So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【麺食い日記16/18’】日本橋麺処 こはる@日本橋室町 [ラーメン・つけ麺]

日本橋室町の「日本橋麺処 こはる」に三度目の訪問。
IMG_1587.JPG
”醤油”→”つけ麺”ときたので、今回は迷いもせず”塩らぁめん”をプッシュ。
IMG_1572.JPG
お店はカウンターのみ。新しいお店なので、カウンターも綺麗です。
IMG_1577.JPG
お品書きを再度確認。
IMG_1575.JPG
”こはるのこだわり”。麺、チャーシュー、スープそして水まで、こだわっていますね。
IMG_1576.JPG
数分で着膳。具材がバランスよく配された丼顔。整っていますね。
IMG_1578.JPG
ベースが赤で縁が白い丼。感じの良い丼です。
IMG_1579.JPG
まずは、スープを一口。塩加減が丁度よくスープと旨く一体になっていて、円やかな風味で美味しいです。
IMG_1582.JPG
麺は全粒粉のストレート。やや細麺。サクッとした歯応えです。
IMG_1584.JPG
具材は、炙りチャーシュー・レアチャーシュー・海苔・メンマ・三つ葉。
特筆すべきは、やはり2種のチャーシューでしょうね。
炙りはバラ肉。香ばしくてジューシー。
IMG_1581.JPG
レアチャーシューはスープの温度で肉質が変化していきます。
IMG_1580.JPG
IMG_1585.JPG
いたって普通のラーメンですが、何故か食べたくなる一杯。これこそ、安心の一杯なのかもしれません。
IMG_1586.JPG
次回は柚子が入った醤油か塩か。はたまた、週変わりか。柚子系を食べれば一応コンプリートですが、悩みますね。ご馳走様!
nice!(16)  コメント(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

【映画鑑賞記22/18’】パシフィック・リム:アップ・ライジング [映画鑑賞]

「パシフィック・リム:アップ・ライジング」を鑑賞。
172416_02.jpg
駄作という言葉はこの作品のためにあるような一作でした。
これほど、酷い続編はありませんね・・・
制作にギレルモ・デル・トロの名前がクレジットされていますが、なんの関与もしてないんじゃないでしょうか。
正直、今年観た映画のワースト1で、感想を述べる気にもなりません。
362179_001.jpg

解説:2013年に公開されたSFアクション『パシフィック・リム』のシリーズ第2弾。平穏を取り戻した地球に進化したKAIJUが再び出現し、人類と激闘を繰り広げる。監督はドラマシリーズ「スパルタカス」などに携わってきたスティーヴン・S・デナイト。『デトロイト』などのジョン・ボイエガ、『スクランブル』などのスコット・イーストウッド、『バベル』などの菊地凛子、『ちはやふる』シリーズなどの新田真剣佑らが出演する。

あらすじ:巨大兵器イェーガーを駆使する人類とKAIJUたちとの激闘から10年。今は亡き英雄ペントコストの息子でイェーガー・パイロットとしての活躍を期待されていたジェイクは、環太平洋防衛軍(PPDC)を去って違法なイェーガーのパーツ売買を行っていた。だが、戦地からイェーガーのパーツを盗んでいたアマーラと共に逮捕され、PPDCのパイロット養成施設へ送られる。そこで彼は義姉のマコ(菊地凛子)に命じられ、イェーガー・パイロットの候補生の教官を務めることになる。
nice!(17)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

【麺食い日記15/18’】味噌らーめんの店 しなり丸@八丁堀 [ラーメン・つけ麺]

八丁堀の「味噌らーめんの店 しなり丸」に初訪問。
IMG_1566.JPG
実は違うお店に行こうと思っていましたが、何気にこのお店の前を通って、そのまま入店してしまいました。なかなか、魅惑的なメニューでしょう^^
IMG_1567.JPG
IMG_1569.JPG
IMG_1570.JPG
IMG_1571.JPG
ちょっとゴチャついた券売機を確認し”らーめん”とトッピングに”コーン”を連打。
IMG_1549.JPG
食券をスタッフさんに渡すと白味噌か赤味噌か聞かれます。白味噌は太麺だそうなので白味噌をお願いしました。
席に座って改めてメニューを確認。
IMG_1550.JPG
チャーハン、唐揚げもいいなぁ。けど、会社の健康診断も近いので、ここは我慢我慢。
IMG_1552.JPG
味噌らーめんのお話。白味噌は甘味のある信州味噌。赤味噌はキレのある赤味噌だそうです。
IMG_1551.JPG
卓上には、おろしにんにく他無料トッピングが列をなしています。
IMG_1553.JPG
しばし待って、着膳。
IMG_1554.JPG
白味噌を意識したのか丼も受け皿も白で統一。コーンのイエローが光って見えますね。
IMG_1555.JPG
まずは、スープを一口。インフォにあるように確かに甘味もありますが、牛・豚・鶏の動物系が背景にあるので、濃厚な味わいになっています。
IMG_1557.JPG
具はコーンの他に炒められた野菜群。モヤシ率多め。
IMG_1558.JPG
麺は濃厚スープに負けない極太麺。モッチとした玉子麺なので、味噌味と相性がいいですね。
IMG_1559.JPG
コーン用のレンゲがついてくるのも嬉しい。
IMG_1562.JPG
数ある無料グッズの中から一味を選択し振り掛けます。味噌らーめんには一味が一番です。
IMG_1560.JPG
健康診断が頭をよぎった影響か、スープは完飲せず^^;
IMG_1564.JPG
朝らーも出来そうなので、再訪しようかな。
IMG_1563.JPG
ご馳走様!
nice!(14)  コメント(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

