So-net無料ブログ作成

【映画鑑賞記57/18’】音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! [映画鑑賞]

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」を鑑賞。
175790_02.jpg
テレビドラマ「時効警察」や映画「インスタント沼」「俺俺」で知られる三木聡監督のオリジナル新作。オリジナルってところは評価できるけど(←上から目線)、内容は?
脱力コメディの先駆者として、三木監督作品は映画もドラマも面白かったけど、最近は福田雄一や宮籐官九郎などのコメディ感覚に押され気味の感じがしますね。
364042_004.jpg
物語のヒロインとなるのは、まったく無名のストリートミュージシャンふうかを吉岡里帆が演じます。人気アーティストになることを夢見て田舎から上京してきたものの、自分で作ったオリジナル曲は恥ずかしくて、ささやくような小声でしか歌うことができません。
364042_005.jpg
そんなふうかの前に、阿部サダヲ演じるロックスター・シンが現われます。シンはリスクを負い、自分の肉体を痛めつけることを良しとする昔ながらのロックミュージシャンです。しかも、彼の声は声帯ドーピングで作られているという設定。
もう少しこの設定を上手く活かせばよかったのにと思ってしまいますね(←またまた上から目線)。
364042_003.jpg
物語後半には何故か韓国に渡ったりして、何をしたいかよく分かりませんでしたよ。
共演は三木監督作品の常連とも言える麻生久美子ら。
364042_007.jpg
けどね、劇中阿部サダヲがバンドのボーカルとして歌う楽曲や吉岡里帆が歌う楽曲は中々良かったです。この映画の唯一の救いだったかも(笑)

解説:テレビドラマ「時効警察」や『俺俺』などの三木聡が監督を務めたコメディー。ドーピングで声を作っているカリスマロックスターと、声が小さいストリートミュージシャンの出会いを映し出す。主演とヒロインは、『舞妓 Haaaan!!!』などの阿部サダヲとテレビドラマ「ごめん、愛してる」などの吉岡里帆。マリリン・マンソンを参考にしたという主人公のキャラクターに注目。

あらすじ:絶大な人気を誇るロックスターのシン(阿部サダヲ)は、誰にも言えない秘密を抱えていた。それは、彼の歌声が“声帯ドーピング”という方法で作られているということ。しかし彼の喉は副作用で限界の一歩手前まできており、声が出なくなる恐怖におののいていた。ある日シンは、声が小さいストリートミュージシャンのふうか(吉岡里帆)と出会い......。
nice!(12)  コメント(10) 

忘年会のはじまり [雑記ブログ]

昨晩、忘年会第一弾を東京八重洲の博多料理屋さんで開催。
メンバーは70歳代2名。一人は会社OBで元本部長。もう一人は今も席を並べている方で、とある事務局をお願いしています。続いて、60歳代が2名。一人はこれまた元本部長、一人は現職の副本部長。そして、HCくん。58歳でぺーぺーっす(^^;)
でもね、気楽に話せるんですよ。
付き合いが長いし、元本部長2人は会社を離れているので、外から見た会社について客観的に評価していただいて参考になります。
HCくんも現在の現況もざっくばらんに話して参考になるアドバイスをいただいています。
この会は夏の暑気払いと年二回開催しています。
今後も続けていきたいですね。
さて、今週から週2回ペースで忘年会があります。飲みすぎないよう、疲れがでないよう気をつけなくては。
それじゃ

空くん爆睡中[眠い(睡眠)]
IMG_2756.JPG
長毛種は夏は大変だけど、冬は暖かそうでよいね。
IMG_2758.JPG
nice!(15)  コメント(14) 

【美食漫遊記】10月の美食漫遊記~出張編~ [美食漫遊記]

10月の美食漫遊記出張編は伊勢で食べた伊勢うどん。
人気店の「まめや」さんを訪問。
IMG_2637.JPG
ショーウィンドウが懐かしく、かつ、嬉しい。
IMG_2638.JPG
店内に入ってメニューを確認。
IMG_2621.JPG
IMG_2622.JPG
IMG_2623.JPG
IMG_2624.JPG
IMG_2625.JPG
ここは、オーソドックスに”伊勢うどん”にしました。
店内は木を基調に落ち着いた感じで開放感があります。
IMG_2626.JPG
昔の品書きでしょうかね。
IMG_2627.JPG
しばし待って配膳。
IMG_2628.JPG
シンプルなビジュアル。伊勢うどんは一般的なかけうどんとは違い大量の汁には浸っていません。たまり醤油に鰹節やいりこ、昆布等の出汁を加えた、黒く濃厚な汁を、太い緬に絡めて食べるものが主流です。
IMG_2629.JPG
そこに、揚げ玉やネギをお好みで加えていきます。
IMG_2630.JPG
太い麺は長時間かけて柔らかく湯であげられています。たまり醤油のタレをよく馴染ませませて、トッピングをON。
IMG_2634.JPG
麺は極太。非常に柔らかく、もちもちしており、一般的なうどんとは全く違う食感です。
コシがありませーん。博多うどんに似てますね。
IMG_2633.JPG
HCくん的には、うどんはコシが大事っす。けど、美味しく完食。
IMG_2635.JPG
以上、出張編でした。11月の美食漫遊記もお楽しみに(笑)
nice!(18)  コメント(10) 

【読書日記21/18’】下町ロケット ヤタガラス@池井戸潤 [読書日記]

池井戸潤著「下町ロケット ヤタガラス」を読了。
51yCy+bDNaL.jpg
現在、TBSで放送されている日曜劇場「下町ロケット」の原作であり、前作「下町ロケット ゴースト」の続編。
「ゴースト」編だけでは消化不良気味だったので、この「ヤタガラス」編を読むことで、物語に描かれている様々な出来事の溜飲をさげることができますね。
読みやすくて分かりやすい。ドラマチックな展開で先が読めない展開は、確かにドラマ向けかも。
そして、安定の勧善懲悪、安心の面白さでした。
また、ドラマが頭にあったので主人公の佃航平=阿部寛、財前部長=吉川晃司など作中の登場人物とドラマの俳優がシンクロしながら読めるのも楽しかったです。
続編が楽しみなシリーズですね。
181116_sitamati5_01.jpg

内容:「宇宙から大地」編、ついに激突!! 2018年10月放映、ドラマ「下町ロケット」(TBS日曜劇場)新シリーズの原作小説『下町ロケット ゴースト』に連なる、「宇宙から大地」編、クライマックスへ――! 社長・佃航平の閃きにより、トランスミッションの開発に乗り出した佃製作所。果たしてその挑戦はうまくいくのか――。 ベンチャー企業「ギアゴースト」や、ライバル企業「ダイダロス」との“戦い”の行方は――。 帝国重工の財前道生が立ち上げた新たなプロジェクトとは一体――。 そして、実家の危機に直面した番頭・殿村直弘のその後は――。 大きな挫折を経験した者たちの熱き思いとプライドが大激突! 準天頂衛星「ヤタガラス」が導く、壮大な物語の結末や如何に!? 待望の国民的人気シリーズ第4弾!!

nice!(13)  コメント(12) 

【映画鑑賞記56/18’】ルイスと不思議な時計 [映画鑑賞]

「ルイスと不思議な時計」を鑑賞。
175677_01.jpg
大好きなジャック・ブラックがポンコツな魔法使いを演じるファンタジー映画。
でも、結構ダークな部分が多くて、子供向けというよりは大人向けだったかも。
365085_001.jpg
共演はケイト・ブランシェット。隣人の魔女を演じます。こちらの魔法はポンコツではありません(笑)
365085_003.jpg
少年ルイスとおじさん、おばさんで世界を救おうという内容ですが(ザクっというと)、どこかであったような内容、展開でイマイチ新鮮味はなかったかな。
ハロウィン映画としては秀逸だったとは思いますが。
365085_006.jpg

解説:ジョン・ベレアーズの児童文学を原作にしたファンタジー。少年と2人の魔法使いが、世界を救うために時計の謎に挑む。監督は『グリーン・インフェルノ』などのイーライ・ロス。『グースバンプス モンスターと秘密の書』などのジャック・ブラック、『ブルージャスミン』などのケイト・ブランシェット、ドラマ「デスパレートな妻たち」シリーズなどのカイル・マクラクランらがそろう。

あらすじ:両親を亡くし、叔父のジョナサン(ジャック・ブラック)の世話になることになった少年ルイス(オーウェン・ヴァカーロ)は、ジョナサンが魔法使い、隣家に暮らす美女ツィマーマン(ケイト・ブランシェット)が魔女だと知る。ある日、ジョナサンの屋敷に世界を破滅させる力を持った時計が隠されていることがわかる。
nice!(14)  コメント(10) 

第38回ジャパンカップ [競馬]

本日、府中東京競馬場で第38回ジャパンカップが開催されます。
ジャパンカップは国際招待レースという立ち位置。過去には海外の有力馬が多数参戦していましたが、いまではまばら。ジャパンカップという冠だけが残った感じがしますね。
さて、予想です。
今回は三連複BOX馬券。以下、六頭を選択します。
1.アーモンドアイ
3.サトノダイヤモンド
6.サンダリングブルー
8.キセキ
9.シュヴァルグラン
11.スワーヴリチャード
20通りで勝負勝負!!
nice!(18)  コメント(8) 

