So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【映画鑑賞記9/19’】七つの会議 [映画鑑賞]

「七つの会議」を鑑賞。
176018_02.jpg
野村萬斎は凄く独特な感性をもった役者さんでHCくんも大ファンです。その感性は本職の狂言師から導き出されたものでしょうね。
さて、本作「七つの会議」は人気ベストセラー作家・池井戸潤の小説が原作となっています。企業小説を書かせると当代随一。映画も骨太の作品に出来上がっています。
その功績者は野村萬斎と香川照之でしょうね。
364877_001.jpg
一見ぐーたら社員でかつ飄々とした雰囲気を持つ主人公・八角(野村萬斎)と厳しくて厳格な営業部長・北川(香川照之)。対照的なこの2人の演技合戦は見所のひとつです。
特にテレビ・映画など池井戸作品の常連・香川照之は得意の顔芸も含め圧倒的な存在感を出していました。
364877_003.jpg
一見ぐーたら社員でかつ飄々とした雰囲気を持つ主人公・八角(野村萬斎)と厳しくて厳格な営業部長・北川(香川照之)。対照的なこの2人の演技合戦は見所のひとつです。
特にテレビ・映画など池井戸作品の常連・香川照之は得意の顔芸も含め圧倒的な存在感を出していました。
364877_003.jpg
脇を固める役者も、及川光博、朝倉あき、片岡愛之助、立川談春、北大路欣也ら豪華布陣。というか、TBS日曜劇場を見ているよう(笑)
364877_004.jpg
日曜劇場ファンにはたまらない作品かも。といっても、奇をてらっているわけではなくストーリーも映画サイズによくまとっています。ラストは完全にスカッとはいきませんが、企業が舞台であるならばこの終わりも現実的だと思いました。

解説:「半沢直樹」シリーズなどで知られる作家・池井戸潤の小説を原作にしたミステリードラマ。部下によるパワハラ告発を機に起こる波乱をスリリングに映し出す。メガホンを取るのは、池井戸の原作のドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの演出を務めた福澤克雄。『のぼうの城』などの狂言師・野村萬斎、歌舞伎役者としても活動している香川照之、『相棒』シリーズの及川光博のほか、片岡愛之助、音尾琢真、立川談春、北大路欣也らが出演。

あらすじ:都内の中堅メーカー、東京建電の営業一課で係長を務めている八角民夫(野村萬斎)。最低限のノルマしかこなさず、会議も出席するだけという姿勢をトップセールスマンの課長・坂戸宣彦(片岡愛之助)から責められるが、意に介することなく気ままに過ごしていた。営業部長・北川誠(香川照之)による厳格な結果主義のもとで部員たちが疲弊する中、突如として八角がパワハラで坂戸を訴え、彼に異動処分が下される。そして常に2番手だった原島万二(及川光博)が新課長に着任する。
nice!(14)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

ケータイ国盗り合戦 [雑記ブログ]

ケータイ国盗り合戦最新情報です。
名鉄名古屋から犬山に向かう間に2国ゲット。
424国目は犬山地域。
IMG_0458.PNG
425国目は春日井・小牧地域。
IMG_0459.PNG
残り175国。10連休に関東一円を制覇したいな。
nice!(16)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【ブラHC】犬山城 [ブラHC]

名古屋出張の折、ちょっと時間があったのでPEN-Fを首から下げて犬山城に行って来ました。
犬山城は名鉄の犬山が最寄り駅。
P3070076.JPG
参道からの犬山城。
P3070060.JPG
犬山城入口。
P3070062.JPG
P3070063.JPG
犬山城は豊臣秀吉が生まれた天文6年(1537)、織田信長の叔父である織田信康によって創建された、現存する日本最古の木造天守です。
P3070064.JPG
P3070074.JPG
結構な急坂を上がると、
P3070065.JPG
犬山城門。
P3070066.JPG
なかなか、趣きがあるお城。
P3070067.JPG
P3070068.JPG
桜が咲けばまた雰囲気が違うでしょうね。
P3070069.JPG
P3070070.JPG
P3070071.JPG
P3070072.JPG
時間の制約があったので、天守閣には上らず。数年前に一度上っているので後悔なし。けど、今度はまたゆっくりきたいですね。
P3070073.JPG
nice!(16)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【美食漫遊記】2月の美食漫遊記 最終回 [美食漫遊記]