【映画鑑賞記21/18’】ヴァレリアン 千の惑星の救世主 [映画鑑賞]

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」を鑑賞。
172732_02.jpg
リュック・ベンソン監督が描く広大なSFスペースオペラ。
リュック・ベンソンがSF?って、どんな感じに仕上がっているかと期待と不安が入り混じりながら鑑賞しましたが、恋に冒険、勧善懲悪、仲間との協力など映画の原点がてんこ盛り。そして、結構コミカルだったので、楽しめましたね。
その要因の一番は主役ふたりのビジュアルでしょうね。
201803150010000view.jpg
特にデイン・デハーン演じるヴァレリアン
362346_004.jpg
の相棒ローレリーヌ役のカーラ・デルヴィーニュ。美形でキュートそして小悪魔的でルックスで惚れてしまいました(笑)
362346_002.jpg
スターウォーズに足りない、主役級のビジュアルの良さがあり、また、ところどころでスターウォーズをパロっているところもあり。特に、主人公らが操る船もまるでファルコン号のようでしたね。
362346_011.jpg
キャラクターもさる事ながら、近未来のアイデアが綺麗な映像で描かれ、2Dで見ましたが充分綺麗でした。
362346_006.jpg
そして綺麗な星をも凌駕するカーラ・デルヴィーニュの美。
BGMにはデヴィッド・ボウイの「スペース・オディティ」。
深く考えず、爽快に観終わる。映画ってそんなもんでいいですよね。

解説:数々の名作を手掛けてきたリュック・ベッソンが監督と脚本を務め、人気SFコミックを実写化。宇宙の平和を守るエージェントたちが、ある宇宙ステーションの裏でうごめく陰謀に立ち向かう。『ディーン、君がいた瞬間(とき)』などのデイン・デハーン、『スーサイド・スクワッド』などのカーラ・デルヴィーニュ、『クローサー』などのクライヴ・オーウェンらが出演。銀河を股にかける冒険とそれを具現化した映像に期待。

あらすじ:西暦2740年。宇宙の平和を守るため、銀河をパトロールしている連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)。アルファ宇宙ステーションに降り立った彼らは、長い時間をかけて規模を広げ、多種多彩な種族が共存している“千の惑星の都市”の繁栄を目にする。だがその裏にはある秘密が存在し……。
nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

第85回日本ダービー [競馬]

これから始まる大レース ひしめきあっていななくは 天下のサラブレッド四才馬 今日はダービーめでたいな♪

優駿が集う戦い、日本ダービーが東京競馬場で開催されます。
年に一回の競馬の祭典。走れコータローの歌にもあるように、おめでたいお祭りですね、ダービーは。

さて、予想です。
HCくんの推奨馬は⑥番ゴーフォザサミット。鞍上はベテラン蛯名正義騎手。この馬で、悲願の日本ダービー騎手を目指します。
相手は、
①ダノンプレミアム
⑤キタノコマンドール
⑦コズミックフォース
⑧ブラストワンピース
⑭エタリオウ
⑮ステルヴィオ
⑯ジェネラーレウーノ
以上、7頭。
⑥番ゴーフォザサミットを頭に三連複軸一頭流し。
21通りで、いざ勝負!
何はともあれ、優駿達18頭が無事に走ってくれることを願います!!


nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:競馬

【ブラHC】日本橋界隈の橋巡り~西河岸橋~ [ブラHC]

福岡出張のため、予約投稿です。

しばらく間があいてしまいましたが、日本橋界隈の橋巡り第2弾です。
日本橋を渡って三越の脇道をしばし歩くと、西河岸橋に行き当たります。
IMG_4738.JPG
橋と言っても、タクシーの休憩所になっていますね。
また、橋のたもとが喫煙所になっているので、情緒が感じられません・・・
IMG_4732.JPG
西河岸橋から望む日本橋川。
IMG_4731.JPG
このあたりは、江戸時代より我が国の商業・経済の中心地として、栄えてきたそうです。
この橋は、日本橋から一石橋までの日本橋右岸地域が、西河岸町という地名であったことから”西河岸橋”と名付けられたそうです。
ネット情報によると、
「初代の橋(明治24年架設)は、弓弦形ボウストリングトラスという、当時最新式の鉄橋でした。関東大震災により被害を受けたこの橋は、大正14年に現在の橋に架け替えられました。
区では、架設後65年を経過したこの橋を平成2年度において、痛んだ部分を修復し、さらに伝統的な木造建築様式の木組みを採りいれた意匠で整備しました。」だそうです。
小さな橋でも歴史があるんですね。
IMG_4739.JPG
nice!(14)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

