So-net無料ブログ作成
検索選択
映画鑑賞 ブログトップ
前の10件 | -

【映画鑑賞記25/17’】LOGAN/ローガン [映画鑑賞]

「LOGAN/ローガン」を鑑賞。
171289_02.jpg
ヒュー・ジャックマン演じる”ローガン”。ヒーローとして一時代を築いたと言っても過言ではないX-MENのウルヴァリンも本作で見納めになります。
時は2029年。彼がもはや不死身のヒーローでなくなっているのは序盤から分かります。治癒能力は衰え、猛々しかった爪も今では弱々しい。しかも、老眼鏡までかけています。
359476_001.jpg
けど、それ以上に衝撃的だったのはプロフェッサーX。隠れ家で要介護暮らしで、時々、意味不明のことを口走ったり、自らを制御できず衝撃波を放ったりもする始末。
359476_007.jpg
能力者といっても歳をとるのも事実。しかし、こういった時に新しい風が現れるのは「X-MEN」の世界、日本の将棋会でも同じ(笑)
ローガン=ウルヴァリンのDNAを受け継ぐひとりの少女が現れるのです。
359476_006.jpg
愛を知らず、あらゆるものに敵意を剥き出しにする少女が少しずつ変わりゆく様はローガンの過去と重なります。
359476_005.jpg
ここ最近のウルヴァリンシリーズは色物ぽかったけど、本作は久々に重厚感があって面白かったです。
「X-MEN」シリーズからローガン=ウルヴァリン=ヒュー・ジャックマンがいなくなるのは寂しい限りですが、シリーズに新しい風を吹き込むニューヒロインに期待したいですね。

解説:『X-MEN』シリーズのウルヴァリンが、傷つきながらもミュータント存亡の危機を救おうと突き進む姿を描くアクション大作。超金属の爪と超人的な治癒能力を持つ不老不死のヒーロー、ウルヴァリンが老いて傷跡残る体で、ミュータントの未来の鍵を握る少女を守るべく戦う姿を活写する。主演をシリーズ同様ヒュー・ジャックマンが務め、監督を『ウルヴァリン:SAMURAI』などのジェームズ・マンゴールドが担当。能力を失ったウルヴァリンの衝撃の姿と壮絶なバトルに注目。

あらすじ:近未来では、ミュータントが絶滅の危機に直面していた。治癒能力を失いつつあるローガン(ヒュー・ジャックマン)に、チャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)は最後のミッションを託す。その内容は、ミュータントが生き残るための唯一の希望となる少女、ローラ(ダフネ・キーン)を守り抜くことだった。武装組織の襲撃を避けながら、車で荒野を突き進むローガンたちだったが……。

【映画鑑賞記24/17’】マンチェスター・バイ・ザ・シー [映画鑑賞]

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を鑑賞。
172223_02.jpg
ケイシー・アフレック演じる主人公リー。兄の死によって故郷マンチェスターで暮らす甥パトリックの後見人になりますが、その故郷でリーは過去に起因する深い喪失の傷を負っています。
359226_002.jpg
リーとパトリックの関係性と共に、彼の深い傷の原因と故郷に居場所をなくしてしまった原因は物語が進むにつれて明かされていきますが、全体的に淡々と進行する話の流れにいつの間にか引き込まれてしまいました。
359226_001.jpg
主人公リーを演じたのはケイシー・アフレック。この作品で今年のアカデミー賞主演男優賞を受賞。しかし、受賞前に明るみに出た彼のDV問題で授賞式ではブーイングもあったそうです。
ただ、本作ではダメダメの叔父さんを好演していました。
359226_004.jpg
16歳の甥パトリック役はルーカス・ヘッジ。思春期のパトリックとリーはぶつかり合いながらも徐々に心を通じ合っていきます。二人の心理描写が上手く描かれていました。
359226_006.jpg
映画史上最も影が薄い主人公と言っても過言ではないリーを薄さ全開で演じたケイシー・アフレック。その丸まった背中はたまらなく愛おしかったですし、マンチェスターの薄暗い海と凍てつくような風景の色彩映像はこの作品に深みを与えていましたね。
359226_008.jpg
ちなみに、恵比寿ガーデンプレイスにある映画館で観たのですが、非常に観易くて綺麗なミニシアターでした。また、興味がある作品が上映されたら優先して来たいですね。