2月の美食漫遊記 最終回です。
門前仲町駅そばにある、アットホームな雰囲気のイタリア料理店「パパトリア」を訪問。
IMG_0132.JPG
入店しメニューを確認。この日は有給休暇の平日でしたので、嫁とCランチのフルコースをお願いしました。
IMG_0116.JPG
パスタとメイン料理は黒板に書かれています。パスタは”ツナと水菜のオイルベース”をお願いしました。
IMG_0119.JPG
まずは、サラダ。
IMG_0120.JPG
温かいパン。
IMG_0121.JPG
前菜は4種盛り。ハム・小鯵のマリネ・キッシュ・あと一品思い出せません^^;
IMG_0124.JPG
”ツナと水菜のオイルソーススパゲティ(塩味)”。麺の湯で加減といい、オイルソースと塩の味付けといい、凄くベストなパスタ。久々に美味しいパスタを食べましたね。
IMG_0126.JPG
メインは”豚肩ロースのソテー オレガノのトマトソース”。豚肩は塩胡椒で味付けされ、じっくりと焼き上げられています。厚みも十分あり満足。オレガノのトマトソースの酸味もマッチしています。
IMG_0128.JPG
デザート。
IMG_0130.JPG
エスプレッソでCランチのフルコースをフィニッシュ。
IMG_0131.JPG
実は狙っていたお店が臨時休業で門前仲町駅近辺をウロウロしていたところ、HCノーズが働き、このお店に入りました。さすが、俺の鼻(笑)

3月の美食漫遊記もお楽しみに!
nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

【映画鑑賞記8/19’】夜明け [映画鑑賞]

「夜明け」を鑑賞。
176043_01.jpg
柳楽優弥主演作品。彼は同世代ではNo.1の演技力を持った実力派俳優だと思っています。
彼が映画、テレビに出ているだけで嬉しくなるし、その演技に引き込まれてしまいます。
物語は、ある日の明け方からはじまります。釣りをするため河辺にやってきた哲郎(小林薫)は、水際に倒れていた青年(柳楽優弥)を見つけます。衰弱している青年を、哲郎はそのまま軽トラに乗せて自宅で介抱します。
青年は、自分が東京の渋谷から来たことを告げ、自らを「ヨシダシンイチ」と哲郎に名乗ります。それ以上のことは喋りたがらないし、もう帰らなきゃ、と言いつつ、特に行く先のあてもないシンイチ。そんな謎めいた青年に妙な執着を覚えた哲郎は、自分が経営する木工所に連れて行き、仕事を与えます・・・
365780_002.jpg
物語りは淡々と進みますが、何故か画面に魅入られてしまいます。柳楽優弥と小林薫の演技合戦には鳥肌が立ちました。哲郎がシンイチに執着したのは哲郎の亡くなった息子と重ねたから。その思いに報いようとしたのか、シンイチも哲郎の息子同様金髪に染めたりもします。
365780_005.jpg
そして、クライマックス・・・
誰にも夜明けはやってきます。ただ、光はまださしていません。夜明けとともに人は現在を生きていかなければならないと考えさせられた作品でした。
監督は、是枝裕和監督や西川美和監督の作品で監督助手を務めてきた広瀬奈々子。日本が誇る名監督のもと指導をじっくり受けた感がありますが、やや作風が似通うのはしょうがないところでしょうか。
脇を固める俳優陣もよかったです。
365780_007.jpg

解説:是枝裕和監督や西川美和監督の作品で監督助手を務めてきた広瀬奈々子の初監督作。秘密を抱えた青年と初老の男が、親子のような信頼関係を築く。青年を『誰も知らない』などの柳楽優弥、初老の男を『深夜食堂』シリーズなどの小林薫が演じる。そのほか『日本で一番悪い奴ら』などの YOUNG DAIS、『深夜食堂』シリーズの音楽を担当した鈴木常吉、ドラマ「ショムニ2013」などの堀内敬子らが共演。

あらすじ:木工所を経営する哲郎(小林薫)は、ある日川辺に倒れていた青年(柳楽優弥)を介抱する。シンイチと名乗る彼のことが不思議と気になった哲郎は、職を与え一緒に暮らすことにする。周囲は素性のわからないシンイチを怪しむが、哲郎とシンイチは絆を深めていく。
nice!(13)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