福岡出張 [出張物語]

今日は福岡出張。
午前中、挨拶廻り。
午後からイベント。夜懇親会。そして宿泊して明日の朝帰ってきます。
4月中旬からはじまった出張シリーズも福岡で最後。
中州の夜を楽しむばい(笑)
それじゃ
nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:仕事

iPad mini 4 [ギョーム]

会社からiPad mini 4を持たされた。
IMG_1810.JPG
ギョームのメールや会社のポータルページを外出先でも出張先でも休みの日も常にチェックしろ!ということか?
働き方改革推進室など作って、残業時間削減、有給消化促進などと言っているわりには、やってることが違いますね。
まぁ、おもちゃが一つ増えたと思って活用しますかね ギョーム以外にも(笑)
nice!(16)  コメント(14) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【路麺紀行】白山そば@金沢駅 [路麺紀行]

久々の路麺紀行は金沢駅の「白山そば」。訪問は4回目くらいになりますかね。
IMG_1607.JPG
入店し窓口で食べたい蕎麦を口頭で注文するスタイル。壁の品書きを見て”天玉そば”をお願いしました。
IMG_1601.JPG
立ち食いのカウンター席を確保して、周辺を撮影。
”天玉そば”はおすすめの逸品なんですね。
IMG_1599.JPG
金沢でありながら、富山がブーム。
IMG_1606.JPG
富山湾の白えびを使った”白えびかきあげそば”もこの店では人気です。
IMG_1600.JPG
”天玉そば”が出来上がったので、取りにいきます。
IMG_1598.JPG
赤いかまぼこがなんとも言えませんね。
IMG_1602.JPG
たまごの白身が汁の熱さで、一部白くなっています。
IMG_1603.JPG
蕎麦はコシがちゃんとあり、喉越しも良い麺。
IMG_1604.JPG
汁は出汁が良く出ているのでゴクゴクと飲んじゃうタイプ。
さらりと完食完飲。
IMG_1605.JPG
朝ご飯としては、ちょうど良かったですね。ご馳走様!
nice!(14)  コメント(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

【映画鑑賞記20/18’】レッド・スパロー [映画鑑賞]

「レッド・スパロー」を鑑賞。
174088_01.jpg
33年間CIAの捜査官だったジェイソン・マシューズによる原作「レッド・スパロー」の実写化。
主人公はアメリカ人ではなく、ボリショイ・バレエ団でプリンシパルを務めるロシア人女性のドミニカ。けど、主演はハリウッドで一番ギャラが高い女優ジェニファー・ローレンス(笑)
本番中に負った大怪我でバレリーナ生命を絶たれた彼女は、国からの援助を打ち切られ、母親の治療費を捻出できなくなってしまいます。ロシア情報庁の幹部である叔父・ワーニャの指示で、スパイ養成学校へ送られた彼女は、女スパイ(スパロー)としての才能を開花させていきます。
362220_002.jpg
ソ連やロシアのスパイが登場する映画は珍しくありませんが、彼らがどうやってスパイになる過程の映画は珍しいですね。本当に本作のような形でスカウト、育成をしてるんだったら怖い気がしましたね。
ドミニカを繊細かつ大胆に演じるジェニファー・ローレンスは、決して綺麗な女優さんではないと思いますが(失礼)ハリウッドが好む女優さんだと思います。
362220_004.jpg
今回はフルヌードを披露したり、ハニートラップをかけたりと、女スパイとしての魅力を十二分に発揮していました。HCくんなら、すぐハニトラに引っかかりそうですわ(笑)

解説:元CIAエージェントの作家、ジェイソン・マシューズの小説が原作のスパイアクション。バレリーナからスパイになった美女が、CIA捜査官への接近を命じられたのを機に思わぬ事態に陥る。監督は『ハンガー・ゲーム』シリーズなどのフランシス・ローレンス。『世界にひとつのプレイブック』などのジェニファー・ローレンス、『ラビング 愛という名前のふたり』などのジョエル・エドガートン、『君と歩く世界』などのマティアス・スーナールツらが出演する。

あらすじ:事故によってバレリーナの道を諦めたドミニカ(ジェニファー・ローレンス)。母親をめぐるやむを得ない事情から、彼女はロシア政府直属の諜報(ちょうほう)機関の一員になる。美貌を生かした誘惑や心理操作で情報を入手する「スパロー」と呼ばれるスパイとして育成された彼女は、瞬く間に才能を発揮する。そして新たなミッションとして、ロシアの機密事項を探るCIA捜査官ナッシュ(ジョエル・エドガートン)への接近を命じられるが……。
nice!(16)  コメント(10) 
共通テーマ:映画