年前に誘拐された少女の現在の姿の動画が公開され、犯行グループは身代金を要求し……。

【映画鑑賞記12/17’】トリプルX:再起動 [映画鑑賞]

トリプルX:再起動」を鑑賞。
170943_03.jpg
ヴィン・ディーゼル=「ワイルド・スピード」の印象が強いですが、「ワイルド・スピード」一作目の後、出演したのが2002年の「トリプルX」。
そしてその後何故か「ワイルド・スピード」と「トリプルX」のシリーズを降りちゃうんですよね。「ワイルド・スピード」三作目からは復帰するんですけど、「トリプルX」の二作目はアイス・キューブが主演で大コケ。。。
そして、15年経って復帰するところはヴィン・ディーゼルぽいですよね。
357374_001.jpg
さて本作、ヴィンが演じるのはエクストリームスポーツが大好きなナイスガイ。シークレットエージェントにスカウトされ、型破りなオレ流で世界を揺るがす陰謀を解決する、という話。
このシークレットエージェントを演じたのが、サミュエル・L・ジャクソン。pauloさんの記事でも紹介されていましたが、ブラジルのスーパースター・ネイマールを誘っているシーンが「アベンジャーズ」?って勘違いするほど印象的で笑ってしまいました。
357374_002.jpg
ヒロインはインドの美女ディーピカー・パードゥコーン。色っぽい方でした^^
357374_006.jpg
敵対するグループのリーダー役は香港アクションの雄ドニー・イェン。スター・ウォーズのサイドストーリー「ローグワン」では盲目の剣士を演じるなど、最近世界的に露出が多くなってきていますね。
俳優人もそうだけど、全編通じてアジアを意識した作りになっていました。
この分ならシリーズ四作目もありそうです。ヴィンの新たなシリーズ物に期待大です。

解説:型破りなシークレットエージェントの活躍を豪快に描き、ヒットを飛ばした『トリプルX』の続編。再びヴィン・ディーゼルを主演に迎え、息もつかせぬバトルが展開する。『イップ・マン』シリーズや『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などのアクション俳優ドニー・イェン、名優サミュエル・L・ジャクソン、FCバルセロナ所属のサッカーブラジル代表のネイマールらが出演。華麗なアクションにホレボレする。

あらすじ:エクストリームスポーツのカリスマにして、腕利きシークレットエージェントとしても名をはせたザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)に再びNSA(国家安全保障局)から声が掛かる。今回の彼の任務は、危険な敵の手に渡ってしまった世界中の軍事衛星装置を奪還すること。ザンダーはNSAがそろえた精鋭部隊を一蹴し、新たにチーム“トリプルX”を編成する。

【映画鑑賞記11/17’】ラ・ラ・ランド [映画鑑賞]

「ラ・ラ・ランド」を鑑賞。
170115_02.jpg
結論から言いましょう。
僕は傑作だと思います。個人的にも生涯ベスト5に入る作品です。
この作品がてんやわんやの末、アカデミー賞作品賞を逃したのは不思議な感じですが、作品賞を獲った「ムーンライト」を観てないので何とも言えません。
ただ、史上最年少で監督賞を獲ったデイミアン・チャゼル、最優秀女優賞のエマ・ストーンは納得であります。
さて、本作はミュージカル映画と言われています。たしかにオープニングシーンは壮大でどんなミュージカル映画になるかワクワクしましたが、内容的にはそんなにミュージカルミュージカルしていませんでした。
けど、各楽曲はとても素晴らしく観終わったあと心に余韻を残してくれますし、サントラ盤が欲しくなります。
201702160000000view.jpg
映画的にはミュージカルというより男女の恋愛と悲哀そしてアーティストの悲哀の物語です。
また、カメラワークや色彩が過去のハリウッド作品へのオマージュを随所に感じさせ、古き良き時代を再現させています。
原色が凄く映えていたのが印象的でした。
640.jpg
主人公のふたりのうちセバスチャンを演じるのはライアン・ゴズリング。将来、ジャズバーを経営するのが彼の夢。そのため自身ジャズピアニストなのですが、お金のためにやりたくない仕事もこなす青年を好演しています。
358727_003.jpg
ヒロイン・ミアを演じるのはエマ・ストーン。スパイダーマンのヒロインとして出ていた頃は、正直ここまでの女優さんになるとは思っていませんでした。けど「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」でひと皮もふた皮もむけた女優さんになり、今回栄光を掴んだ感があります。まだ、28歳。これからも、良い作品に恵まれれば2度、3度もあるかもしれません。
何より、笑顔がとってもチャーミングな女優さんであります。
358727_002.jpg
夢に挫折しそうなジャズピアニスト。オーディションに落ちまくる女優の卵。かなった夢とかなわなかった夢、逃した幸福とつかんだ幸福。ラスト15分は”もしも”が走馬燈のように駆け巡り、涙がとまりませんでした。
358727_004.jpg
そして、最後のライアン・ゴズリングの微笑み。この微笑みは男しか分からないでしょうね。
14.jpg
お勧めの一作です!!

解説:『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。『ブルーバレンタイン』などのライアン・ゴズリングと『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのエマ・ストーンをはじめ、『セッション』でチャゼル監督とタッグを組んで鬼教師を怪演したJ・K・シモンズが出演。クラシカルかつロマンチックな物語にうっとりする。

あらすじ:何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。

【映画鑑賞記10/17’】咲 -Saki- [映画鑑賞]

「咲 -Saki-」を鑑賞。
171237_02.jpg
JK(女子高生)が麻雀を打つ、というのでテレビの深夜放送を録画して見ていたドラマの映画版。ドラマでは主人公が通う清澄高校の麻雀部員たちが全国大会出場を目指すため県大会出場に挑むまでを描いていましたが、映画では県大会での死闘がメインの物語になっています。
主人公・咲を演じるのは、注目の若手女優・浜辺美波。凛とした雰囲気を纏う美少女です。
普段は気が弱くて泣き虫なドジっ娘ですが、麻雀においては「見える」というほどの超人的な勘と運を持つ感性派の打ち手で、嶺上開花(リンシャンカイホウ)を得意としています。
a86da0cef174a6ed2dfd0ef089850a24.jpg
清澄高校の面々。左から原村和役の浅川梨奈、染谷まこ役の山田杏奈、片岡優希役の廣田あいかそして麻雀部部長・竹井久役の古畑星夏。制服がたまらんですね[わーい(嬉しい顔)]
9a9ead7cf4b05e617e572e841a74cbad.jpg
対する他校の打ち手も個性派揃い。結構、スポ根が入っていて、かつ、少年ジャンプ的な友情・努力・勝利の方程式もあって面白かったです。まー自分的にはグラビアアイドルとかが結構出演していたので目の保養にもなりました(笑)
9402db117c01686294154100e66fc07b.jpg
けど、この映画で一番輝いていたのは浅川梨奈ちゃんかな。アイドルグループ”SUPER☆GiRLS”所属の17歳。巨乳とツインテールが特徴の美少女なのよ[ハートたち(複数ハート)]
c40f8fc8d30ac262748b21fe49d64fd1.jpg
しかも、童顔。童顔巨乳は反則であります。
723x1024xe8c697547ad450cd5fd2253.jpg
大概の男子は巨乳好きですからね(笑)
IMG_0002.JPG

解説:麻雀に打ち込む女子高生たちの姿を描く小林立による青春スポ根漫画を実写映画化。プラスマイナスゼロで終局する能力を持つ主人公・宮永咲ら清澄高校麻雀部のメンバーが、全国大会出場を目指して強敵たちに挑む。メガホンを取るのは、『童貞放浪記』などの小沼雄一。『君の膵臓をたべたい』などの浜辺美波が主演を務めるほか、『14の夜』などの浅川梨奈、グラビアアイドルの武田玲奈や星名美津紀、テレビドラマ「デスノート」などの佐野ひなこ、『GANTZ』シリーズなどの夏菜らが出演している。

あらすじ:清澄高校、龍門渕高校、風越女子高校、鶴賀学園が全国大会出場を目指し激突する全国高校麻雀大会・長野県予選の決勝戦。1年生大将の宮永咲(浜辺美波)、全国中学生麻雀大会覇者の原村和(浅川梨奈)ら清澄高校の麻雀部員は、さまざまな思いを胸に決戦の場に向かう。全国大会出場を目指して意気込む彼女たちの前に、驚異的な才能を持つ強敵が立ちはだかり……。

【映画鑑賞記9/17’】破門 ふたりのヤクビョーガミ [映画鑑賞]

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」を鑑賞。
20170130152257.jpg
黒川博行の直木賞受賞作「破門」の映画化作品。大好きな作家なので、映像化は嬉しい反面不安もあるのが事実。ただ、「破門」は過去にテレビで映像化されていて、その時はヤクザの桑原を北村一輝、建設コンサルタントの二宮役を濱田岳が演じていましたが、映画では佐々木蔵之介と関ジャニの横山裕が演じています。
個人的には桑原=北村一輝、二宮=横山裕かな。それでも、佐々木蔵之介は迫力がありますね。
喧嘩をふっかけたりブチ切れたりして乱闘するシーンがけっこう多くありました。見た目も髪をガッチリ固めて銀縁メガネにスーツというインテリヤクザスタイルが似合っています。
無題.png
大阪、マカオと持ち逃げされ映画製作出資金の資金回収そしてヤクザ間のトラブルに巻き込まれるさまを描いていますが、派手な喧嘩のシーンの中にも大阪のノリ突っ込みが随所に盛り込まれ、笑いもありましたよ。
こちらが、お金を持ち逃げする方々。胡散臭い映画プロデユーサーを橋爪巧、愛人役を橋本マナミが演じています。橋本マナミは愛人役が似合います^^
354531_008.jpg
二宮のいとこ役の悠紀として北川景子が出演。出身が兵庫なので関西弁のお芝居がハマってましたよ。それにしても、綺麗な方です[揺れるハート]
354531_006.jpg
原作に忠実で楽しめましたが、ただ、原作と反して疫病神をヤクビョーガミという表現をつかってるのは若干安っぽく見えたかな。そこが、唯一残念でありました。

解説:黒川博行の直木賞受賞作「破門」を、佐々木蔵之介と関ジャニ∞の横山裕の主演で映画化したハードボイルドアクション。映画製作出資金を持ち逃げされたこわもてヤクザと建設コンサルタントが、詐欺師を追って資金回収に奮闘する中、組同士のトラブルに巻き込まれていくさまを描く。監督は、『マエストロ!』などの小林聖太郎。主演の佐々木と横山をはじめ、北川景子、橋爪功、國村隼らによる掛け合いにも注目。

あらすじ:建設現場での暴力団対策の仕事を通じてヤクザの桑原保彦(佐々木蔵之介)と知り合った建設コンサルタントの二宮啓之(横山裕)は、ある日桑原のいる二蝶会に映画製作企画を仲介する。しかし企画を持ち込んだ映画プロデューサーの小清水(橋爪功)は、二蝶会が用意した出資金を持ったまま姿をくらます。桑原は二宮を巻き込んで小清水を追い、関西からマカオまで資金回収に奔走するが……。
前の10件 | - 映画鑑賞 ブログトップ