【麺食い日記5/19’】煮干中華そば 鈴蘭@新宿三丁目 [ラーメン・つけ麺]

新宿三丁目の「煮干中華そば 鈴蘭」を訪問。
IMG_3140.JPG
HCくんの前に3人の外国人の方が券売機の前でスタッフさんに何が美味しいのか聞いたり、券売機システムが良く分からなくて5分程待たされてしまいました^^;
まー日本の食文化の代表格をしってもらうんだから良いことだけどね。
そうこうして、券売機横のメニューを確認して、
IMG_3124.JPG
券売機で、”味玉鯵煮干そば”をプッシュ。
IMG_3126.JPG
店内はカウンターのみ。厨房には「煮干の旨さ教えます」が掲げられています。
IMG_3129.JPG
お店のこだわり書き。
IMG_3128.JPG
しばし待って、”味玉鯵煮干そば”が配膳。
とってもハンサムで食欲がそそられる丼顔。
IMG_3130.JPG
白一色の陶器は自信の表われでしょうかね。
IMG_3131.JPG
薀蓄によると、スープは炭火で焼いた稀少な鯵煮干しを使用した動物系不使用の淡麗もの。炭火焼の香ばしさと鯵の旨味が十分に堪能できます。旨いの一言です。
IMG_3134.JPG
麺は全粒粉の細麺。このスープと相性は抜群と思います。
IMG_3135.JPG
具は低温調理したレアチャーシュー、ぶっといメンマ、大判の海苔、葱。そして、紫のタマネギの食感が楽しい。また、鯵のフレークもトッピングされています。
IMG_3132.JPG
IMG_3133.JPG
IMG_3137.JPG
味玉の気味具合もOK。
IMG_3138.JPG
いやー美味しかった。新宿近辺でもトップクラスの煮干そばのお店だと思います。
IMG_3139.JPG
ご馳走様!
nice!(18)  コメント(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

【美食漫遊記】2月の美食漫遊記 その5 [美食漫遊記]

2月の美食漫遊記 その5です。
まずは、宿題店だった表参道の「東京ライス」。”大人のお子様ランチ”を提供するお店です。
IMG_0090.JPG
入店しカウンターに座りメニュー確認。
IMG_0073.JPG
定番の”大人のお子様ランチ”とスープをお願いしました。
洒落た店内。夜飲みもよさげ。
IMG_0076.JPG
IMG_0075.JPG
スープが到着。スマイルが浮いています。可愛いですね。インスタ映えしますね。
IMG_0079.JPG
続いて”大人のお子様ランチ”が到着。
ハンバーグがメインでエビフライ、タコさんウインナー、チキンライス、ナポリタン、デザートなどがワンプレートになっています。
いやーワクワクしますね^^
IMG_0080.JPG
ハンバーグは肉がギュっとしまっていて、あけると肉汁が出てきます。
IMG_0081.JPG
IMG_0088.JPG
チキンライス。けど、カレーピラフみたいな色(笑)
IMG_0082.JPG
タコさんウインナーは嬉しいなぁー^^
エビフライは大きな有頭エビ。食べ応えありました。
IMG_0084.JPG
デザート他。
IMG_0085.JPG
IMG_0087.JPG
いやーお子ちゃまなHCくんとしては大満足な一皿でした。[わーい(嬉しい顔)]
続いては、東京駅にある「汁や」。
IMG_0222.JPG
出汁で人気の「茅乃舎」が手がけるご飯やさんです。
IMG_0108.JPG
メインメニューは四品。其々に茅乃舎の出汁、調味料が使われています。”十穀汁セット”をお願いしました。ちなみに、先に会計して注文するルールです。
IMG_0109.JPG
店内はカウンターメイン。テーブル席が数席。非常に清潔感があります。
IMG_0107.JPG
お茶も美味しい^^
IMG_0106.JPG
”十穀汁セット”の到着。
IMG_0111.JPG
茅乃舎の出汁が使われた季節の汁。
体にヨサゲです。
IMG_0112.JPG
ご飯は十穀米。
IMG_0113.JPG
小鉢は豆腐。
IMG_0114.JPG
お腹的には八分ですが、これがいいんでしょうね。健康食を食べたーって実感で満腹でしたよ。
ご馳走様!

