So-net無料ブログ作成
検索選択
読書日記 ブログトップ
前の10件 | -

【読書日記6/17’】煽動者@ジェフリー・ディーヴァー [読書日記]

ジェフリー・ディーヴァー著「煽動者」を読了。
51-3CLnZd3L__SY346_.jpg
最近海外ミステリーはジェフリー・ディーヴァーくらいしか読まなくなりました。
66歳になってもその創作意欲はつきることなく、毎年一冊ペースで彼の代表作リンカーン・ライム・シリーズとこのキャサリン・ダンス・シリーズを出しています。
彼の作品はそのプロット、スピーディーなストーリー展開そしてデェーヴァーといえば”どんでん返し”。
本作も最初から最後までディーヴァーに騙されちゃいました。
この「あ、やられた!」感がたまりませんのです。
今回は自分の手を汚すことなく大衆を煽ることでパニックを引き起こし殺人を行う”煽動者”を、キャサリン・ダンスが追うストーリーとなっています。
またその他に別の事件が絡んできて・・・
そしてダンスの恋話もあって、いつも以上に盛り沢山の内容になっています。
今回も読者が登場人物と同じように騙されます。
この手法は彼にしか出来ない必殺技ですね。

あらすじ:“人間嘘発見器”キャサリン・ダンス捜査官が「無実だ」と太鼓判を押した男が、実は麻薬組織の殺し屋だとする情報が入った。殺し屋を取り逃がしたとして、ダンスは麻薬組織合同捜査班から外され、民間のトラブルを担当する民事部に異動させられた。そこは拳銃の携帯も許されない窓際―彼女に割り当てられたのは満員のコンサート会場で観客がパニックを起こして将棋倒しとなり、多数の死傷者が出た一件だった。だが現場には不可解なことが多すぎた。観客は会場の外で焚かれた炎の煙で火事だと誤解し、殺到した非常口はトラックに塞がれていたのだ。この惨事は仕組まれたものではないか?人々を煽動し、死へと走らせる何者かがいる。独自の捜査を開始したダンスだったが、犯人はまたもや死の煽動工作を実行した!卑劣きわまりない愉快犯。そして麻薬組織の殺し屋をめぐる捜査。尋問の天才キャサリン・ダンスを二つの難題が追いつめる。二度読み必至、読者に背負い投げを食わせる好評シリーズ第四弾!
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【読書日記5/17’】罪の声@塩田武士 [読書日記]

塩田武士著「罪の声」を読了。
516LB3hK1aL__SX358_BO1,204,203,200_.jpg
昭和の未解決事件「グリコ・森永事件」をモチーフとした小説
当時、あれだけ騒がれたにもかかわらず、薄ぼんやりとしか記憶にありませんでしたが、あの事件にはこんな裏話もあったのかと驚かされました。
当然、小説ですからフィクションとノンフィクションの線引きはあると思います。ただ、当時の大阪府警と犯人達のやりとりなどはまさに実話、実録といった雰囲気で取材をよくやっているな、と感じました。
ただ、途中無駄なエピソードが2、3入っていたりと構成がイマイチだったかな。そこらを、そぎ落とすともっと重厚で読み応えがある作品になっていたと思います。
ただ、著者の塩田武士は若干37歳の若手。これからが、楽しみな作家です。

あらすじ:逃げ続けることが、人生だった。家族に時効はない。今を生きる子供たち」に昭和最大の未解決事件「グリ森」は影を落とす。 「これは、自分の声だ」 京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった――。 未解決事件の闇には、犯人も、その家族も存在する。 圧倒的な取材と着想で描かれた全世代必読! 本年度最高の長編小説。 昭和最大の未解決事件―「ギンガ萬堂事件」の真相を追う新聞記者と「男」がたどり着いた果てとは――。 気鋭作家が挑んだ渾身の長編小説。
nice!(18)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【読書日記4/17’】涙香迷宮@竹本健治 [読書日記]

竹本健治著「涙香迷宮」を読了。
51ZEnLiO9QL__SX337_BO1,204,203,200_.jpg
「このミステリーがすごい!2017」(以下、このミス)で見事1位を獲得した作品。
竹本健治の作品を読むのは彼のデビュー作「匣の中の失楽」以来だから30数年ぶりに読んだことになります。
このミスの1位作品は毎年読んでいますが、今回は正直ちょっとついていけませんでした・・・
確かにいろは歌と暗号は凄いと思います。どうしたらこんなこと思いつくの、と感嘆してしまいます。
けど、なんか全体的にマニアック過ぎて、著者の自己満足的な部分しか読めなかったな。途中、あきらめ~本になりかけたけど、なんとか読了できました。
収穫だったのは、黒岩涙香という明治から大正にかけて翻訳家、作家として傑出した人物を知れたことだけかな。

あらすじ:明治の傑物・黒岩涙香が残した最高難度の暗号に挑むのは、IQ208の天才囲碁棋士・牧場智久! これぞ暗号ミステリの最高峰! いろは四十八文字を一度ずつ、すべて使って作るという、日本語の技巧と遊戯性をとことん極めた「いろは歌」四十八首が挑戦状。 そこに仕掛けられた空前絶後の大暗号を解読するとき、天才しかなし得ない「日本語」の奇蹟が現れる。 日本語の豊かさと深さをあらためて知る「言葉のミステリー」です。
nice!(19)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【読書日記3/17’】プレゼント@若竹七海 [読書日記]

若竹七海著「プレゼント」を読了。
51J26BA3PQL__SX230_.jpg
「さよならの手口」と先日紹介した「静かな炎天」が面白かったので、女探偵・葉村晶がはじめて登場する本作を手にとりました。
この作品では,葉村晶と小林警部補という二人の主人公が登場します。それぞれが事件を解決する短編が交互に提示され,最後の8つ目の短編で二人の共演が実現します。
本作での葉村晶はアルバイトを転々とするフリーター。最後のほうで探偵事務所就職し現在に至るってところでしょうか。
作品的にはちょっと読みにくかったですね。つまらなくはないけど、いまいち乗り切れない部分もありました。
けど、初期の作品ってのはだいたいこんな感じのモノが多いのも事実。
葉村晶のルーツがわかっただけ収穫がありました。

あらすじ:ルーム・クリーナー、電話相談、興信所。トラブルメイカーのフリーター・葉村晶と娘に借りたピンク子供自転車で現場に駆けつける小林警部補。二人が巻き込まれたハードボイルドで悲しい八つの事件とは。間抜けだが悪気のない隣人たちがひき起こす騒動はいつも危険すぎる。
nice!(16)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【読書日記2/17’】静かな炎天@若竹七海 [読書日記]

若竹七海著「静かな炎天」を読了。
5126mgSlzfL__SX343_BO1,204,203,200_.jpg
前作「さよならの手口」で著者・若竹七海と彼女が描く女探偵・葉村晶に出会ったことは、去年の大収穫でありましたし、傑作にふれた思いでありました。
本作「静かな炎天」はその有能だが不運すぎる女探偵・葉村晶が手がける六つの事件を収めた連作短編集です。
短編集と言えども侮ることなかれ。一編一編が珠玉の出来栄えになっています。
タイトルも、「青い影」「静かな炎天」「熱海ブライトン・ロック」「副島さんは言っている」「血の凶作」「聖夜プラス1」など、ロックテイストなタイトルあり古今のミステリーのオマージュもありと楽しい構成になっています。
ブッキシュ、シニカルそしてユーモアスな、著者しか描けない世界観の私立探偵小説で、お勧めの一冊です!

あらすじ: 第1話:バスとダンプカーの衝突事故を目撃した晶は、事故で死んだ女性の母から娘のバッグがなくなっているという相談を受ける。晶は現場から立ち去った女の存在を思い出す…「青い影~7月~」 第2話:・かつて息子をひき逃げで重傷を負わせた男の素行調査。疎遠になっている従妹の消息。晶に持ち込まれる依頼が順調に解決する真夏の日。晶はある疑問を抱く…「静かな炎天~8月~」 第3話:35年前、熱海で行方不明になった作家・設楽創。その失踪の謎を特集したいという編集者から依頼を受けた晶は失踪直前の日記に頻繁に登場する5人の名前を渡される。…「熱海ブライトン・ロック~9月~」 第4話:元同僚の村木から突然電話がかかってきた。星野という女性について調べろという。星野は殺されており、容疑者と目される男が村木の入院する病院にたてこもっていた。…「副島さんは言っている~10月~」 第5話:ハードボイルド作家・角田港大の戸籍抄本を使っていた男がアパートの火事で死んだ。いったいこの男は何者なのか?…「血の凶作~11月~」 第6話:クリスマスイブのオークション・イベントの目玉になる『深夜プラス1』初版サイン本を入手するため、翻弄される晶の過酷な一日を描く「聖夜プラス1~12月~」。 有能だが不運すぎる女探偵・葉村晶シリーズ第4弾。苦境にあっても決してへこたれず、ユーモアを忘れない、史上最もタフな探偵の最新作。〈甘いミステリ・フェア〉〈サマーホリデー・ミステリ・フェア〉〈風邪ミステリ・フェア〉〈学者ミステリ・フェア〉〈クリスマス・ミッドナイトパーティー〉など、各回を彩るユニークなミステリの薀蓄も楽しめます。好評の「富山店長のミステリ紹介ふたたび」も収録。
nice!(16)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【読書日記1/17’】転位宇宙@A・G・ドリル [読書日記]

A・G・ドリル著「転位宇宙」を読了。
5102XvpVyBL__SX336_BO1,204,203,200_.jpg
2017年最初の読書はアトランティス・ジーン・シリーズ3部作ラスト作品。
1作目はエスピオナージュ風からSF風まで、2作目はSF風から人類絶命そして3作目は宇宙に飛ぶ・・・なんてハチャメチャな展開でしょう。
結果、3作目そして今年の初読書にして”あきらめ~本”になりかけましたが、何とか読破できました。
著者は才能があると思うので、もう少しテーマを絞って、かつ、落ち着いて書けば、もっと面白い作品が書けると思うけどな。
次回作に期待します。

あらすじ:遺伝学者のケイトは、太古のアトランティス人科学者の記憶を用いて疫病の治療法を見いだした。だが、アトランティス軍人アレスの企みで、地球はふたたび破壊と混乱の渦に呑み込まれていく…!ケイトは恋人デヴィッドらとともに、過去にアトランティス文明を滅ぼし、いずれ地球を訪れて滅亡へと導く謎の存在の情報を得ようと、ポータルを使って宇宙へと旅立つことになるが…。驚異のSFスリラー三部作、堂々完結!
nice!(18)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【読書日記26/16’】Y@佐藤正午 [読書日記]

佐藤正午著「Y」を読了。
41UyjqpYVEL__SX339_BO1,204,203,200_.jpg
”もしもあのときこうしていたら・・・”こういった思いは誰もが一度は感じたことがあるのではないでしょうか。
本作はそれがテーマとなっていて、Yは分岐点を示しています。
そして、推理小説恋愛小説ミックスされた構成になっていて、かつ、パラレルワールドの世界観。読み応えがありました。
2016年は、佐藤正午の「鳩の撃退法」で始まり佐藤正午の「Y」で終わり。印象的な作家のひとりでしたね。

あらすじ:ある晩かかってきた一本の奇妙な電話。北川健と名乗るその男は、かつて私=秋間文夫の親友だったというが、私には全く覚えがなかった。それから数日後、その男の秘書を通じて、貸金庫に預けられていた一枚のフロッピーディスクと、五百万の現金を受け取ることになった私はフロッピーに入っていた、その奇妙な物語を読むうちにやがて、彼の「人生」に引き込まれていってしまう。この物語は本当の話なのだろうか?時間を超えた究極のラブ・ストーリー
nice!(15)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【読書日記25/16’】疫病神シリーズ 喧嘩@黒川博行 [読書日記]

黒川博行著「喧嘩」を読了。
51csxg2nEVL__SX351_BO1,204,203,200_.jpg
待望の疫病神シリーズ最新刊。「喧嘩」と書いて”すてごろ”と読みます。
前作で組を破門になったイケイケやくざの桑原(破門されたので元やくざですが)。そして、相変わらずの生活をしている相棒(?)二宮。
今回は、選挙戦の暗部に金の匂いを嗅ぎつけ大立ち回りを演じます。
毎度の事ながら、二人の会話の楽しさ、物語のスピード感、そして大阪の街と随所に出てくるグルメ店。絶妙な語り口はお見事です。
破門になって組の後ろ盾を失った桑原と何だかんだいいながら桑原についていきおこぼれを授かる二宮。
次回作も待ち遠しくてしょうがありません!

あらすじ:「売られた喧嘩は買う。わしの流儀や」建設コンサルタントの二宮は、議員秘書からヤクザ絡みの依頼を請け負った。大阪府議会議員補欠選挙での票集めをめぐって麒林会と揉め、事務所に火炎瓶が投げ込まれたという。麒林会の背後に百人あまりの構成員を抱える組の存在が発覚し、仕事を持ち込む相手を見つけられない二宮はやむを得ず、組を破門されている桑原に協力を頼むことに。選挙戦の暗部に金の匂いを嗅ぎつけた桑原は大立ち回りを演じるが、組の後ろ盾を失った代償は大きく―。腐りきった議員秘書と極道が貪り食う巨大利権を狙い、代紋のない丸腰の桑原と二宮の「疫病神」コンビ再び。
nice!(13)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【読書日記24/16’】ミスター・メルセデス@スティーヴン・キング [読書日記]

スティーヴン・キング著「ミスター・メルセデス」上下巻を読了。
51kN0kZZTUL__SX348_BO1,204,203,200_.jpg51x3m3aV8yL__SX346_BO1,204,203,200_.jpg
僕にとってスティーヴン・キングという作家は当たり外れが大きい作家ですが、←何を上から目線で本作は当たりも当たり大当たりでした。
早朝から職を求めて市民センターに集まった失業者めがけて、謎のメルセデスベンツが突進。阿鼻叫喚の中、多数の死傷者を出し、犯人のメルセデス・キラーは逃げ去ってしまう・・・
序章の数十頁で読者を掴むテクニックはさすがですね。
そして、何よりホラーの帝王、スティーヴン・キングがはじめて混じりっ気なしのミステリーを書いた、というところが新鮮で良かったです。
けど、メルセデス社から苦情が出なかったのかちょっと心配でもありました。
ちなみに、初のミステリーで、アメリカ探偵作家クラブがアメリカ最高のミステリーに与えるエドガー賞最優秀長編賞を受賞したキングの会心作でもあり、続編も予定されているようで楽しみであります。

あらすじ:かつて暴走車で多数の人々を無差別に死傷させて逃走した殺人鬼。いまそいつからの挑発の手紙が退職刑事ホッジズのもとに届いた。退職以来、生きる目的を見失っていたホッジズは、新たな犯行を阻止すべく猟犬魂を甦らせて立ち上がる……
nice!(20)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【読書日記23/16’】歌舞伎町ダムド@誉田哲也 [読書日記]

誉田哲也著「歌舞伎町ダムド」を読了。
無題44.png
前回紹介した「歌舞伎町セブン」の続編。
新宿歌舞伎町を守る裏の稼業人たち。今回は誉田哲也の代表作「ジウ」で描かれた組織・新世界秩序の残党と自らジウの後継者と名乗るダムドとの戦いを描いています。
人物的に東、陣内、ミサキ、姫川、作品的にもジウ、セブン、ストロベリー・ナイトなど、ある意味ひとつのサーガを生み出しそうなこのシリーズ。
誉田哲也がこれからどう仕掛けてくるか楽しみであります。

あらすじ:日本最大の歓楽街・新宿歌舞伎町。そこに、全裸の男女を凌辱し、惨殺することに快感を得る謎の男がいた。彼は七年前に起きた「歌舞伎町封鎖事件」でジウと出会い、自らもジウになろうとしていた。再び動き出す「新世界秩序」の陰謀、巻き込まれてゆく新宿署の東弘樹警部補、そして「歌舞伎町セブン」。『ジウ』『国境事変』『ハング』、そして『歌舞伎町セブン』、全ての物語がここに繋がる―!
nice!(13)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読書日記 ブログトップ