ケータイ国盗り合戦 [雑記ブログ]

ケータイ国盗り合戦の状況報告です。
10月11月の出張で2国を国盗りし現在423国統一しています。
422国目は、志摩国鳥羽・阿児。
IMG_0398.PNG
423国目は、筑前国戸畑。
IMG_0411.PNG
残り177国。今年中に425国を盗りたいな。
nice!(15)  コメント(10) 

【ブラHC】伊勢神宮 内宮 [ブラHC]

外宮からバスに乗って内宮へ。
IMG_5344.JPG
参拝者が心身を清めるという五十鈴川。
IMG_5345.JPG
五十鈴川に架かる宇治橋は、日常から神聖な世界への架け橋と言われています。
IMG_5346.JPG
正宮「皇大神宮」。
IMG_5349.JPG
大きな杉の木。
IMG_5352.JPG
内宮には正宮の他に六つの別宮があります。
今回、時間が余り無かったので落ち着いてカメラに収めることが出来ませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]
その他の施設等。
IMG_5357.JPG
IMG_5360.JPG
IMG_5366.JPG
神馬に会って競馬祈願したかった・・・
IMG_5369.JPG
内宮近くの赤福。HCくんは糖質制限中で食べませんでしたけど、出来立ての赤福は美味しかったと同僚が言ってました。次回は、食べましょうかね。
IMG_5377.JPG
伊勢神宮編終わり。
nice!(13)  コメント(14) 

【麺食い日記38/18’】バーミヤン 南葛西店@南葛西 [ラーメン・つけ麺]

南葛西の「バーミヤン 南葛西店」を訪問。自身初のバーミヤンなのです^〇^
住宅街にあるのでママチャリ多し^^;
IMG_2599.JPG
住宅街にあるので休日のランチタイム時は大混雑。20分程待ってテーブル席に着席。
メニューを確認。ラーメンvsチャーハンの中華頂上対決だって(笑)
色んな対決がありますなぁー。辛い物が食べたかったので、”刺激のコク旨マーボー麺”の餃子セットを注文。
IMG_2588.JPG
しばし待って着膳。丼の淵と麻腐の赤がいい感じ。
IMG_2591.JPG
大ぶりの豆腐と白葱、挽肉が水面いっぱいに広がっています。
IMG_2593.JPG
豆腐は木綿。
IMG_2596.JPG
スープはそんなに辛くはありませんが、
IMG_2597.JPG
麺をすする時に麻婆豆腐の旨味と山椒ラー油の香りが口の中に広がります。麺は業務用っぽいですがね(笑)
IMG_2594.JPG
セットの餃子は3個。それなりの餃子でした・・・
IMG_2595.JPG
完食。
IMG_2598.JPG
初バーミヤンでしたが、リーズナブルでそれなりの味。西葛西近辺にはないので、駅近にあったら嬉しいな。
ご馳走様!
nice!(15)  コメント(14) 

【映画鑑賞記55/18’】イコライザー2 [映画鑑賞]

「イコライザー2」を鑑賞。
175855_01.jpg
必殺仕事人イコライザーの続編。
デンゼル・ワシントン演じるロバート・マッコールは、昼は勤勉でタクシー運転手として働く男。しかし、夜の顔は”19秒でこの世の悪を完全に抹消する”元CIA工作員。
以外にもデンゼル・ワシントンが同じ役を2度演じるのは初めてだそうです。続投を決めたのは、それだけこのマッコール役に思い入れがあるんでしょうね。
201810040010000view.jpg
今回の敵は同じイコライザー。ただし、その志は全く違います。
同じ暗殺・戦闘のプロ同士のぶつかり合いは、前作以上の緊迫感とデンゼルの演技には凄味もアップして圧倒していました。
640.jpg
監督も前作から引き続きアントワーン・フークア。デンゼルとも息がぴったりなので、これは第3弾もありますね。

解説:『トレーニング デイ』のデンゼル・ワシントンとアントワーン・フークア監督が組んだクライムアクション『イコライザー』の続編。元CIAの工作員が、親友の死の真相を追う。前作に続きフークア監督がメガホンを取り、メリッサ・レオとビル・プルマン、ドラマシリーズ「ナルコス」などのペドロ・パスカルらが共演。

あらすじ:表向きはタクシー運転手として働くマッコール(デンゼル・ワシントン)は、CIA時代の上官で親友のスーザン(メリッサ・レオ)が何者かに殺害されことを知る。独自に捜査を進める彼は、スーザンが死の直前まで手掛けていた任務の真相に近づき危険にさらされる。その手口からCIAの関与が浮かび上がり、敵はマッコールと同じ特殊訓練を受けていることが判明する。
nice!(13)  コメント(9)