解説:マット・デイモンがプロデューサー、ケイシー・アフレックが主演を務め、数々の映画賞を席巻した人間ドラマ。ボストン郊外で暮らす便利屋が兄が亡くなったのを機に帰郷し、16歳のおいの世話をしつつ自身が抱える過去のトラウマと向き合う姿が描かれる。メガホンを取るのは、『ギャング・オブ・ニューヨーク』などの脚本を担当してきたケネス・ロナーガン。共演には『ブルーバレンタイン』などのミシェル・ウィリアムズ、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などのカイル・チャンドラーらが名を連ねる。

あらすじ:ボストン郊外で便利屋をしている孤独な男リー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の急死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。兄の死を悲しむ暇もなく、遺言で16歳になるおいのパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を引き受けた彼は、おいの面倒を見るため故郷の町に留まるうちに、自身が心を閉ざすことになった過去の悲劇と向き合うことになり……。

【映画鑑賞記23/17’】メッセージ [映画鑑賞]

メッセージ」を鑑賞。
171303_03.jpg
「ボーダーライン」「複製された男」「プリズナーズ」など独特の世界観を持つドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品。僕も大好きな映画監督であります。
今回、彼が取り上げたのはテッド・チャンのSF短編小説「あなたの人生の物語」。
ある日地球上の何カ所かに(日本の北海道にも)、突然黒い卵形の宇宙船が降り立ちます。
358130_006.jpg
奇妙な音や文字を発信する彼らと交信するために、軍の依頼を受けたのが、エイミー・アダムス扮する言語学者ルイーズ。女性が主人公というところがこの作品のキーですね。
358130_001.jpg
彼女が宇宙人と接する様は、彼女の過去の事件から母性というものがにじみ出ています。好戦的な態度よりも心の寛容性を前面に押し出した彼女のアプローチで宇宙人たちは・・・
また、タイムトラベル的な要素もあって不思議な感覚でみせてくれます。
358130_004.jpg
しかし、ここで描かれる宇宙人、宇宙船も斬新でした。美術さんの頑張りが出ていましたね。
共演はジェレミー・レナー。今回は脇役に徹していました。
358130_002.jpg
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の次回作「ブレードランナー 2049」。期待が高まりますね!

解説:テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にしたSFドラマ。球体型宇宙船で地球に飛来した知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を見つめる。メガホンを取るのは、『ボーダーライン』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ。『ザ・マスター』などのエイミー・アダムス、『アベンジャーズ』シリーズなどのジェレミー・レナー、『ラストキング・オブ・スコットランド』などのフォレスト・ウィテカーらが結集する。

あらすじ:巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は宇宙船に乗ってきた者たちの言語を解読するよう軍から依頼される。彼らが使う文字を懸命に読み解いていくと、彼女は時間をさかのぼるような不思議な感覚に陥る。やがて言語をめぐるさまざまな謎が解け、彼らが地球を訪れた思いも寄らない理由と、人類に向けられたメッセージが判明し……。

【映画鑑賞記22/17’】美女と野獣 [映画鑑賞]

美女と野獣」を鑑賞。
168785_04.jpg
ディズニーアニメの中でもトップレベルの人気を誇る「美女と野獣」が実写化。
それでもやはり、鉄板のディズニー映画は観ていて安心ですね。
201704130000000view.jpg
その第一の要因はヒロイン・ベルを演じたエマ・ワトソンですね。
358506_002.jpg
ハリポタの美少女ハーマイオニー役から大人の女性に成長した姿がスクリーンにありました。
こんなにイエローが映える、いわゆるベル・カラーが映える女優さんは見たことがありませんね。
358506_004.jpg
オスカーに輝いた主題歌。そしてベルと野獣のダンスシーンの流麗なカメラワークは実写ならではのきらびやかさでより壮麗に表現されていましたね。
358506_003.jpg
HCくんが好きな俳優ルーク・エヴァンスが嫌われ役で出ていましたが存在感は抜群でした。
358506_005.jpg
また、エマ・ワトソンって結構歌が上手いのね、と感じさせる安心安全の一作でした。

