So-net無料ブログ作成

【読書日記25/18’】昨日があるから明日がある@宮部みゆき [読書日記]

宮部みゆき著「昨日があるから明日がある」を読了。
515vXmj40OL__SX342_BO1,204,203,200_.jpg
人気の杉村三郎シリーズ第5弾。宮部みゆきの作品の中でも好きなシリーズです。
本作は中編ものが3編収録されています。
杉村三郎は着手金5,000円で仕事を請ける私立探偵。
その内容は市井に住む人の身近な事件を解決すること。
けど、最初は身近ですがその深い闇をラストで暴くので読み応えはありますね。
以前、テレビドラマで杉村三郎を小泉孝太郎が演じていたので、そのイメージで読んでいると楽しいです。
2018年ラストを飾る一作でしたね。

内容:『希望荘』以来2年ぶりの杉村三郎シリーズ第5弾となります。中篇3本を収録する本書のテーマは、「杉村vs.〝ちょっと困った〟女たち」。自殺未遂をし消息を絶った主婦、訳ありの家庭の訳ありの新婦、自己中なシングルマザーを相手に、杉村が奮闘します。 「絶対零度」……杉村探偵事務所の10人目の依頼人は、50代半ばの品のいいご婦人だった。一昨年結婚した27歳の娘・優美が、自殺未遂をして入院ししてしまい、1ヵ月以上も面会ができまいままで、メールも繋がらないのだという。杉村は、陰惨な事件が起きていたことを突き止めるが……。 「華燭」……杉村は近所に住む小崎さんから、姪の結婚式に出席してほしいと頼まれる。小崎さんは妹(姪の母親)と絶縁していて欠席するため、中学2年生の娘・加奈に付き添ってほしいというわけだ。会場で杉村は、思わぬ事態に遭遇する……。 「昨日がなければ明日もない」……事務所兼自宅の大家である竹中家の関係で、29歳の朽田美姫からの相談を受けることになった。「子供の命がかかっている」問題だという。美姫は16歳で最初の子(女の子)を産み、別の男性との間に6歳の男の子がいて、しかも今は、別の〝彼〟と一緒に暮らしているという奔放な女性であった……。

nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:

先生と呼んで [ギョーム]

昨夕から、千葉の業界の研修施設に来ています。
今日は朝8時から14時30分までの講義を行います。
講義のベースラインは出来ていますが、そのとおりいかないのが本番。
時間的に余裕残しでいきたいと思います。
ああー早く終わらして、ウチに帰りたい(笑)
nice!(15)  コメント(14) 
共通テーマ:仕事

【麺食い日記45/18’】葫@葛西 [ラーメン・つけ麺]

葛西の宿題店「葫(にんにく)」を訪問。
IMG_2968.JPG
このお店は梟を飼ってるんですよ。マスコットですね。
IMG_2967.JPG
入店しメニューを確認。基本は”しょうゆ””しお””みそ”の三種の味。それぞれ、らぁめんとつけめんが用意されています。
IMG_2947.JPG
お店のこだわり。「葫」は行徳に本店を構えます。葛西は唯一の支店みたいですね。
IMG_2949.JPG
スープには根野菜がたっぷり使われているようです。野菜の旨味が凝縮しているスープは嬉しいですね。
IMG_2950.JPG
食事をしながら黒ウーロンを飲むといいみたいです。最近、ラーメン屋さんにも置かれるようになりました。HCくんは飲みませんが(笑)
IMG_2953.JPG
スタッフさんにオススメを聞いたところ”しお”ということでしたので、トッピングで”半熟玉子”とともにお願いしました。しばし待って、着膳。
おおー確かに野菜の旨味が凝縮されたクリーミーなスープ。ニンニクチップが食欲をそそります。
IMG_2956.JPG
IMG_2958.JPG
丼も派手すぎず地味すぎず・・・
IMG_2957.JPG
麺は中太でややウェーブがかかっています。ツルリとして喉越しがいいですね。
IMG_2960.JPG
チャーシューも大ぶりで良く煮込まれています。
IMG_2961.JPG
途中、ニンニクの増し増し^^
IMG_2955.JPG
クラッシャーで潰して、
IMG_2962.JPG
投入完了。追いニンニクを入れると味が締まりますね。
IMG_2963.JPG
けど、辛味噌投入は失敗でした[もうやだ~(悲しい顔)] 味がわかんなくなっちゃいましたよ。
IMG_2964.JPG
曇ったレンズ越しの”半熟玉子”。
IMG_2965.JPG
2018年ラーメン食べ納め。地元の宿題店だけあって、レベルが高いお店でした。次は”しょうゆ”でいきましょうかね。ご馳走様!
nice!(13)  コメント(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

【映画鑑賞記67/18’】アリー/ スター誕生 [映画鑑賞]

「アリー/ スター誕生」を鑑賞。
175053_02.jpg
まず、一番の感想はレディー・ガガの素顔ってこんなんだったのねってことでしょうか(笑)
いつもの個性的な装いのイメージが強いので、素顔が案外滋味なのが驚きでした。
364566_005.jpg
共演は「アメリカン・スナイパー」のブラッドリー・クーパー。彼は才能ある方で、この作品では監督、制作を担当。迫真の演技とともに、歌も披露しています。
364566_001.jpg
ただし、ストーリーはどこかで触れたことがある内容。しかも、タイトルが陳腐。今どき、スター誕生はないよね。
同じ音楽業界(?)というかロックスターを描いた「ボヘミアン・ラプソディ」と比べるとLIVEシーンも迫力にかけました。ガガとクーパーのデュオは良かったけどね。
364566_006.jpg
といいつつも、両作品とも2019年アカデミー賞作品賞にノミネートされています。賞レースの行方も気になりますね。

解説:『アメリカン・スナイパー』などのブラッドリー・クーパーが監督と製作を担当し、数々のヒット曲で知られるアーティストのレディー・ガガが主演を務めたドラマ。スター歌手に才能を見いだされた女性が、スターダムへと上り詰める姿が描かれる。ブラッドリーはスター歌手役で出演もこなしており、劇中でガガと共に歌声を聞かせる。

あらすじ:昼はウエイトレスとして働き、夜はバーで歌っているアリー(レディー・ガガ)は、歌手になる夢を抱きながらも自分に自信が持てなかった。ある日、ひょんなことから出会った世界的シンガーのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)から歌を高く評価される。アリーは彼に導かれてスター歌手への階段を上り始め、やがて二人は愛し合うようになるが、ピークを過ぎたジャクソンは、徐々に歌う力を失っていく。
nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

秋田駅 [シリーズ駅]

先週秋田に出張で行ってきました。
秋田男鹿の「なまはげ」が、ユネスコの無形文化遺産に登録されましたね。
ただ、なまはげも「泣く子はいねえかぁー」と昔みたいに突然家に上がりこむことはできないみたいですね。何やら”コンプライアンス”に問題があるとかないとか。
現地の方に聞いたところによると、最近は先に地域住民にアンケートしてから、家に上がるらしい。
なんだかなー
IMG_3100.JPG
秋田犬の大きな人形も設置してありましたよ。ザキトワ選手に贈呈したことで、大きな話題になっていましたね。
IMG_3099.JPG
しかし、、、
ネタがありません! ネタ枯れです・・・
nice!(16)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

お見舞い [雑記ブログ]

