So-net無料ブログ作成
検索選択

【映画鑑賞記13/17’】相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断 [映画鑑賞]

「相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」を鑑賞。
170543_03.jpg
うーん、なんでこんなセンスのないサブタイトルつけるんでしょうね?
これじゃ、2時間ドラマの域を出ていませんよね。というか、出ていませんでした、ハイ。
水谷豊演じる杉下右京の現在の相棒は反町隆史演じる冠城亘。現在、四代目となる相棒ですが、雰囲気はイマイチ。
358189_001.jpg
正直、及川光博のほうが良かったです、ハイ。
358189_007.jpg
この裏・相棒も長いですよね、ハイ。
358189_009.jpg
冒頭に述べたようにストーリーも2時間ドラマの域を出ていないし、どこかで見たような使い古された話。
正直、2週連続で放送された相棒の最終回のほうが見応えがありました、ハイ。
テレビドラマの充実があっての映画化を期待です、ハイ。

解説:2000年に誕生以来、水谷豊が相棒と共に事件解決に挑む警視庁特命係の刑事にふんして、好評を博しているドラマシリーズの劇場版。主人公の杉下右京と反町隆史演じる冠城亘が、謎に包まれた国際犯罪組織を追い詰める姿を活写する。2代目相棒の及川光博や甲斐峯秋役の石坂浩二、さらには社美彌子役の仲間由紀恵らが出演するほか、北村一輝や山口まゆ、鹿賀丈史らが共演。監督は、長年『相棒』シリーズに携わってきた橋本一。エキストラおよそ3,000人を集めたパレードの中での見せ場など、劇場版ならではのスケールに期待が高まる。

あらすじ:7年前、駐英日本領事館関係者の集団毒殺事件で生き残った少女が国際犯罪組織に誘拐されていた。そして現在。特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、国際犯罪組織バーズを追って来日した国連犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウ(鹿賀丈史)に同行することになる。そんな中、7年前に誘拐された少女の現在の姿の動画が公開され、犯行グループは身代金を要求し……。
nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

最近かったもの [お買い物日記]

最近買ったものシリーズです。
まずは、福島のアンテナショップで買った芋焼酎
なんとウルトラマンシリーズの芋焼酎なんですよ。
その名も「謎の芋焼酎のひみつ」。
IMG_0948.JPG
箱には怪獣達が畑仕事している写真も載っています。
IMG_0949.JPG
IMG_0950.JPG
ウルトラマンの生みの親・円谷英二さんは福島県須賀川市生まれ。その故郷から程近い二本松市の酒蔵「人気酒造」で作られた一本。
黄金千貫で造られた本格芋焼酎で口当たりと芋の香りが漂って美味しい焼酎でした。
IMG_0952.JPG
IMG_0953.JPG

続いては、トラベルセット。今使ってているモノが古くなったので買い換えました。
メッシュ素材なので軽いし、そんなにかさばらないので使い勝手がヨサゲです。
IMG_1038.JPG
歯ブラシ、歯磨き粉、剃刀、シェービングクリームなど結構収納できそうです。
IMG_1041.JPG

最後はリュックサック。
ポケットが沢山ついているのをずーっと探していたところ、東京駅大丸の東急ハンズで理想的なリュックサックを見つけたので思わず購入。
IMG_1042.JPG
軽いしポケットもいっぱいあって便利です。通勤でも使えるよう黒にしました。日帰り、一泊二日の出張にも重宝できそうです。
IMG_1043.JPG

それじゃ

nice!(21)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

【麺食い日記11/17’】煮干し麺処まる@東大島 [ラーメン・つけ麺]

