So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の出来事 [雑記ブログ]

今日は朝から市役所、銀行廻り。何往復したことか・・・
マイナンバーって、他界しても返納義務が無いって知ってました?

お寺さん [雑記ブログ]

今日は骨壷を預けに、お経をあげてくれたお寺さんに行って来ました。
現在、妹と二人で整理しているのですが二人とも仕事があるので水曜日には帰ることにしています。
そうなると、母親(遺骨)が一人ぼっちになるので、四十九日迄お寺さんに預かっていただくことになりました。
我々もその方が安心だし、毎日、お経をあげていただけますからね。

書類整理 [雑記ブログ]

今日は、ほぼ一日中書類整理していました。
印鑑やら通帳やら探すの大変でしたよ。
それじゃ

喪主 [雑記ブログ]

喪主として通夜、告別式の務めて全うしました。
正直、めちゃくゃ疲れました。
途轍もなく眠いです。
それじゃ

享年80 [雑記ブログ]

昨日未明、母が80年の生涯を閉じました。
朝一番の新幹線で駆けつけましたが、間に合いませんでした。
今日の通夜、明日の告別式を私が喪主として取り行います。

お袋日記3 [緩和ケア]

母親が入院している病院から夜中に電話がありました。
容態が急に悪くなったということです。
朝一の北陸新幹線に乗って病院に向います。
もしかすると、当分ブログの更新が出来ないかもしれません。

nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近買ったもの [お買い物日記]

最近買ったものを紹介するコーナー。
随分久しぶりとなりました(笑)

まずは「LALALAND」のオリジナルサウンドトラックCD。素敵な楽曲が収められていて、映画のシーンが思い出される1枚となっています。
IMG_1542.JPG

DVDも4枚購入。マーベル展に行ったあと、「アベンジャーズ」シリーズを集めようと思い立ち「アイアンマン」「インクレディブル・ハルク」「アイアンマン2」「マイティ・ソー」と公開順に買いました。
アベンジャーズシリーズは「マーベル・シネマティック・ユニバース」とも呼ばれ「アベンジャース」を主軸とした一連のストーリーで繋がった映画のことです。これについては、後日のネタとして詳しく述べたいと思っています(笑)
IMG_1545.JPG

続いては靴下
Tommy Hilfigerの靴下を2足、いただいた銀座インズのみで使える商品券で買いました。靴下は何足あってもいいですもんね。
IMG_1548.JPG

最後は「ハズキルーペ」。
石坂浩二さんのCMでも話題ですよね。
IMG_1546.JPG
嫁が欲しいというので買いましたが、とにかく文字が大きく見える優れもの。歪みがなくハッキリ見えるので、HCくんもたまに使っています。
IMG_1547.JPG
こういうのをかける歳になったということですね。

以上、最近買ったもの紹介でした[わーい(嬉しい顔)]
nice!(14)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

【映画鑑賞記24/17’】マンチェスター・バイ・ザ・シー [映画鑑賞]

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を鑑賞。
172223_02.jpg
ケイシー・アフレック演じる主人公リー。兄の死によって故郷マンチェスターで暮らす甥パトリックの後見人になりますが、その故郷でリーは過去に起因する深い喪失の傷を負っています。
359226_002.jpg
リーとパトリックの関係性と共に、彼の深い傷の原因と故郷に居場所をなくしてしまった原因は物語が進むにつれて明かされていきますが、全体的に淡々と進行する話の流れにいつの間にか引き込まれてしまいました。
359226_001.jpg
主人公リーを演じたのはケイシー・アフレック。この作品で今年のアカデミー賞主演男優賞を受賞。しかし、受賞前に明るみに出た彼のDV問題で授賞式ではブーイングもあったそうです。
ただ、本作ではダメダメの叔父さんを好演していました。
359226_004.jpg
16歳の甥パトリック役はルーカス・ヘッジ。思春期のパトリックとリーはぶつかり合いながらも徐々に心を通じ合っていきます。二人の心理描写が上手く描かれていました。
359226_006.jpg
映画史上最も影が薄い主人公と言っても過言ではないリーを薄さ全開で演じたケイシー・アフレック。その丸まった背中はたまらなく愛おしかったですし、マンチェスターの薄暗い海と凍てつくような風景の色彩映像はこの作品に深みを与えていましたね。
359226_008.jpg
ちなみに、恵比寿ガーデンプレイスにある映画館で観たのですが、非常に観易くて綺麗なミニシアターでした。また、興味がある作品が上映されたら優先して来たいですね。

解説:マット・デイモンがプロデューサー、ケイシー・アフレックが主演を務め、数々の映画賞を席巻した人間ドラマ。ボストン郊外で暮らす便利屋が兄が亡くなったのを機に帰郷し、16歳のおいの世話をしつつ自身が抱える過去のトラウマと向き合う姿が描かれる。メガホンを取るのは、『ギャング・オブ・ニューヨーク』などの脚本を担当してきたケネス・ロナーガン。共演には『ブルーバレンタイン』などのミシェル・ウィリアムズ、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などのカイル・チャンドラーらが名を連ねる。

あらすじ:ボストン郊外で便利屋をしている孤独な男リー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の急死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。兄の死を悲しむ暇もなく、遺言で16歳になるおいのパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を引き受けた彼は、おいの面倒を見るため故郷の町に留まるうちに、自身が心を閉ざすことになった過去の悲劇と向き合うことになり……。
nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

東京都青山葬儀場 [雑記ブログ]

昨晩、会社に縁のある方のお通夜東京都青山葬儀場で行われ、お手伝いと弔問に行ってきました。
IMG_1575.JPG
故人は享年99歳。
会社のみならず業界に多大な貢献を果たした故人。
行政や業界関係者、また故人をモデルにした映画ドラマ小説ドキュメンタリーが作られた関係でマスコミ芸能関係者なども弔問に来ていました。
HCくんは故人にお会いしたのは数回ですが、お孫さんとは付き合いがあります。
お孫さんもそれなりの人物なので故人の意思、DNAをついで頑張ってもらいたいと思っています。
今日は朝から告別式。そちらも、お手伝いと弔問に行ってきます。

nice!(12)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

専門学校の街 パート1 [雑記ブログ]

西葛西は都内有数のインド人居住区域ですが、インド人が経営するカレー店同等に多いのが専門学校。専門学校の学校数とその教育従事者は区内最多らしいです。
ということで、新しいネタを発見しました(笑)
西葛西の専門学校を紹介するシリーズです。何回持つか分かりませんが[ふらふら]
まずは、東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校。
本当かどうか分かりませんが(爆)プリンセス・プリンセスのリーダー兼ベースの渡辺敦子さん大黒摩季さんらが講師を務めています。
IMG_4189.JPG
隣接するのは、東京フィルムセンター映画・俳優専門学校。
現在、外壁工事中ですがゴジラなどの絵が書かれています。
名誉学校長は津川雅彦さんが務めています。
IMG_4193.JPG
続いては、東京ベルエポック美容専門学校。
ヘアスタイリスト、ネイリスト、エステシャンなどを育成する専門学校です。
IMG_4222.JPG
続いては、東京コミュニケーションアート自動車デザイン科。
IMG_4233.JPG
IMG_4235.JPG
過去多くの卒業生が、トヨタ、日産、ホンダなどの大手自動車メーカーデザイン部門に就職を実現しているらしです。
面白いフォルムのバイクなどが展示されていますよ。
IMG_4239.JPG
パート1最後は東京コミュニケーションアート自動車デザイン科に隣接する、東京アニメ・声優専門学校。
もろこんな感じです^〇^
IMG_4236.JPG
イマイチ良く分からない世界ですが、宣伝カーもありました。
IMG_4237.JPG
パート2に続く・・・
nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校