最終編に続く(笑)
nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

【美食漫遊記】2月の美食漫遊記 その4 [美食漫遊記]

2月の美食漫遊記 その4です。
トップバッターは定番の立ち食い鮨「築地すし好 和」。
IMG_0030.JPG
奥のカウンターを陣取ります。
IMG_0022.JPG
メニューを確認して、
IMG_0020.JPG
IMG_0023.JPG
まずは、ひかりの三種盛りからスタート。
IMG_0024.JPG
生たこ。
IMG_0025.JPG
まぐろ三種盛り。
IMG_0026.JPG
これなんだったかな。かんぱち?
IMG_0027.JPG
こはだ。
IMG_0028.JPG
〆はあなきゅうの手巻き。
IMG_0029.JPG
この日はネタの仕入れが遅くて、食べたいネタがあまりありませんでした。市場が豊洲に移った影響で、ネタの仕入れが遅くなったと大将がボヤいてましたよ。

その5に続く・・・
nice!(14)  コメント(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

【映画鑑賞記7/19’】マイル22 [映画鑑賞]

「マイル22」を鑑賞。
176066_02.jpg
たった22マイルの行程に四方八方から次々に襲い来る敵。マーク・ウォールバーグ演じる主人公とそのチームの面々が獅子奮迅の戦いを見せていく様に、思わず圧倒されました。
365345_001.jpg
けど、見所はそこだけかもしれません。
前半はやや退屈で欠伸を噛み殺したりもしてました^^;
ストーリーは結構ありがち。あまり現実味はないのが難点かな。銃撃戦が好きな方は楽しめるかも。
365345_007.jpg
ただ、意外性のあるラストは良かったですね。
おー、そう来たかって感じなので、改めて映画観るのは集中力が必要と感じた作品でもありました、はい。

解説:『バーニング・オーシャン』などのピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグが再び組んだアクション。ある秘密を知る男を護衛する特殊部隊が、武装勢力に挑む。『ザ・レイド』シリーズなどのイコ・ウワイス、ドラマシリーズ「ウォーキング・デッド」などのローレン・コーハンらが出演。ドラマシリーズ「FRINGE/フリンジ」などのグレアム・ローランドが原案と製作総指揮を務める。

あらすじ:人類にとって非常に危険な物質が、何者かに奪われる。その行方を知るリー・ノアー(イコ・ウワイス)が、重要参考人としてインドネシアのアメリカ大使館に保護される。彼の命を狙って多数の武装勢力が迫っていることがわかり、国外に脱出させるため、ジェームズ・シルバ(マーク・ウォールバーグ)率いるCIAの機密特殊部隊が、大使館から空港までの22マイルを護衛することになる。

nice!(15)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

【ブラHC】橋シリーズ:江戸橋 [ブラHC]

鎧橋から江戸橋へ。
江戸橋は昭和通りに架かっています。
P2240033.JPG
P2240034.JPG
ひらがな標記。橋に敷かれたインターロッキングブロックが綺麗です。
P2240036.JPG
江戸橋を渡ると日本橋郵便局があります。
ここは、「郵便発祥の地」だそうです。
P2240040.JPG
「郵便は世界を結ぶ」。郵便創業100年記念に設置されたポスト。
P2240038.JPG
歩道橋から、日本橋郵便局をパチリ。
P2240042.JPG
歩道橋を渡りきると、高速「江戸橋」の入口。
P2240044.JPG
高速の入口がある関係で、江戸橋に戻るにはプチトンネルを通ります。
P2240045.JPG
ボックスカルバート式の通り口。
P2240046.JPG
あら、こちらもひらがな標記だわ。
P2240047.JPG
pn師匠が言うとおり、高速が邪魔ですね。早期の地下化が望まれます。
P2240048.JPG
江戸橋から望む日本橋川。
P2240049.JPG
江戸橋を後にして日本橋方面へ。
P2240052.JPG
更に八重洲方面へ。八重洲も大規模な建設ラッシュ。
P2240053.JPG
東京駅八重洲口も丸の内口と違った趣きがありますね。
P2240055.JPG
P2240057.JPG
nice!(17)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -