So-net無料ブログ作成
読書日記 ブログトップ
前の10件 | -

【読書日記8/18’】ファインダーズ・キーパーズ@スティーブン・キング [読書日記]

スティーブン・キング著「ファインダーズ・キーパーズ」上下巻を読了。
612gbUg0B5L.jpg5160bIYg5zL.jpg
スティーブン・キングって作家は、作品によって当たり外れがあります(個人的意見)。ページを捲る指が止まらないことや50ページも読めないことなど、過去に結構ありました。
その基準からいくと、本作は当たりです。シリーズ前作「ミスター・メルセデス」はキング初のミステリー。しかも、初ミステリーがエドガー賞(日本でいうところの江戸川乱歩賞か)を受賞する快挙。
その続編ですから期待していました。
退職刑事ホッジズとその仲間達が幻の小説に執着する犯罪者の魔手から、少年を守るといった話。ミステリーというより、冒険談的な感じですが、サクッと読めて面白かったです。
本作は、シリーズ三部作の真ん中の作品。本作の最後に次に繋がるフセンが貼られています。シリーズ最終巻はどうやらキングお得意のホラーの予感。
最終巻が楽しみだな。

内容:エドガー賞受賞『ミスター・メルセデス』続編 少年ピートが川岸で掘り出したのは札束と革張りのノートが詰まったトランクだった。父が暴走車によって障害を負ったピートの家では、毎晩のように両親がお金をめぐって喧嘩をしていた。このお金があれば、両親も、そして妹も幸せになれるに違いない。ピートはお金を小分けにして、匿名で自宅に郵送しはじめた…… そのカネは強盗モリスが奪ったものだった。アメリカ文学の傑作とされる小説を発表後、筆を断って隠棲する作家ロススティーン。その家を襲い、カネとノートを奪ったのだ。モリスにとって大事なのはカネだけではない。膨大な数のノート。そこには巨匠の未発表の文章が記されている。ロススティーンの小説に執着するモリスにとって、そのノートこそが何ものにも代えられない価値を持っているのだ…… 強盗と少年、徐々に近づいてゆく二人の軌跡が交差するとき何が起こるのか? スティーヴン・キングがミステリーに挑んだ傑作『ミスター・メルセデス』続編登場。幻の小説に執着する犯罪者の魔手から、退職刑事ホッジズと仲間たちは家族思いの少年ピートを守ることができるのか?

nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:

【読書日記7/18’】それまでの明日@原尞 [読書日記]

原尞著「それまでの明日」を読了。
51ITz5DQkuL.jpg
この日が来るのを待ってました。
実に14年間待ってました。
伝説の直木賞作家・原尞。
「愚か者死すべし」以来、14年の沈黙を破って原尞が「探偵・沢崎」とともに帰ってきました。
探偵・沢崎のシニカルな台詞、一行一行の重み、行間の凄み、どこを切り取ってもその筆力・文体には衰えを感じません。
また、探偵・沢崎も昔のまま。昭和の遺物みたいな感じですが、それがまたいい。まさに、原尞が心酔するレイモンド・チャンドラーへのオマージュとも言えますね。
そして、小説のラスト。本作の設定は2011年1月から3月。本のタイトルの意味が分かると共に、心と体が震えた一作でした。
原尞の作品を未だ読んだことのない方は、デビュー作「そして夜は蘇る」直木賞受賞作「私が殺した少女」の順で読むことをお勧めします。

内容:渡辺探偵事務所の沢崎のもとに望月皓一と名乗る金融会社の支店長が現われ、赤坂の料亭の女将の身辺調査をしてくれという。沢崎が調べると女将は去年亡くなっていた。顔立ちの似た妹が跡を継いでいるというが、調査の対象は女将なのか、それとも妹か? しかし当の依頼人が忽然と姿を消し、沢崎はいつしか金融絡みの事件の渦中に。切れのいい文章と機知にとんだ会話。時代がどれだけ変わろうと、この男だけは変わらない。14年もの歳月をかけて遂に完成した、チャンドラーの『ロング・グッドバイ』に比肩する畢生の大作。

nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:

【読書日記6/18’】ホワイトラビット@伊坂幸太郎 [読書日記]

伊坂幸太郎著「ホワイトラビット」を読了。
41ycO3Hbm0L__AC_US200_.jpg
人気作家・伊坂幸太郎の新作。「このミステリーがすごい!」2018年版で国内ランキング2位にランクされていたので購読しました。
仙台で発生した人質立てこもり事件。それに対処するため出動した特殊捜査班、詐欺師の家から名簿を奪おうとする泥棒三人組。二転三転しながら読者を引き込んでいく手法はさすがの一言。
伊坂ワールド全開の一作ですね。

内容:楽しさを追求したら、こういう小説になりました。最新書き下ろし長編は、予測不能の籠城ミステリーです! 仙台の住宅街で発生した人質立てこもり事件。SITが出動するも、逃亡不可能な状況下、予想外の要求が炸裂する。息子への、妻への、娘への、オリオン座への(?)愛が交錯し、事態は思わぬ方向に転がっていく――。「白兎事件」の全貌を知ることができるのはあなただけ! 伊坂作品初心者から上級者まで没頭度MAX! あの泥棒も登場します。

nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:

【読書日記5/18’】盤上の向日葵@柚月裕子 [読書日記]

柚月裕子著「盤上の向日葵」を読了。
004999.jpg
今、空前の将棋ブームではないでしょうか。
羽生さんの国民栄誉賞、加藤ひふみんさんのタレント広報活動そして新天才・藤井さんの登場。
そんなときに出版された本作はタイムリーな一作と言えますね。
ただし、ただの将棋ミステリーに終わらせないところが、著者・柚月裕子の凄さ。
物語は二つの時代が交差しながら進みます。
平成六年、山形県天童市。注目の若手棋士同士による対局の会場に二人の刑事がやってきます。実はその約四か月前、埼玉県の山中で身元不明の白骨死体が発見。一緒に埋められていたのは名匠作の伝説の将棋駒。かつて棋士を目指していた佐野巡査は、県警捜査一課のベテラン刑事、石破と組んで駒の持ち主をつきとめるべく、地べたを這うような捜査を進めます。
そして、同時に進行するのは昭和四十六年から始まる一人の少年、桂介の物語。長野県諏訪市に暮らす彼は幼いうちに母を亡くし、父親からは虐待を受けて育ちます。彼を気にかけていた元教師がその人並みならぬ将棋の才能に気づき、東京へ出てプロを目指すよう助言しますが、桂介は父親から逃げられません・・・
二人の刑事による地道な捜査と謎解き、そしてそこに関わる人間ドラマは、往年の森村誠一さんの作品を彷彿させました。
特に、プロ棋士をドロップアウトし、賭けで金を稼ぐ真剣師の描写には迫力がありました。
久しぶりに、重厚な人間ドラマ派ミステリーを読みましたね。
映像化と著者の次作も楽しみであります。

内容:実業界の寵児で天才棋士。本当にお前が殺人犯なのか!? 埼玉県天木山山中で発見された白骨死体。遺留品である初代菊水月作の名駒を頼りに、叩き上げの刑事・石破と、かつてプロ棋士を志していた新米刑事・佐野のコンビが調査を開始した。それから四ヶ月、二人は厳冬の山形県天童市に降り立つ。向かう先は、将棋界のみならず、日本中から注目を浴びる竜昇戦会場だ。世紀の対局の先に待っていた、壮絶な結末とは――!? 日本推理作家協会賞作家が描く、渾身の将棋ミステリー!

nice!(14)  コメント(10) 
共通テーマ:

【読書日記4/18’】スティール・キッス@ジェフリー・ディーヴァー [読書日記]

ジェフリー・ディーヴァー著「スティール・キッス」を読了。
61vfmbb3osL__SX345_BO1,204,203,200_.jpg
海外ミステリーは最近ほとんど読まなくなりましたが、ジェフリー・ディーヴァーだけは新作が出るたびに読んでいます。
そのディーヴァーの新作はお馴染みリンカーン・ライムシリーズ。本作で12作目になります。
12作目になればマンネリ感も出てくると思われますが、そこはディーヴァー。いろんな仕掛けを施して読者を飽きさせませんね。
ただ、シリーズとしてのパワーは落ちてきているかな。どんでん返しの魔術師の異名を持つ彼ですが、本作ではそれほどでもなかったです。
ディーヴァーも御年67歳。年齢的なこともあるんでしょうかね。
けど、リンカーン・ライムが健在な限りは、ライムとともに歩んでもらいたいですね。
次作も期待であります。

身近な道具が牙を剥き、あなたを殺す――。殺人犯を追跡中の刑事アメリアの目前で、エスカレーターが通行人を巻き込んだ。救助活動もむなしく男は死亡、殺人犯も逃走してしまった。ある事件をキッカケにリンカーン・ライムが警察の顧問を退いた今、アメリアは単身、捜査をつづけるほかなかった。一方ライムは、エスカレーター事故の遺族から民事訴訟のために調査を依頼される。ライムの弟子として働き始めた元疫学研究者ジュリエット・アーチャーを交え、調査が開始される。なぜエスカレーターは不具合を起こしたのか? 名探偵ライムと刑事アメリアは日常の道具を凶器に変える殺人者を捕らえることができるのか。ドンデン返しの魔術師の名シリーズ、最新第12作。
nice!(16)  コメント(8) 
共通テーマ:

【読書日記3/18’】災神@江島周 [読書日記]

江島周著「災神」を読了。
61AaQjwCsYL.jpg
読んでいて映画「シン・ゴジラ」を思い出してしまいました。
得体がわからないものに対する人間の恐怖がよく描かれていて、自衛隊や米軍パイロットの飛行シーンなど迫力もありました。
また、SNSなど今風のシーンもふんだんに取り入れて、作品を盛り上げています。
若い作家さんですが、合間合間に登場人物の人間らしい部分が垣間見えるのと、文体のテンポが良いので読みやすかったです。
映像的に読ませる作家さんは好きなので、彼の次回作を楽しみにしつつ、過去作を読んでみようかな。

島根県出雲市は、ある一瞬を境に瓦礫の山となった。TVに映し出される光景に誰もが息を呑むが、原因は不明のまま。局地的な天災か、北朝鮮のミサイルか、テロか!? 先遺隊として送り込まれた陸上自衛官の新野は、風変わりな子どもアキラと技術者の天音に出会う。彼女が勤務する巨大な研究施設で起きた“予測不能な事態”を知った新野は震撼する――。街が封鎖され通信手段がない中、唯一つながったTwitterには、最新のニュースや、救出を待つ人がいそうな場所などさまざまな情報が寄せられる。見知らぬ人々の祈りのもと、生存者たちは立ち上がるが……。 すべてを呑みこみ、破壊する。圧倒的な絶望を前に、人間が立ち向かう術はあるのか?。

nice!(16)  コメント(10) 
共通テーマ:

【読書日記2/18’】機龍警察 狼眼殺手@月村了衛 [読書日記]

月村了衛著「機龍警察 狼眼殺手」を読了。
61q7uDA-YZL.jpg
いやー面白かった。星で評価するならば五つ星。
面白すぎて次の頁をめくるのがためらわれました。
本作では龍騎兵の活躍がなかったですが、全く不満は感じなかったです。逆に著者の筆力、構成力の高さに感激さえしました。
このシリーズの一番の魅力はストーリーもさることながら、登場人物のキャラとその背景でしょうか。主要人物をひとりひとりキャラ立ちさせて、各人をクロスオーバーさせてストーリーと融合させる手腕は見事であります。
シリーズ物の醍醐味溢れる五作目。次作が明日にでも読みたいな。
イラストも昔のプログレロックのLPのようにオドロオドロしくてnice!
※シリーズ物なので、当然第一作から読むのをお勧めします。

内容:経産省とフォン・コーポレーションが進める日中合同プロジェクト『クイアコン』に絡む一大疑獄。特捜部は捜査一課、二課と合同で捜査に着手するが何者かによって関係者が次々と殺害されていく。謎の暗殺者に翻弄される警視庁。だが事態はさらに別の様相を呈し始める。追いつめられた沖津特捜部長の下した決断とは――生々しいまでに今という時代を反映する究極の警察小説シリーズ、激闘と悲哀の第5弾。

nice!(20)  コメント(10) 
共通テーマ:

【読書日記1/18’】屍人荘の殺人@今村昌弘 [読書日記]

今村昌弘著「屍人荘の殺人」を読了。
51sA--0xEUL__SX336_BO1,204,203,200_.jpg
2018年の一冊目は第27回鮎川哲也受賞作であり、「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」「週刊文春ミステリーベスト10」という主要ミステリランキング3つで1位を獲得した話題の作品。
しかも、デビュー作で三冠の快挙。
読みはじめると、おっ久々の本格ミステリーしかも郊外の宿泊施設での殺人で状況がクローズドサークルとくるので期待が沸きました。
しかし、途中からガラリと状況が変わります。
そこは、ネタバレになるので書けませんが、この発想の凄さが鮎川賞受賞と各ミステリーの年間1位を獲得したのでしょうかね。
けど、その状況を一変させる奇想天外なネタがなくても、十分本格ミステリーとして成立できる力量がある作者だと思います。多分、登場する神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と同じ大学の探偵少女・剣崎比留子がコンビを組んだシリーズとなると思うので、今後の著者の活躍が楽しみでもありますね。

内容:神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。緊張と混乱の一夜が明け―。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…!!究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?!奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作!
nice!(15)  コメント(8) 
共通テーマ:

【読書日記25/17’】ブルーマーダー@誉田哲也 [読書日記]

誉田哲也著「ブルーマーダー」を読了。
51QFQZBElWL__SY346_.jpg
2017年読み納めの一冊。
先日も紹介した誉田哲也の”警部補 姫川玲子”シリーズ。
今回の舞台は池袋。
悪が悪を征す。その内容が大きなテーマになっています。
法律ではさばかれない悪を絶対的な力を持って成敗していく悪。必殺仕事人的ですが、そこまでの人情はありません。
また、このシリーズに欠かせない菊田刑事も登場しますが、彼がいきなり結婚していたのには驚きました。菊田の姫川に対する淡い恋心はこの結婚でどう変化するのか。
本作はこの後の「インデックス」、「硝子の太陽R」そして最新作「ノーマンズランド」と続くターニングポイント的な一作になっています。
スピード感といいリアリティといい中々読み応えのある作品でした。

内容:池袋の繁華街。雑居ビルの空き室で、全身20カ所近くを骨折した暴力団組長の死体が見つかった。さらに半グレ集団のOBと不良中国人が同じ手口で殺害される。池袋署の刑事・姫川玲子は、裏社会を恐怖で支配する怪物の存在に気づく――。圧倒的な戦闘力で夜の街を震撼させる連続殺人鬼の正体とその目的とは? 超弩級のスリルと興奮! 大ヒットシリーズ第6弾…。

nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:

【読書日記24/17’】感染遊戯@誉田哲也 [読書日記]

誉田哲也著「感染遊戯」を読了。
51Z9fETSikL__SY346_.jpg
「ストロベリーナイト」の警部補 姫川玲子シリーズの連作短編集。
一編一編、別の事件で描かれていますが、最後にその事件がひとつに繋がるという手法を用いていて、読み応えがありました。
また、バラバラになっている元姫川班の面々が登場するのも嬉しかった。それと、姫川の天敵・ガンテツは相変わらずの個性を発揮していましたね。
いつものように、一気に読み終えることができるのは誉田哲也の作品らしかったですね。

内容:会社役員刺殺事件を追う姫川玲子に、ガンテツこと勝俣警部補が15年前の事件を語り始める。刺された会社役員は薬害を蔓延させた元厚生官僚で、その息子もかつて殺害されていたというのだ。さらに、元刑事の倉田と姫川の元部下・葉山が関わった事案も、被害者は官僚――。バラバラに見えた事件が一つに繋がるとき、戦慄の真相が立ち現れる! シリーズ最大の問題作。

nice!(14)  コメント(10) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読書日記 ブログトップ