東大島の新店「煮干し麺処まる」を訪問。
IMG_0868.JPG
11時30分開店の10分前に到着。並びゼロだったので、店頭を色々確認。
メインメニューは淡麗と濃厚2種の煮干し中華そば。どちらにするか悩みますね。
IMG_0850.JPG
事前調査によると資本系のラーメン店ですが、麺も出汁もこだわっているようですね。
IMG_0851.JPG
かなりのニボニボみたいです。
IMG_0870.JPG
”和え玉”か。面白そうですね。
IMG_0869.JPG
ということで開店。この10分の間に若干ですが並びが出来ていました。
券売機。悩みに悩んだ末、限定の二文字に思わず”濃厚煮干し中華そば”をプッシュしてしまいました。
IMG_0853.JPG
店内はL字カウンターのみ。一番乗りの客なのでカウンターの端っこに座ります。
IMG_0856.JPG
”煮干し酢””煮干しラー油””煮干し粉”。面白い味変グッズですね。
IMG_0855.JPG
数分で着丼。
いやはや、素適な丼顔。具材の配置も綺麗に纏まっています。何より丼のガラが素敵じゃないですか!親知らずさんが好きそう^^
IMG_0858.JPG
煮干しラーメン特有のパツンパツンのストレート麺。シコシコした食感で喉越しがいい感じです♪
IMG_0862.JPG
どろり濃厚の煮干しスープ。ザラザラ感がたまりません。けど、エグミは不思議とないですね。下処理が行き届いています。美味しいスープです。
IMG_0864.JPG
具材たち。
穂先メンマ。穂先メンマって何度も言うようですが好きなんですよ。ラーメンに入っていると嬉しくなってしまいます。
IMG_0863.JPG
他に刻み海苔と玉ねぎ。玉ねぎは良いアクセントとなっています。
IMG_0860.JPG
薔薇の花のように盛りつけられた豚肩ロース肉のレアチャーシュー。
IMG_0859.JPG
濃厚の煮干しの出汁とまざわり色が変化します。ライブ感があります。
IMG_0865.JPG
途中、更に”煮干し粉”を投入しニボニボ感UP[グッド(上向き矢印)]
IMG_0857.JPG
IMG_0866.JPG
美味しく完食完飲。
IMG_0867.JPG
資本系にしてはレベルが高い一杯。
次回は”和え玉”に挑戦してみようかな。ご馳走様!
nice!(18)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

【映画鑑賞記12/17’】トリプルX:再起動 [映画鑑賞]

トリプルX:再起動」を鑑賞。
170943_03.jpg
ヴィン・ディーゼル=「ワイルド・スピード」の印象が強いですが、「ワイルド・スピード」一作目の後、出演したのが2002年の「トリプルX」。
そしてその後何故か「ワイルド・スピード」と「トリプルX」のシリーズを降りちゃうんですよね。「ワイルド・スピード」三作目からは復帰するんですけど、「トリプルX」の二作目はアイス・キューブが主演で大コケ。。。
そして、15年経って復帰するところはヴィン・ディーゼルぽいですよね。
357374_001.jpg
さて本作、ヴィンが演じるのはエクストリームスポーツが大好きなナイスガイ。シークレットエージェントにスカウトされ、型破りなオレ流で世界を揺るがす陰謀を解決する、という話。
このシークレットエージェントを演じたのが、サミュエル・L・ジャクソン。pauloさんの記事でも紹介されていましたが、ブラジルのスーパースター・ネイマールを誘っているシーンが「アベンジャーズ」?って勘違いするほど印象的で笑ってしまいました。
357374_002.jpg
ヒロインはインドの美女ディーピカー・パードゥコーン。色っぽい方でした^^
357374_006.jpg
敵対するグループのリーダー役は香港アクションの雄ドニー・イェン。スター・ウォーズのサイドストーリー「ローグワン」では盲目の剣士を演じるなど、最近世界的に露出が多くなってきていますね。
俳優人もそうだけど、全編通じてアジアを意識した作りになっていました。
この分ならシリーズ四作目もありそうです。ヴィンの新たなシリーズ物に期待大です。

