So-net無料ブログ作成
漫画好き ブログトップ
前の10件 | -

さらば、こち亀!さらば、両津勘吉! [漫画好き]

20年ぶりくらいに少年ジャンプを購入。
それは、秋本治先生原作の漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(以下、こち亀)の最終回が掲載されているから。
IMG_2987.JPG
また、最終回が収められた単行本200巻も同時刊行。ちなみに、漫画単行本200巻はギネス認定されたようです。
秋本治先生は連載開始から40年間一度も休まず「こち亀」を少年ジャンプに掲載してきました。
まさに”働くことは美学”を貫いた漫画家だったと思います。
そして、本後で両さんこと両津勘吉を見るのは最後。
正直、偉大なるマンネリ的な名作漫画だったと思いますが、連載が終了するのはやはり寂しいな[もうやだ~(悲しい顔)]
けど、どんな漫画にも最終回があるのはしょうがないもの。
秋本治先生、両さん、中川、麗子そして部長、楽しい夢をありがとう!
そして、お疲れ様でした!!
IMG_2988.JPG
nice!(14)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

重版出来 [漫画好き]

4月-6月期のテレビドラマで一番面白かったのは「重版出来」でした。
原作は、月刊スピリッツに連載されている松田奈緒子の漫画。
ということで、原作本を1~3巻まで買ってしまった[わーい(嬉しい顔)]
IMG_2507.JPG
舞台の中心は週刊コミック誌の編集部。幼いころから柔道に打ち込んできた主人公・黒沢心は怪我でオリンピックを断念。就職を決意し大手出版社・興都館の新人女性漫画編集者となります。
そこで、出版業界を支える編集者、営業、宣伝、取次、書店員などとのふれあいを通じて、一冊の本を読者のもとに届けるために獅子奮闘する姿を描いています。
テレビでは主人公・黒沢心を黒木華が演じていました。
news_header_jyuhansyuttai_visual.jpg
絵はイマイチなのですが(失礼)、読んでいるうちに黒木華と黒沢心がシンクロしだしたし、他の役者さんも上手く原作にハマっていたと思います。
是非、パート2を作ってもらいたいドラマですね。
ちなみに、タイトルの重版出来とは、初版と同じ版を使用・同じ判型・装丁にて刷りなおすことを言います。それは、読者に支持されて売れた作品であるという証であり誉れであって、読者と出版社が幸せになる言葉だそうですよ^^
nice!(23)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

キングダム [漫画好き]

今、ハマってます。
漫画「キングダム」。
作者は原泰久。「週刊ヤングジャンプ」で連載しています。
81M3c5SW-RL__SL1200_.jpg
中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦国の王・政の活躍を中心に、戦乱の世を描いています。
まー、この政が各国の武将たちを倒して秦国を中華ナンバーワンの国へ成り上がらせるストーリー。
ストーリー自体はシンプルなのですが、その内容と数多く登場する人物達のキャラが凄い。
男というより”漢”が描かれていますね。
秦国の王・政。中華統一を目指します。
5c39429c.jpg
もう一人の主人公・信。天下の大将軍を目指しています。
142e1bb1.jpg
ダブル主人公ですが、政と信の役割がしっかりすみ分けできていて、お互いが刺激しあい切磋琢磨し更に熱いキャラクターとして成立させることができてます。
絵もワンカットワンカットのインパクトや力強さに重きが置かれてます。
8b0eace4.jpg
正直、一度読み始めたら止まりません。仕事中も読みたいくらいです(笑)
歴史の勉強にもなりますので、皆さんも興味があれば一度読んでみてくださいませ。止まりませんよ!
タグ:キングダム
nice!(21)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

海街diary@吉田秋生 [漫画好き]

ということで、嫁から「海街diary」を貸していただいて(笑)読んでいます。
IMG_0087.JPG
作者は吉田秋生。
武蔵野美術大出身の女性漫画家で、1977年に「ちょっと不思議な下宿人」で活動開始。1983年に「河よりも長くゆるやかに」及び「吉祥天女」で第29回小学館漫画賞を、2001年に「YASHA-夜叉-」で第47回小学館漫画賞を受賞している、人気漫画作家です。
現在、「月刊フラワーズ」で「海街diary」を不定期ですが連載しています。
当然ですが、漫画は映画よりも丹念に描かれていて、異母妹を「四女」として迎えた香田家の新たな共同生活を悲喜交交描いています。
舞台は鎌倉。
鎌倉の四季とその背景にある光と闇を吉田秋生らしい感性で丁寧に描いています。女子のみならず男子にもファンが多い訳が分かった気がしました。
夏休みの読書の一冊としてお勧めです[るんるん]
nice!(14)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

テラフォーマーズ [漫画好き]

長い正月休みを有意義に過ごすため、巷で話題の「テラフォーマーズ」をとりあえず1巻だけ買って読んでみたところ、これがこれが面白くて、既刊されている分を大人買いしてしまいました。

ストーリーは西暦2599年。火星のテラフォーミングが進行し、その地表は一面の苔とある生物で覆われました。そして、地球で選ばれし15人の若者達が重要任務の遂行を期待され、有人宇宙船『バグズ2号』に搭乗し、火星へと向かいます。しかし、火星で彼らを待つ、想定外の進化を遂げた生物がいました・・・
といった、ストーリー。
まーその生物と言うのが、日本でも最も嫌われているといったアレです。多分、皆さんもアレが出現するとキャァキャァ言いながら、スリッパ片手に格闘するアレなのです^^:
けれど、漫画では人間並みに二足歩行となり、かつ凶暴。
対抗するのは地球で特別の手術を受けた戦闘員。戦闘シーンも中々の迫力です。
女子には無理かもしれませんが(けど、結構ファンがいるみたい)、男子にはお勧めのタイトルです。

51FQlhsArqL__SS500_.jpg
nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

荒川アンダーザブリッジ [漫画好き]

IMG_3325.JPG

まほさんが以前「荒川アンダーザブリッジ」の映画の記事を書いていました。

その際のリコメに「漫画全巻あるなら読みましょう」と薦められたので全11巻読破しました。あっ、ちなみにまだ続いています。

実は作者の中村光のもう一つの人気作「聖おにいさん」を読んだことがあるのですが、個人的にちょっとイマイチだったので「荒川アンダーザブリッジ」を読むのを躊躇していました。

けど、読み進むうちにすっかりこの荒川ワールドにはまってしまいました。

河童、金星人、シスター、星etc登場人物も超個性的。主人公のリクがこの荒川河川敷で”何か”をつかんでいくストーリーは笑いとペーソスが上手く折り重なって読み応え十分でした。

もう少し早く読んどけばよかったと今は反省してます(笑)次はアニメ、映画を見てみようかな。

それと「聖おにいさん」ももう一度読んでみようかしらん(#^.^#)

nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ONE PIECE STRONG WORDS(ワンピース ストロングワーズ) [漫画好き]

IMG_2368.JPG

50歳過ぎて漫画読んでるなんてと思われるかもしれませんが、僕らの年代(1960年生まれ)は高度成長期のなか漫画は生活の一部であったといっても過言ではないかもしれません。

最近はアニメと言われてますが、僕は漫画という名称が好きですね。

そして、その漫画という伝統を継いでくれてるのが少年ジャンプに連載されている、尾田栄一郎が描く「ONE PIECE」。

現在、単行本は62巻まで出ていますが、その中の名言を集めたのが本作「ONE PIECESTRONG WORDS」。また、名場面集としても楽しめます。

”旅立ちの言葉”

IMG_2377.JPG

男の決意表明ですね。

IMG_2371.JPG

「オレは助けてもらえないと生きていけない自信がある。」なんかジーンときます。

IMG_2370.JPG

麦わら一家 料理人サンジの言葉。ただ、痛みも伴いますが(=_=)

IMG_2374.JPG

アラバスタ編の最後のシーン。言葉以上のモノが伝わってきて、涙線の弱い自分はきつかったです。

ワンピース。物語に終わりがくるのは致し方ないことですが、冒険の終わりは緩やかで皆ハッピーな気分に満たされることを願っています。
nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

宇宙兄弟 [漫画好き]

51B8Qh1OSxL__SL500_AA300_.jpg

手塚治虫、石ノ森章太郎、ちばてつや、赤塚不二夫、水木しげる、藤子不二雄等々僕らの年代は、そのストーリーの面白さ巧みさ、そして作画のタッチが絶妙な漫画家に恵まれていた気がします。

数年前までは鳥山明あたりが先人達が築いたものを引き継いでいくかと思いましたが、経済的な面で漫画を書く必要性がなくなったか、はたまた才能が枯れたのか・・・

ちょっと期待がはずれてしまいました。あとは、尾田栄一郎、井上雅彦あたりに頑張ってもらわなきゃ、漫画好きとしては寂しい限りです。

そんなことで、ここのところ、漫画の少年誌も青年誌も読まなくなったので、面白い漫画の情報は家族・友人・知人等の推薦かネット等媒体からに頼っています。

小山宙哉著の「宇宙兄弟」は長男から「これ面白いから読んでみて」と言われ、既刊11冊をドンと渡されので試しに読んでみました。

はじめのうち、ちょっと絵が馴染めませんでしたが、創造性とロマンを感じさせるストーリー、家族愛、兄弟愛、友情等ベタなところもまた良し。

ucyukyou01_0013_l.jpg

ワクワクさせて次巻がとても楽しみな作品に久しぶりに出会えましたね。


あらすじ
2006年7月9日、月に飛翔するUFOに遭遇し「2人で宇宙飛行士になろう」と約束した南波六太(なんば むった)、日々人(ひびと)兄弟。時は流れ2025年、その時に交わした約束通り日々人はNASAの宇宙飛行士となって月に向かおうとしていた。その一方、弟の悪口を言った上司に頭突きして自動車開発会社を退職(リストラ)し無職となった六太。再就職もうまく行かず意気消沈していた六太の元に、事情を聞いた日々人からメールが届く。「あの日のテープを聴け。」メールに書かれているまま、幼い日に録音したテープを聴く六太。するとそこには、六太が置き去りにしていた「約束」が鮮明に刻まれていた。

ストップ!! ひばりくん!@江口寿志 [漫画好き]

江口寿志という漫画家は僕らの年代では思い入れが深い漫画家だと思います。

当時、週刊少年ジャンプで彼の漫画を読むことは一週間が始まる楽しみでもありました。

ある意味天才肌の漫画家ですが、天才過ぎてか遅筆で原稿を落とす(締め切りが間に合わない)ことでも有名でした。

そして、江口寿志さんの代表作「ストップ!! ひばりくん!」。
週刊少年ジャンプで昭和56年から昭和58年まで多くの休載を挟みながら連載していましたが、ついに行き詰って連載中止が決定。
それがなんと今年の初めに、27年の歳月を経てついに完結。その初回から完結編が収録されている「ストップ!! ひばりくん!」コンプリート・エディション3冊を大人買いしてしまいました(*^^)v

IMG_1648.JPG

けれど、この「ストップ!! ひばりくん!」コンプリート・エディションって小学館から販売されているんですよ。ジャンプって集英社じゃなかったっけ?ここらへんは大人の事情ってところでしょうか。

61w3oXlKq0L__SL500_AA300_.jpg51r3Zf71oKL__SL500_AA300_.jpg51C9mo%2BI6gL__SL500_AA300_.jpg

今、読み返してみてもアイディアは斬新だし、絵も上手。ギャグは古いかもしれませんが、結構笑えます。まぁ、僕自身ギャグは古くて寒いので共感がもてるんでしょうが。

いまさら江口寿志さんに長編漫画を期待するのは無理な話でしょうが、イラストは凄く上手い人だと思うので、今後も単発作品やCDジャケット、雑誌の表紙などクリエィティブな活動をどんどんやってもらいたいですね。

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

【漫画】ONE PIECE 58 [漫画好き]

少年ジャンプの購読をやめて約2年。

それでも、ワンピースの展開は気になっているので、コミック本は続けて購入しています。

で、最新刊。

61bmohLnq6L__SL500_AA300_.jpg

日曜日の朝放映しているテレビ版でもふれていますが、ルフィーの兄”火拳”のエースが海軍に捕まり処刑を待つ身になっています。

エースを助けに、ルフィーとその仲間(麦わらの海賊団ではない)、エースが所属する「白ひげ海賊団」などなど、そうそうたる顔ぶれが海軍本部に終結し、これまた海軍の猛者達と一戦を交えるといった無いようです。

作者の尾田栄一郎さんはすでに最終回の絵ができてるそうで、現在は全体のストーリーの三分の一くらいだそうです。

ということは、コミック本にして150~160巻くらいになるんですね。

そういうストーリー展開なのでしょうがないかもしれませんがキャラクターが多すぎて、読者としてはちょっと混乱気味。

キャラ本買って一度頭を整理しなくてはならないし、尾田さんはかなりのストーリーテラーなので話しについてくる伏線の読み込みも大変です。

それと気になることとしては、ちょっと絵が雑になってきたような気がします。

忙しい漫画家ですからね、いたしかたないことかもしれませんが。

そして、最新刊の最後はちょっと衝撃的な結末になっています。

”火拳”のエースが・・・

nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - 漫画好き ブログトップ