解説:ディズニーが製作した大ヒットアニメ『美女と野獣』を実写化した、ファンタジーロマンス。美しい心を持った女性ベルと野獣の恋の行方を見つめる。メガホンを取るのは、『ドリームガールズ』や『トワイライト』シリーズなどのビル・コンドン。『コロニア』などのエマ・ワトソン、『クリミナル・ミッション』などのダン・スティーヴンス、『ドラキュラZERO』などのルーク・エヴァンスらが顔をそろえる。幻想的なビジュアルに期待が高まる。

あらすじ:進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル(エマ・ワトソン)。ある日、彼女は野獣(ダン・スティーヴンス)と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹(ひ)かれていくベル。一方の野獣は……。

【映画鑑賞記21/17’】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス [映画鑑賞]

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」を鑑賞。
168786_02.jpg
今年楽しみにしていた映画であります。
マーベル・シネマティック・ユニバースの中でもヒーローの資質が問われる“落ちこぼれ軍団”。けど強力な個性派集団の彼らは本作でも大暴れ、かつ、泣かせてくれました。
guardians-of-the-galaxy-2-poster.jpg
冒頭からELOのブルースカイにあわせ怪獣退治にはげむガーディアンズの面々。ノリノリの楽曲の中でひとり踊るベビー・グルートにはほんわかしましたよ♪
images.jpg
今回はアクションの凄さは前作以上。テーマ的にはファミリー。特に父と子についてスポットをあてています。といいながらも、ギャグ的要素もふんだんに入れていて内容が濃い作品でした。
images0.jpg
主人公ピーター・クイルを演じるのは前作同様クリス・プラット。彼も売れっ子になりました^^
images7.jpg
凶暴なアライグマも健在(笑)
359505_005.jpg
本作の影の主役はピーターの育ての親で宇宙海賊ラヴェジャーズのリーダー・ヨンドゥを演じるマイケル・ルーカーでしょう。その怪演ぶりは凄かったです。
imagesLF5OQ3XN.jpg
他のメンバーもそれぞれの役割と魅力を十二分に発揮していました。
359505_001.jpg
あと、サプライス(なのか?)でシルベスター・スタローンが登場したのがビックリ[exclamation]今後のシリーズに彼がどう関わっていくか楽しみであります。
imagesNRPIEEKH.jpg
そしてガーディアンズ・オブ・ギャラクシーで忘れてはならないのが、楽曲の素晴らしさ。今回は前回よりもマニアックで知らない曲もありましたが選曲のセンスは抜群でしたね。
images3.jpg
01. Electric Light Orchestra – Mr. Blue Sky
02. The Sweet – Fox on the Run
03. Aliotta Haynes Jeremiah – Lake Shore Drive
04. Fleetwood Mac – The Chain
05. Sam Cooke – Bring It on Home to Me
06. Glen Campbell – Southern Nights
07. George Harrison – My Sweet Lord
08. Looking Glass – Brandy (You're a Fine Girl)
09. Jay & The Americans – Come a Little Bit Closer
10. Silver – Wham Bam Shang-A-Lang
11. Cheap Trick – Surrender
12. Cat Stevens – Father and Son
13. Parliament – Flash Light
14. The Sneepers – Guardians Inferno (feat. David Hasselhoff)
期待していたどおりの面白さでしたし、続編も決定しているので次回作がとっても待ち遠しいです[わーい(嬉しい顔)]

解説:1970年代を中心にヒットした数々のナンバーに乗せ、異色ヒーロー集団が大暴れする『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の第2弾となるSFアクション。銀河の平和に尽力する個性派チームの活躍を描き出す。リーダーのトレジャーハンターを、前作同様『マグニフィセント・セブン』などのクリス・プラットが好演。激しいアクション、つぶらな瞳の“ベビー・グルート”の活躍に注目。

あらすじ:ピーター(クリス・プラット)は“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のまとめ役として、刑務所で出会ったくせ者たちを率いている。宇宙一荒っぽいアライグマのロケットは、ブツブツ文句を言いながらも小さな相棒ベビー・グルートと共に銀河の平和を守るために奮闘。緑色の肌を持つ美しい暗殺者ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)らと共に行動し……。

【映画鑑賞記20/17’】帝一の國 [映画鑑賞]

「帝一の國」を鑑賞。
171926_03.jpg
今一番勢いがある若手俳優・菅田将暉主演の学園コメディー。けどちょっと菅田くんって忙しすぎない?お父さん目線で心配してしまいます(笑)
358947_015.jpg
物語は、国内屈指の名門校である海帝高校で生徒会長の座に就いた人物には、将来の入閣が約束されていて、その生徒会長の座を巡っての学園ドタバタコメディ。
結構、笑えますし、その中にも友情や恋愛も描かれていて面白かったです。
また、キャストも菅田くんに並び今旬な若手俳優が勢ぞろい。この中から、将来の佐藤浩市、堤真一、役所広司など重厚な演技ができる俳優さんに誰が育っていくか、観ていて楽しみでもありました。
ライバル役の野村周平。ぶっ飛んだ役どころでしたね。
358947_002.jpg
ライバルですがさわやか役の竹内涼真。NHK朝ドラ「ひよっこ」にも出演中で、今注目されていますね。
358947_003.jpg
先輩役の間宮祥太朗。彼もぶっ飛んでました。
358947_005.jpg
優等生役の千葉雄大。既にテレビドラマなどで活躍中の彼ですが、結構好きな俳優さんです。
358947_006.jpg
紅一点は永野芽郁。UQモバイルのCMなどに出演しているので顔は知っている方もいるのではないでしょうか?菅田くんの恋人役です。
358947_008.jpg
原作は古屋兎丸の人気漫画。予備知識なしで観たのですが、年齢性別関係なく楽しめる一作でした。
358947_016.jpg

解説:『共喰い』『溺れるナイフ』などの菅田将暉を主演に迎え、古屋兎丸の人気漫画を映画化した学園コメディー。日本で一番有名な高校で、生徒会長の座をめぐって勃発する激しいバトルを衝撃のギャグ満載で活写する。共演は野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大ら。彼らが演じる個性的なキャラクターによる演技合戦、型破りな物語が熱い。

あらすじ:国内屈指の名門校である海帝高校で生徒会長の座に就いた人物には、将来の入閣が約束されていた。首席で入学を果たした新入生の赤場帝一(菅田将暉)には、いつか総理大臣になって己の国を作り上げるという大きな野望があった。彼は2年後に控えた生徒会長選を見据え、全国から集まったトップエリート800人の高校生相手に戦いを挑む。

【映画鑑賞記19/17’】ワイルド・スピード ICE BREAK [映画鑑賞]

ワイルド・スピード ICE BREAK」を鑑賞。
169405_03.jpg
今年楽しみにしていた映画は2本ありました。ひとつは本作「ワイルド・スピード ICE BREAK」。もう一作は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」。
先に公開された本シリーズを公開二日目に観てきましたよ^^
今回はヴィン・ディーゼルふんする主人公ドミニクの裏切りから話がはじまります。
裏切りの端緒になるのはオスカー女優・シャリーズ・セロン。本シリーズ初登場ですが、存在感はさすがでした。
359052_004.jpg
ドミニク以外のメンバーは従来どおり。けど、ポール・ウォーカー演じるブライアンがいない・・・
シリーズ当初からヴィン・ディーゼルとW主演でしたが、2013年自動車事故により他界。前作のラストは涙がとまりませんでしたが、本作ではどこかの国で妻ミアと幸せに過している設定でありました。
359052_002.jpg
そして今回の見所は”昨日の敵は今日の友”。詳しくはネタばれになるので言えませんが、笑いも含めての設定には楽しめましたよ。
359052_003.jpg
カーアクションは相変わらずの凄さ。一作一作ブラッシュアップしていくのは凄いの一言。
359052_001.jpg
作品全般を通して、亡くなったポール・ウォーカーに対するリスペクトが感じられました。
最後にドミニクが放った言葉には涙がちょちょ切れました[もうやだ~(悲しい顔)]

解説:世界的なヒットを記録したカーアクション『ワイルド・スピード』シリーズの第8弾。ヴィン・ディーゼルふんする主人公ドミニクの裏切りによって、強固な絆で結ばれていたファミリーが崩壊の危機にひんするさまを描く。ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲスといった続投組のほか、オスカー女優のシャーリーズ・セロンとヘレン・ミレン、クリント・イーストウッドの息子スコット・イーストウッドら豪華キャストが新たに参戦。意表を突く波乱の展開に加え、巨大潜水艦まで登場する氷上カーチェイスにも注目。

あらすじ:誰よりも仲間を愛し大切にしてきたドミニク(ヴィン・ディーゼル)の裏切りにより、彼らの結束は崩れようとしていた。だが、彼の行動には謎のサイバーテロリスト(シャーリーズ・セロン)が関与していることがわかる。レティ(ミシェル・ロドリゲス)やローマン(タイリース・ギブソン)らはドミニクを取り戻すため、最大の敵デッカート・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と手を組むが……。

【映画鑑賞記18/17’】ムーンライト [映画鑑賞]

ムーンライト」を鑑賞。
172165_03.jpg
アカデミー賞授賞式のまさかの発表間違い騒動はあったもの本命「ラ・ラ・ランド」を破り見事作品賞に輝いた作品。
けどね、多くの人が思い浮かべるアカデミー作品賞に選ばれた名作とはちょっと趣きが違います。
HCくんの「ラ・ラ・ランド」愛がそう言わせているのでは決してありません。
「ラ・ラ・ランド」がアメリカのファンタジーだとすると、「ムーンライト」はアメリカの現実を描いた物語で作品賞に相応しいクオリティと物語に仕上がっています。ただ正直、トランプ政権になったから受賞できた作品だとも思います。
物語はマイアミの貧しい地区で暮らす少年シャロンの姿を、少年期、高校時代、そして成人してからの3つの時代を通して描いています。
358996_003.jpg
前半はストリートで生きる薄幸な少年と麻薬ディラー・ファンを演じるマハーシャラ・アリの交流が描かれています。この感じで、物語が進んでいくのかな?と思ったら高校時代、成人の章でガラッと変わってしまいます。
ちなみに、マハーシャラ・アリはこの作品でアカデミー助演男優賞を受賞しています。
640.jpg
ガラッと変わった先はトランスジェンターにシフトしたこと。同性愛は否定しませんが、物語の大きなチェンジには、ちょっとついていけませんでしたね。
358996_005.jpg
ただ、冒頭とはまったく別の物語に衣替えを果たす手法には制作陣の意思を強く感じました。

解説:ブラッド・ピットが製作陣に名を連ね、さまざまな映画祭・映画賞で高評価を得たドラマ。マイアミの貧困地域に生きる少年が成長する姿を、三つの時代に分けて追う。監督は、短編やテレビシリーズを中心に活躍してきたバリー・ジェンキンズ。『マンデラ 自由への長い道』などのナオミ・ハリス、『グローリー/明日への行進』などのアンドレ・ホランドらが出演。逆境の中で懸命に生きる主人公に胸を打たれる。

あらすじ:マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している母親ポーラ(ナオミ・ハリス)と暮らす少年シャロン(アレックス・R・ヒバート)。学校ではチビと呼ばれていじめられ、母親からは育児放棄されている彼は、何かと面倒を見てくれる麻薬ディーラーのホアン(マハーシャラ・アリ)とその妻、唯一の友人のケビンだけが心の支えだった。そんな中、シャロンは同性のケビンを好きになる。そのことを誰にも言わなかったが……。

【映画鑑賞記17/17’】キングコング:髑髏島の巨神 [映画鑑賞]

キングコング:髑髏島の巨神」を鑑賞。
169542_02.jpg
怪獣映画と言えば真っ先に思い出すのは日本ではゴジラ、アメリカではキングコングではないでしょうか。
どちらも映画的な歴史も古くリメイクや続編が多々出ています。
今回は舞台を神話上の謎の島・髑髏島に設定し、そこで巨大な神として君臨するキングコングと島に潜入した調査隊そしてキングコングを目の敵とする怪獣との死闘が描かれています。
358653_010.jpg
物語は上述したとおうりいたってシンプル。キングコングに対して近代兵器で攻撃をしかける人間と髑髏島に潜む異型の怪獣達の肉弾戦が中心。
201703230000000view.jpg
358653_019.jpg
主演はトム・ビドルストン、「ルーム」でオスカー女優となったブリー・ラーソンそしてサミュエル・L・ジャクソン。
358653_031.jpg
ブリー・ラーソンはカメラマン役で出演。
358653_008.jpg
サミュエル・L・ジャクソンが出てるとアベンジャーズかと思ってしまう今日この頃(笑)
358653_009.jpg
髑髏島の設定だけあって髑髏がゴロゴロしています[がく~(落胆した顔)]
358653_033.jpg
しかし、このキングコングはリアリティがあって迫力がありました。
358653_024.jpg
ちなみに、制作会社のレジェンダリーはキングコングを中心とした「モンスターバース」というシリーズ化を目論んでいるらしいです。そうなれば、マーベルの「アベンジャース」、DCコミックの「ジャスティスリーグ」に続く第三のヒーロー(?)物になりそうですね。

解説:キングコングを神話上の謎の島に君臨する巨大な神として描いたアドベンチャー大作。島に潜入した調査隊が正体不明の巨大生物と遭遇し、壮絶な死闘を繰り広げる。監督は、主にテレビシリーズに携ってきたジョーダン・ヴォート=ロバーツ。調査遠征隊のリーダーを『マイティ・ソー』シリーズなどのトム・ヒドルストンが演じるほか、『ルーム』などのブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンらが共演。巨大な体でリアルな造形のキングコングの迫力に圧倒される。

あらすじ:コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。

【映画鑑賞記16/17’】パッセンジャー [映画鑑賞]

「パッセンジャー」を鑑賞。
171295_01.jpg
広い宇宙船の中で繰り広げられるSF&ロマンス。
宇宙船で冬眠中、故障で目的地に到着する90年前に冬眠から覚めた男ジム。
そして、これまた目覚めた女オーロラ。
359024_001.jpg
この二人を中心に物語りは淡々と進みます。何故、ジムとオーロラは目覚めてしまったのか?
二人っきりの宇宙船で生きる男女に恋は生まれるのか?
そして、宇宙船は目的地にたどり着くことが出来るのか?
SFとロマンスの他にミステリー的な要素も含まれていて見応えのある作品になっています。
ネタバレの危険性があるので詳しく書けません・・・ 宇宙船のエンジニア・ジムを演じるのはクリス・プラット。ある意味、苦悩する男の役を熱演しています。
今月末に公開される「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編も楽しみです!
359024_005.jpg
オーロラを演じるのはオスカー女優ジェニファー・ローレンス。今、ハリウッドで一番ギャラが高い女優と言われています。自分が起きてしまった理由を知ったときの演技の迫力はさすがの一言です。
359024_004.jpg
色々と突っ込みどころもありますが、宇宙船内部や宇宙空間の映像が物凄く綺麗だったのが好印象でした。

解説:航行中の宇宙船を舞台に、目的地到着前に目覚めてしまった男女の壮絶な運命を描くSFロマンス。宇宙空間で生き残るすべを模索する男女を、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などのクリス・プラットと『世界にひとつのプレイブック』などのオスカー女優ジェニファー・ローレンスが演じる。『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのモルテン・ティルドゥムが監督を務め、『プロメテウス』などのジョン・スペイツが脚本を担当。

あらすじ:近未来、5,000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、人々の移住地に向かうべく地球を出発。到着までの120年、冬眠装置で眠る乗客のうちエンジニアのジム(クリス・プラット)と作家のオーロラ(ジェニファー・ローレンス)だけが、予定より90年も早く目覚めてしまう。絶望的な状況を打破しようとする二人は、次第に思いを寄せ合うものの、予期せぬ困難が立ちはだかり……。
前の10件 | - 映画鑑賞 ブログトップ