So-net無料ブログ作成

【読書日記6/19’】カササギ殺人事件@アンソニー・ホロヴィッツ [読書日記]

アンソニー・ホロヴィッツ著「カササギ殺人事件」を読了。
B1iw-qpAswS__AC_UL640_QL65_.jpg
2018年海外ベストミステリー。
いやーマジ面白かった。
本作は、2作のミステリが描かれています。1つ目は作中作であるアラン・コンウェイ作「カササギ殺人事件」。2つ目は、その「カササギ殺人事件」を巡った、担当編集者スーザンの物語。
そして、作品全編に溢れるアガサ・クリスティーのオマージュ。
昭和の時代、アガサ・クリスティーやエラリー・クイーンの本格ミステリーをむさぼり読んだHCくんとしては、その構成力と筆量に驚かされた作品でした。
お勧め本です!

内容:1955年7月、サマセット州にあるパイ屋敷の家政婦の葬儀が、しめやかに執りおこなわれた。鍵のかかった屋敷の階段の下で倒れていた彼女は、掃除機のコードに足を引っかけたのか、あるいは…。その死は、小さな村の人間関係に少しずつひびを入れていく。余命わずかな名探偵アティカス・ピュントの推理は―。アガサ・クリスティへの愛に満ちた完璧なるオマージュ・ミステリ!
nice!(15)  コメント(12)