So-net無料ブログ作成

【映画鑑賞記29/19’】ザ・フォーリナー 復讐者 [映画鑑賞]

「ザ・フォーリナー 復讐者」を鑑賞。
6579c994b2d65f4c.jpg
ジャッキー・チェンがいつもの笑顔を封印し、テロにより愛する娘を殺されたことで、冷徹で孤独な復讐者となり、元特殊部隊員のスキルを屈指して犯人を追い詰めていく物語。
367280_004.jpg
ジャッキー・チェンも65歳。酔拳やポリス・ストーリーの頃のきれきれアクションではないものの、65歳には思えない身体能力で画面狭しと飛び跳ねています。
敵役はピアース・ブロスナン。
367280_003.jpg
元ジェームス・ボンドとジャッキー・チェンの共演は見所満載でした。
ジャッキー・チェンには、体が動くまでアジアのアクションスターであってもらいたいですね。

解説:アジアのアクションスター、ジャッキー・チェンが製作と主演を兼任したサスペンスアクション。元特殊部隊員の男が、テロで亡くなった娘の復讐(ふくしゅう)を果たそうと、事件の裏に隠された真相に近づく。メガホンを取るのは『007』シリーズなどのマーティン・キャンベル。『マンマ・ミーア!』シリーズや、キャンベル監督と組んだ『007/ゴールデンアイ』のピアース・ブロスナンらが共演する。脚本は『エネミー・オブ・アメリカ』などのデヴィッド・マルコーニ。

あらすじ:クァン・ノク・ミン(ジャッキー・チェン)は、特殊部隊に所属していた過去を封印し、ロンドンでレストランを経営していた。高校生になる娘の成長を見守っていたが、彼女は無差別テロによって命を落としてしまう。憤怒に駆られた彼は、特殊部隊時代に培ったスキルを駆使して犯人を捜し出し、リベンジしようと決意する。調査を進めていくと、北アイルランドの副首相リーアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)の存在が浮かび上がる。
nice!(15)  コメント(9) 
共通テーマ:映画