先日、元同僚が入院していると聞いたので、当時の上司・同僚とお見舞いに行ってきました。
既に会社は退職して転職していますが、会社の大きなプロジェクトで3年近く頑張った仲間。いまだに繋がりが深いんです。
彼が入院しているのは千葉県市川の某病院。
数年ぶりに会った彼は病気のせいで容姿が変貌していました。
彼の病気は腎臓疾患と自己免疫疾患。人工透析をうけています。
その関係か自己免疫疾患(不全)も起こしたそうです。
自己免疫疾患とは「異物を認識し排除するための役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰に反応し攻撃を加えてしまうことで症状を起こす、免疫寛容の破綻による疾患の総称。」とのこと。
投薬で抑えてはいるそうですが、体に水泡ができ勝手に割れて出血したり、日光も直接あたるのはNG。かなり、辛い状況です。
彼は金沢大学に入学するものの、自分が学ぶ大学はここではないと思い、東京大学を受験し入学。いわゆる、天才・秀才。HCくんとは次元が違いますが、同じ北陸出身(彼は福井)ということで結構ウマがあっていたんです。
治る可能性はほとんどない病気ですが、頑張ってほしいな。
nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:健康

【映画鑑賞記66/18’】くるみ割り人形と秘密の王国 [映画鑑賞]

「くるみ割り人形と秘密の王国」を鑑賞。
174969_02.jpg
安定安心のディズニー映画。
けど、正直言ってツッコミどころは満載でした(笑)
くるみ割り人形の物語は読んだことがなかったので、ストーリー的には面白かったですがね。
そして、ディズニーと言えばお姫様・ヒロイン。今回、主人公のクララを演じるのはマッケンジー・フォイ。透明感ある美少女でした。雪をバックにすると、その美しさに磨きがかかりますね。
364938_007.jpg
ヒロインと対する意地悪な女性を演じるのはキーラ・ナイトレイ。彼女が意地悪役を演じるなんてはじめてではないだろうか?ちなみに、エンドロールでは彼女の名前が先頭だったので、配役第1位ってことですね。
364938_001.jpg
そして、ヘレン・ミレンやモーガン・フリーマンなどベテランが脇を固めます。ちなみに、モーガン・フリーマンはクララの叔父役・・・?
364938_003.jpg
クララの美しさ、画面、CG美術の素晴らしさ、チャイコフスキーの音楽。これだけそろえば十分。文句言わずに楽しめる一作です。

解説:童話やチャイコフスキーの楽曲で知られる「くるみ割り人形」の物語を実写化したファンタジー。少女クララの不思議な冒険を壮大なスケールで活写する。メガホンを取るのは『サイダーハウス・ルール』などのラッセ・ハルストレム。『インターステラー』などのマッケンジー・フォイ、『プライドと偏見』などのキーラ・ナイトレイ、『クィーン』などのヘレン・ミレンらが出演している。

あらすじ:14歳の少女クララ(マッケンジー・フォイ)は、機械をいじることが大好きで、ほかの子と遊んだりお洒落をしたりすることが不得意だった。ある日、彼女の豊かな想像力と聡明さを認めてくれていた母親が亡くなる。悲しみの中、彼女は“花の国”“雪の国”“お菓子の国”“第4の国”から成る秘密の王国に迷い込む。そこでクララは、自分のことをプリンセスと呼ぶくるみ割り人形フィリップやシュガー・プラム(キーラ・ナイトレイ)と出会う。
nice!(14)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

イベントの終了 [雑記ブログ]

昨日、下半期最大のイベントが終わりました。
約2ヶ月前から準備を進め、昨日が本番。
会社役職員、関係業者100人あまりが集まり、マスコミも取材にきました。
イベントは時間どおりに進み数分の余裕を残して無事終了。
個人的には成功したイベントだと思います。
しかし、疲れました。
昨晩は帰って、黒ニンニク2つ食べて就寝。
今日は後片付けと、関係者への御礼。今日も1日頑張ります!
nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:仕事

【読書日記24/18’】任務の終わり@スティーヴン・キング [読書日記]

スティーヴン・キング著「任務の終わり」上下巻を読了。
51wJIyvrfDL__SX345_BO1,204,203,200_.jpg51F6LiN00TL__SX346_BO1,204,203,200_.jpg
スティーヴン・キングの著書には当たり外れというか、一気読みさせる作品と諦め~本になる作品に分かれることが個人的によくあります。
この「ミスター・メルセデス」三部作は前者のほう。一気読みさせる作品です。
ただし、テイストは前2作と幾分違います。前2作はミステリー要素が高かったですが、本作はホラーそして超常現象的な要素が多く入っていて、ここにキングあり!という作品でありました。
これで、このシリーズは完結ですが、まだまだ執筆活動旺盛なキング。次の出版が楽しみですね。

内容:エドガー賞受賞作『ミスター・メルセデス』にはじまる3部作完結。 メルセデス事件の生存者たちが次々に自殺を遂げる。 退職刑事ホッジズ、底知れぬ悪意の迷宮へ―― キングにしか書けない徹夜ミステリーの開幕。 6年前に暴走車を駆って大量殺人を犯した男、ブレイディは、いま脳神経科クリニックに入院していた。第二の事件を起こす直前で捕らえられたブレイディは、その際に脳に負った重傷による後遺症で、意思疎通も困難な状態にあった。だが、その周囲で怪事が頻々と発生する。看護師、師長、主治医……いったい何が起きているのか? 一方、相棒のホリーとともに探偵社を営む退職刑事ホッジズのもとに、現役時代にコンビを組んでいたハントリー刑事から、ある事件の現場に来てほしいという連絡が入った。事件は無理心中だった。6年前に起きた暴走車による大量殺傷事件で重篤な後遺症を負った娘を、母親が殺害後に自殺したものとみられた。だがホッジズとホリーは現場に違和感を感じる。やがてふたりは少し前にも6年前の事件の生存者が心中していたことを突き止める。これは単なる偶然なのか? 傑作『ミスター・メルセデス』でホッジズと死闘を演じた〝メルセデス・キラー〟が、いま静かに動き出す。恐怖の帝王がミステリーに挑んだ三部作完結編、得体の知れぬ悪意が不気味な胎動をはじめる前半戦がここに開始される!

nice!(16)  コメント(10) 
共通テーマ:

【映画鑑賞記65/18’】ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 [映画鑑賞]

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」を鑑賞。
174665_01.jpg
”ファンタビ”第2弾。個人的には前作のほうが面白かった。
魔法動物学者のニュート・スキャマンダー役は前作同様エディ・レッドメイン。演技派の彼が演ずると本当に魔法を使っているように思えてしまいます。
201811220000000view.jpg
今回、ニュート・スキャマンダーと対立する黒い魔法使いを演ずるのはジョニー・ディップ。結構インパクトがある役で久々当たり役なのではないでしょうか。
363669_005.jpg
若き日のダンブルドアを演じるのはジュード・ロウ。ということは、この世界はハリポタ以前の話なのですね。
363669_002.jpg
何故前作以下なのかというと、ちょっと分かりにくい。というのは、ジョニデ演ずる黒い魔法使いがかかわる序章な話なので盛り上がりが欠けた感じがします。話の終着点がイマイチ分からず、唐突にエンドロールに入った感じです。
ただ、次回作は解決編となるので、期待したいですね。恋の行方も気なりますしね。
363669_004.jpg

解説:『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが脚本を手掛け、エディ・レッドメイン演じる魔法動物学者を主人公にしたファンタジーシリーズの第2弾。パリの魔法界にやって来たニュート・スキャマンダーたちの戦いが展開する。敵役のジョニー・デップ、若き日のダンブルドア役のジュード・ロウらが共演。監督は、前作に引き続きデヴィッド・イェーツが務める。新たに登場する魔法動物も活躍。

あらすじ:ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、学者として魔法動物を守るため、不思議な空間が広がるトランクを手に世界中を旅している。ある日、捕まっていた“黒い魔法使い”グリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃亡する。ニュートは、人間界を転覆させようと画策するグリンデルバルドを追い、魔法動物たちと一緒にパリの魔法界へ向かう。
nice!(13)  コメント(10) 
共通テーマ:映画