So-net無料ブログ作成

【映画鑑賞記14/19’】移動都市/モータル・エンジン [映画鑑賞]

「移動都市/モータル・エンジン」を鑑賞。
174954_02.jpg
原作はイギリスの作家フィリップ・リーヴの小説「移動都市」。この手のSFファンタジーといえば「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」シリーズのピーター・ジャクソンしかいませんよね。今回は制作で携わっています。
映画の冒頭から移動する都市が暴走するシーンは迫力満点。アイディアも面白いです。
365756_002.jpg
主人公へスターを演じるのはヘラ・ヒルマー。あまり知った女優さんではないので、イマイチぴんとこなかった。
365756_001.jpg
物語全般の疾走感、都市が移動するという迫力はありましたが、キャストの魅力、演出力はちょっと物足りなかったかな。
もしかして、予算がなかったとか(笑)
365756_005.jpg

解説:イギリスの作家フィリップ・リーヴの小説「移動都市」を原作にしたSFファンタジー。人々が巨大な移動都市に暮らす世界を舞台に、ある目的のために移動都市に潜入した少女の戦いが描かれる。『ホビット』シリーズなどのピーター・ジャクソンが製作を務め、クリスチャン・リヴァーズがメガホンを取る。主演は『殺意の誓約』などのヘラ・ヒルマー。

あらすじ:60分戦争と呼ばれる戦いから1,700年が経過した地球。人々は荒廃した大地をはうようにして進む巨大移動都市に暮らし、ほかの移動都市を取り込み資源を奪いながら生活していた。そんな中、少女ヘスター(ヘラ・ヒルマー)は、ある目的を果たすために移動都市のロンドンへと潜入し、トム(ロバート・シーアン)という青年と出会う。
nice!(14)  コメント(14)