解説:型破りなシークレットエージェントの活躍を豪快に描き、ヒットを飛ばした『トリプルX』の続編。再びヴィン・ディーゼルを主演に迎え、息もつかせぬバトルが展開する。『イップ・マン』シリーズや『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などのアクション俳優ドニー・イェン、名優サミュエル・L・ジャクソン、FCバルセロナ所属のサッカーブラジル代表のネイマールらが出演。華麗なアクションにホレボレする。

あらすじ:エクストリームスポーツのカリスマにして、腕利きシークレットエージェントとしても名をはせたザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)に再びNSA(国家安全保障局)から声が掛かる。今回の彼の任務は、危険な敵の手に渡ってしまった世界中の軍事衛星装置を奪還すること。ザンダーはNSAがそろえた精鋭部隊を一蹴し、新たにチーム“トリプルX”を編成する。
nice!(15)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【美食漫遊記】3月の美食漫遊記~番外編~ [美食漫遊記]

3月の美食漫遊記番外編です。
番外編の位置付けは中途半端に写真に収めたもの。理由としてはお客さんや会社上司と一緒だったため、パチパチ写せなかったものであります。

まずは、仙台出張の際東北新幹線でたべた「てとて」のお弁当。
オーソドックスな海苔弁当ですが、海苔は山形屋、おかかはにんべんなど食材にこだわった海苔弁当です。
IMG_0089.JPG

続いては、会社近くの「和菜れとろ 別亭 むすび」のランチ”焼さば定食”。
イマイチ、鯖に脂がのっていなかったのが残念・・・
IMG_0096.JPG

続いては、新橋の「かに道楽」。
色んな種類の蟹の刺身。
IMG_0097.JPG
〆は蟹の炊き込みご飯でした。
IMG_0098.JPG

番外編最後は会社近くの「和らく」。この日は、本部の解散会でした。
めかぶ、豆腐、蛍いかのしゃぶしゃぶ。めかぶが美味しかった♪
IMG_0099.JPG
料理名は忘れましたが(笑)、春野菜に巻かれたお肉が美味しかった。
IMG_0100.JPG

以上、番外編でした。
nice!(17)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

第77回桜花賞 [競馬]

今日、阪神競馬場でクラッシク第一弾「第77回桜花賞」が開催されます。
断然の一番人気は怪物フランケルの娘・ソウルスターリング。デビュー以来もっか4連勝の怪物娘です。
死角が見当たりませんが、雨による馬場状態くらいでしょうか。
また、これまでGⅠタイトルを数多くとってきた藤沢和調教師ですが、不思議とクラシックには縁がない方でした。悲願のクラシック制覇なるか、こちらも興味がありますね。
さて、予想です。
ここはやはり、ルメール騎手騎乗7枠14番ソウルスターリングを軸に以下7頭に流します。
1枠1番ミスエルテ
3枠6番リスグラシュー
4枠8番カラクレナイ
5枠9番ゴールドケープ
7枠13番ヴゼットジョリー
7枠15番アドマイヤミヤビ
8枠16番ミスパンテール
三連複軸一頭流しで21通り。
これで勝負!
nice!(21)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

御朱印帳 [雑記ブログ]

とうとう御朱印帳を買ってしまいました(笑)
IMG_0974.JPG
ブラHCで神社仏閣を巡る機会が多いので、いつか御朱印帳を持って訪れた証を残したいと思っていたのです。
ということで、栄えある御朱印帳デビュー日本橋室町の「福徳神社」。
IMG_4084.JPG
別名「芽吹神社」とも呼ばれ、宝くじ当選祈願の神社としても有名です。
IMG_4085.JPG
御朱印は社務所等でいただけます。
IMG_4087.JPG
ここで、はじめて御朱印の貰い方にも作法があることを知りました。
まずは、お参り。そして、社務所へ行き、御朱印のお願い。ここで、捺してもらいたい頁を開いて渡します。
押印後お金を払います。お金は処によって違うようですが、だいたい300円から500円が相場らしいです。ちなみに、福徳神社は300円でした。
福徳神社の御朱印。
達筆であります。
IMG_0975.JPG
その他、福徳神社の歴史、由来のインフォもいただきました。
IMG_0976.JPG
御朱印帳2番目はどこにしようかな?ブラHCにもう一つ楽しみが増えました[exclamation]

【美食漫遊記】3月の美食漫遊記~後編~ [美食漫遊記]

3月の美食漫遊記の後編をお届けします。
後編トップバッターは、日本橋室町の「雲林坊」。坦坦麺、麻婆豆腐の名店です。
IMG_0913.JPG
この日は麺よりもご飯と辛い麻婆豆腐の気分だったので、券売機で”麻婆豆腐ご飯セット”をプッシュ。
IMG_0912.JPG
店内はカウンターのみ。細長い店内なのでちょっと狭いですね。
IMG_0904.JPG
けど、調理が見えるのでLIVE感があって楽しいです。
IMG_0905.JPG
”麻婆豆腐ご飯セット”が配膳。
IMG_0906.JPG
豆チ、ネギ、ひき肉、真っ黒な鷹の爪3本。いたって、シンプルですが花椒の香りが強くてインパクトがあります。心地よい痺れがいい感じです。
IMG_0908.JPG
IMG_0911.JPG
スープは麻婆豆腐の辛さをリフレッシュさせるためかあっさり味に仕上がっています。
IMG_0909.JPG
ザーサイも美味しかったです。
IMG_0910.JPG
次は久々汁なし坦坦麺を食べたいな^^

次は新規開拓のお店。
岩本町に最近オープンした「ニコル」。生パスタと焼きそばがウリという不思議なお店です。
IMG_0947.JPG
お店のインフォ。やる気が感じさせる言葉ですね。
IMG_0932.JPG
経歴を見て納得。同じ麺でも提供される物が全く違うというのは面白いですね。
IMG_0933.JPG
メニュー他色々確認。
IMG_0935.JPG
IMG_0936.JPG
IMG_0937.JPG
IMG_0938.JPG
IMG_0939.JPG
IMG_0940.JPG
何だかんだ悩んだ末”ソース焼きそば”の大盛を頼みました。
しばし待って配膳。
いやー素適なビジュアル[るんるん]
IMG_0942.JPG
横から見てもこのボリューム。
IMG_0943.JPG
結構な太麺。ソースが美味く絡んで美味しいです。
IMG_0944.JPG
かる~く完食。
IMG_0945.JPG
いやー穴場なお店を見つけましたね。次回は当然生パスタをいただきます!

後編ラストは日本橋室町の「インドカレー フジヤ」。プチ宿題店でした。
IMG_0968.JPG
お店はカウンターのみ。矮小なお店です。ランチメニューを確認。
Aランチのチキンとビーフで悩みましたが、ビーフを注文。
IMG_0962.JPG
数分で配膳。ライスにはサラダがのっています。
IMG_0963.JPG
ビーフカレーとライスのアップ。
IMG_0964.JPG
IMG_0965.JPG
ルーはなかなかスパイシーな本格カレー。ちょっと外観からは想像出来ない美味さです。
IMG_0966.JPG
けど、ちょっとボリューム不足が残念でした。

以上、3月の美食漫遊記後編でした。番外編(笑)もお楽しみに!


nice!(17)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

【美食漫遊記】3月の美食漫遊記~前編~ [美食漫遊記]

3月の美食漫遊記の前編をお届けします。
まずは、コレド日本橋にある「とんかつと豚肉料理 平田牧場」。一度行きたかった、とんかつ屋さんです。
IMG_0083.JPG
メニューを確認。どれも、それなりの値段。
けど、この日は自分を褒めてあげたい気分だったので、”金華豚ロースの特厚”をお願いしました。
IMG_0063.JPG
IMG_0065.JPG
IMG_0068.JPG
特厚のため揚げるのに約20分かかるということ。カウンターの上を確認します。
サラダドレッシングは2種。
IMG_0072.JPG
ソースは甘口と辛口。そして、塩が用意されています。
IMG_0078.JPG
そうこうすると、胡麻と小皿が出てきます。得意の胡麻をすりながらしばし待ちます。
きっかり20分たって、”金華豚ロースの特厚”が到着。
なんかいい感じです♪
IMG_0080.JPG
とんかつのアップ。
じっくり揚げられたとんかつは衣と肉の一体感があります。
IMG_0081.JPG
最近はSNSを意識しているのか、真ん中をめくって提供しているところが多いですね。
塩で食べると肉の甘味が出て美味しかったです。けど、甘口ソースを多用しましたけどね。やっぱ、とんかつはソースであります。
ただ、脂身がちょっと少なかったのが残念。もう少し、脂身とのバランスが欲しかったな。
IMG_0082.JPG
次は安いのを食べてみよう(笑)

続いては、神楽坂の老舗町中華「宝龍」。
会社に入ってから約30年通っている、大好きなお店なんですよ[わーい(嬉しい顔)]
IMG_0880.JPG
メニューの確認。
IMG_0873.JPG
IMG_0874.JPG
IMG_0875.JPG
なんでも、美味しいのですが「宝龍」と言えば”上海焼きそば”。神楽坂で50年以上愛されいる一品です。
IMG_0876.JPG
野菜もたっぷり入ってボリューム満点。
IMG_0877.JPG
以前よりも麺が細くなった気もしますが、麺、野菜、肉の炒めかたが絶妙の一品。相変わらず美味しかったです。神楽坂からこのお店は外せませんね。
IMG_0879.JPG

前編最後は地元西葛西の「irori 佐藤」。地元のお気に入りのお店です。
IMG_0887.JPG
店頭でメニューを確認。
IMG_0888.JPG
注文は”山形産米沢豚生姜焼”にしました。
IMG_0886.JPG
米沢牛ならぬ米沢豚。脂身がいい感じについていて、豚の旨味が十二分に感じられた豚肉でした。玉ねぎと一緒に炒められているので、甘味もあって美味しかったです。
ご飯は五穀米。ここは、白飯だったか・・・
IMG_0884.JPG
他に小鉢もついています。蛍イカはnice!でした。
IMG_0885.JPG

後編に続く・・・
nice!(21)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

【読書日記5/17’】罪の声@塩田武士 [読書日記]

塩田武士著「罪の声」を読了。
516LB3hK1aL__SX358_BO1,204,203,200_.jpg
昭和の未解決事件「グリコ・森永事件」をモチーフとした小説
当時、あれだけ騒がれたにもかかわらず、薄ぼんやりとしか記憶にありませんでしたが、あの事件にはこんな裏話もあったのかと驚かされました。
当然、小説ですからフィクションとノンフィクションの線引きはあると思います。ただ、当時の大阪府警と犯人達のやりとりなどはまさに実話、実録といった雰囲気で取材をよくやっているな、と感じました。
ただ、途中無駄なエピソードが2、3入っていたりと構成がイマイチだったかな。そこらを、そぎ落とすともっと重厚で読み応えがある作品になっていたと思います。
ただ、著者の塩田武士は若干37歳の若手。これからが、楽しみな作家です。

あらすじ:逃げ続けることが、人生だった。家族に時効はない。今を生きる子供たち」に昭和最大の未解決事件「グリ森」は影を落とす。 「これは、自分の声だ」 京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった――。 未解決事件の闇には、犯人も、その家族も存在する。 圧倒的な取材と着想で描かれた全世代必読! 本年度最高の長編小説。 昭和最大の未解決事件―「ギンガ萬堂事件」の真相を追う新聞記者と「男」がたどり着いた果てとは――。 気鋭作家が挑んだ渾身の長編小説。
nice!(18)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ: