So-net無料ブログ作成

【読書日記12/19’】そしてバトンは渡された@瀬尾まいこ [読書日記]

瀬尾まいこ著「そしてバトンは渡された」を読了。
ダウンロード.jpg
2019年本屋大賞受賞作。
主人公の森宮優子は、血の繋がらない親の間をリレーされ、四回も名字が変わった十七歳の女子高生。
けれど、彼女はいつも愛されていて、話には暗く重いところはまったくありません。
読んだ後に幸せな気分に浸れる作品でした。

内容:森宮優子、十七歳。継父継母が変われば名字も変わる。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた。この著者にしか描けない優しい物語。 「私には父親が三人、母親が二人いる。 家族の形態は、十七年間で七回も変わった。 でも、全然不幸ではないのだ。」 身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作。
nice!(11)  コメント(9) 
共通テーマ: