So-net無料ブログ作成

【読書日記11/19’】雲上雲下@朝井まかて [読書日記]

朝井まかて著「雲上雲下」を読了。
51WWrgiOgLL._SX336_BO1,204,203,200_.jpg
読み進めるうちに、以前TBSで放送していた「まんが 日本昔ばなし」の中に入っていってしまうような感覚になってしまいました。
読みながら、耳元で市原悦子さんと常田富士男さんが語りかけているような。
子狐に山姥、乙姫に天人、そして龍の子。民話の主人公たちが笑い、苦悩し、闘う不思議で懐かしい、大人のためのファンタジーに仕上がっています。
そして、本を読まずゲームばかりやっている子供たち、読み聞かせない大人たちへの痛烈なメッセージも含まれていています。
日本の昔話は語り継いでいかないといけませんね。

あらすじ:「草どん、昔話をきかせてくれろ」どこからともなく現れた子狐は、目の前にいた草に話しかけた。物語をせがむ子狐に負け、草どんは重い口をひらいた。それは我々人間が存在する前の話にまでさかのぼる。日本各地の民話を、朝井まかてが実際に聞き歩いた。昔話に新たな生命が宿る!
nice!(15)  コメント(11) 
共通テーマ: