So-net無料ブログ作成
ラーメン・つけ麺 ブログトップ
前の10件 | -

【麺食い日記10/19’】日本橋麺処こはる@日本橋室町 [ラーメン・つけ麺]

日本橋室町の「日本橋麺処こはる」を訪問。これで、3度目か4度目になりますね。
IMG_0309.JPG
以前食べたつけ麺の印象が良かったので、券売機で”特選白湯つけ麺”をプッシュ。
IMG_0291.JPG
スタッフさんに食券を渡し、カウンター席に座ります。厨房は作り手さんと助手さんの二人。息が合った仕事ぶりです。
IMG_0294.JPG
「こはるのこだわり」。
IMG_0293.JPG
しばし待って”特選白湯つけ麺”が着膳。
IMG_0295.JPG
麺サイドは渋い赤、つけ汁サイドは白い器。コントラストが良いですね。
IMG_0296.JPG
麺サイドには海苔、2種チャーシュー、シナチク、水菜がオンしています。素敵な丼顔ですね。
IMG_0297.JPG
IMG_0299.JPG
IMG_0300.JPG
泡ぶくな水面。
IMG_0298.JPG
麺は光沢がありツルリとしていて、つけ麺の麺に適していますね。
IMG_0301.JPG
豚レアチャーシューと炙りチャーシュー。贅沢感がありますね。
IMG_0303.JPG
IMG_0304.JPG
いい感じの味玉。黄身の色が鮮やかです。
IMG_0305.JPG
つけ汁の割りスープはポットで提供。
IMG_0306.JPG
出汁の香りが漂います。
IMG_0307.JPG
完食ほぼ完飲。
IMG_0308.JPG
美味しいけど、お客の入りはイマイチ。平日は混んでいることを望む限りです。ご馳走様!
nice!(12)  コメント(8) 

【麺食い日記9/19’】はなぶさ@西葛西 [ラーメン・つけ麺]

地元西葛西の町中華「はなぶさ」を訪問。
IMG_0254.JPG
心の中では既に「五目そば」と決めていましたが、一応メニューを確認。
使いふるされたメニュー表。割れてるし(笑)
IMG_0241.JPG
定食物も美味しいんですよ。
IMG_0242.JPG
けど注文は”五目そば”。
素敵な水面(^m^)
IMG_0243.JPG
器は白にブルーのラインが入っています。
IMG_0245.JPG
五目の盛りもよし。
IMG_0246.JPG
スープは化調感ある塩味。結構あっさりしています。
IMG_0247.JPG
麺は業務用中華麺。けど、町中華にはこれが合うのだ!
IMG_0248.JPG
嫁が餃子を食べたいというので一皿頼みました。こんがり焼かれた焼き餃子。これも美味しいのよ。
IMG_0249.JPG
さる1号さんを真似して、お酢に胡椒。さっぱりしていい感じ。
IMG_0251.JPG
”五目そば”完食完飲。
IMG_0252.JPG
ふー美味しかった。貴重な町中華「はなぶさ」。ご馳走様でした!
nice!(16)  コメント(12) 

【麺食い日記8/19’】想吃担担面 エスカ店@名古屋 [ラーメン・つけ麺]

名古屋出張の際、「想吃担担面 エスカ店」を訪問。
IMG_0149.JPG
開店前だったので、店前でメニューを確認。
IMG_0156.JPG
IMG_0158.JPG
けど、注文するのは”汁無し坦坦麺”って決まってたんですけどね(笑)
入店しカウンターに着席。
自家製の五香ラー油。
IMG_0161.JPG
IMG_0162.JPG
しばし待って、”汁無し坦坦麺”が配膳。ランチにはサービスでご飯がつきます。
IMG_0163.JPG
IMG_0164.JPG
九条葱が盛り沢山。
IMG_0165.JPG
辛く味付けされた挽肉が食を進めます。
IMG_0167.JPG
まぜまぜタイム。
IMG_0168.JPG
麺はピロピロした平打ち麺。モチっとしているので、辛味がよく絡みます ←韻を踏んじゃった(笑)
IMG_0169.JPG
オン・ザ・ライス。
IMG_0170.JPG
〆はライスを投入。五香ラー油を少し足しました。
IMG_0173.JPG
辛さも痺れも結構あって美味しかったな。ご馳走様!
nice!(18)  コメント(16) 

【麺食い日記7/19’】末ツ子@西葛西 [ラーメン・つけ麺]

地元西葛西の「末ツ子」を初訪問。
IMG_0062.JPG
西葛西に住んで20数年。ずーっと行きたかったお店なのです。何故、行けてなかったって?このお店は、夜営業のみなのです。現在、嫁が長野の実家に義母の介助に行っている関係で、初めて行くことが出来ました。
「末ツ子」は西葛西で営業を開始して38年以上の老舗。
IMG_0065.JPG
夜だけ営業なのは秘密がありました。手作り餃子なので、昼は餃子作りになっているみたいです。
IMG_0064.JPG
外看板でメニューを確認し入店。
IMG_0063.JPG
注文は最初から決めていた”タンメン”。評判がいいんですよ^^
IMG_0055.JPG
町の中華屋さんな丼ですね。
IMG_0057.JPG
野菜がたっぷり入っています。
IMG_0058.JPG
野菜、豚肉などなどが渾然一体となって溶け込んだスープ。濃いんですけど旨味があります。
IMG_0059.JPG
軽くウェーブがかかった中華麺。細くもなく太くもない麺はスープに良く合います。
IMG_0060.JPG
美味しく完食完飲。結構な量で嬉しかったです。
IMG_0061.JPG
次回は自慢の手作り餃子+チャーハンor手作り餃子+タンメンかな。ご馳走様!
nice!(16)  コメント(16) 

【麺食い日記6/19’】麺屋りゅう@錦糸町 [ラーメン・つけ麺]

錦糸町の宿題店「麺屋りゅう」を訪問。
IMG_0051.JPG
券売機上のおしながきを確認し、”味玉つけめん 並盛”をプッシュ。
IMG_0033.JPG
IMG_0032.JPG
L字カウンターの隅っこに座ります。
カウンター上のあれこれ。
IMG_0034.JPG
IMG_0036.JPG
IMG_0038.JPG
お店は店主ひとりで切り盛りしています。いわゆる、ワンオペ^^;
けど、働く男の背中は格好いい!
IMG_0037.JPG
そうこうしているうちに”味玉つけめん 並盛”が到着。
IMG_0040.JPG
白い器は自信の賜物。
IMG_0043.JPG
麺サイド。
IMG_0041.JPG
小麦感満載の太麺。ツルもちで美味\\^^\\
IMG_0044.JPG
つけ汁サイド。
IMG_0042.JPG
鶏、豚、白身魚のアラ、香味野菜、豆類を2日かけてじっくり煮込んだスープ。美味しくないわけがありません。
IMG_0042.JPG
思わず麺をぶち込んじゃいました(笑)
IMG_0047.JPG
トッピングは、チャーシュー・メンマ・ネギ・しょうが。
IMG_0045.JPG
IMG_0046.JPG
味玉はまずまず。
IMG_0048.JPG
あげねぎを投入し味変。フライドなねぎは食感的にもいい感じ。
IMG_0049.JPG
スープ割りはポットで。
IMG_0050.JPG
美味しく完食完飲。
IMG_0050.JPG
流石、宿題店としていただけあります。次回は、醤油か背脂煮干かな。ご馳走様!!
nice!(15)  コメント(10) 

【麺食い日記5/19’】煮干中華そば 鈴蘭@新宿三丁目 [ラーメン・つけ麺]

新宿三丁目の「煮干中華そば 鈴蘭」を訪問。
IMG_3140.JPG
HCくんの前に3人の外国人の方が券売機の前でスタッフさんに何が美味しいのか聞いたり、券売機システムが良く分からなくて5分程待たされてしまいました^^;
まー日本の食文化の代表格をしってもらうんだから良いことだけどね。
そうこうして、券売機横のメニューを確認して、
IMG_3124.JPG
券売機で、”味玉鯵煮干そば”をプッシュ。
IMG_3126.JPG
店内はカウンターのみ。厨房には「煮干の旨さ教えます」が掲げられています。
IMG_3129.JPG
お店のこだわり書き。
IMG_3128.JPG
しばし待って、”味玉鯵煮干そば”が配膳。
とってもハンサムで食欲がそそられる丼顔。
IMG_3130.JPG
白一色の陶器は自信の表われでしょうかね。
IMG_3131.JPG
薀蓄によると、スープは炭火で焼いた稀少な鯵煮干しを使用した動物系不使用の淡麗もの。炭火焼の香ばしさと鯵の旨味が十分に堪能できます。旨いの一言です。
IMG_3134.JPG
麺は全粒粉の細麺。このスープと相性は抜群と思います。
IMG_3135.JPG
具は低温調理したレアチャーシュー、ぶっといメンマ、大判の海苔、葱。そして、紫のタマネギの食感が楽しい。また、鯵のフレークもトッピングされています。
IMG_3132.JPG
IMG_3133.JPG
IMG_3137.JPG
味玉の気味具合もOK。
IMG_3138.JPG
いやー美味しかった。新宿近辺でもトップクラスの煮干そばのお店だと思います。
IMG_3139.JPG
ご馳走様!
nice!(18)  コメント(12) 

チキンラーメン [ラーメン・つけ麺]

朝ドラ「まんぷく」の影響で”チキンラーメン”の売り上げが伸びて、売り切れのスーパーも出てるとか。
たまたま、近くのスーパーで売っていたので思わず買ってしまいました。
IMG_0052.JPG
今、嫁が長野の実家と行ったり来たりなので、夕飯に早速作ってみました。
IMG_0095.JPG
朝ドラでは、一袋20円という設定。買った値段は5袋入りで298円(税抜き)なので、一袋60円程度。時代もありますが、福子の母親役の松坂慶子が言うとおり、かなり価格設定は高かったのかも。
袋からチキンラーメンを取り出し、丼に入れます。
IMG_0096.JPG
あらかじめ、レンジで軽くチンしておいた卵を麺の上に。CMでは、生玉子を麺の上に乗せてお湯をかけると白身がいい感じになっていますが、あれはあくまでも演出。普通にお湯かけて3分待っても、あんなに上手くはいきません。
IMG_0097.JPG
沸騰したお湯をかけて、
IMG_0098.JPG
フタをします。豚のフタ(笑)
IMG_0100.JPG
3分待って、
IMG_0099.JPG
出来上がり!
ほうれん草と海苔をトッピング。
IMG_0103.JPG
スープも麺もいい感じでした。
IMG_0105.JPG
IMG_0104.JPG
学生の頃に食べていたチキンラーメンより、格段と美味しくなっていますね。
チキンラーメンが誕生して61年。常に進化している即席ラーメン。萬平さんと福ちゃんのモデルとなった、日清食品創業者 安藤百福、仁子夫妻も喜んでいることでしょう。
nice!(13)  コメント(12) 

【麺食い日記4/19’】旬麺 しろ八@新宿御苑前 [ラーメン・つけ麺]

新宿御苑近くの宿題店「旬麺 しろ八」を初訪問。
IMG_3122.JPG
店頭でメニューを確認し入店。
IMG_3123.JPG
入ってすぐに券売機が設置されています。
IMG_3107.JPG
店頭の看板のインフォにもあったとおり、初訪なので”追鰹醤油らーめん”に”味玉子”をプッシュしました。
IMG_3108.JPG
お店はカウンターのみ。
IMG_3109.JPG
”どんぶり一杯の幸せをお試しあれ”。拘りもかなりあるお店ですね。
IMG_3110.JPG
IMG_3112.JPG
有機肥料の白菜を使っているみたいですね。
IMG_3111.JPG
しばし待って、”追鰹醤油らーめん”に”味玉子”が着膳。ハンサムな丼顔ですね。
IMG_3114.JPG
白い丼。どっしりしたタイプです。
IMG_3115.JPG
スープを一口、鰹の香りが最初に来て、あっさりした甘い味が次に来ます。
オンしている白菜や野菜の甘味がスープに溶け込んでいるんでしょうね。
IMG_3120.JPG
麺は細麺で丸みがあるストレート麺。
野菜中心の優しいスープに合いますね。
IMG_3119.JPG
トッピングは、チャーシュー、白菜。
チャーシューは、ほどよい硬さと脂身のバランスが良いですね。
IMG_3118.JPG
IMG_3116.JPG
”味玉子”は半分に割ってくれているのが嬉しいですね。玉子の茹でかたもナイス!
IMG_3117.JPG
野菜も取れる美味しい一杯。
IMG_3121.JPG
新宿御苑近辺ではかなり評価が高いのも頷けました。ご馳走様!
nice!(15)  コメント(14) 

【麺食い日記3/19’】満福@東銀座 [ラーメン・つけ麺]

NHKの朝ドラ「まんぷく」も即席ラーメンが誕生して、物語も佳境に入っていますね。
テレビの影響で日清食品の”チキンラーメン”が売り切れ続出らしい。たしかに、食べたくなりますわ^^
さて、こちらは東京東銀座の「満福」。こちらも、ドラマに負けず劣らず大正時代から続く老舗の中華そば屋さんです。
建物もレトロですね。
IMG_3076.JPG
入店しカウンター席に着席。まずは、メニューを確認。
中華そば・ワンタンメンなどの麺系。餃子・水餃子などのサイドメニュー。そして、焼飯・ポークライスなどのご飯系。いろいろあって楽しくなりますね。
IMG_3063.JPG
ランチ時は定食メニューも充実。
IMG_3073.JPG
おつまみは、場所柄もあってかCP高め。
IMG_3066.JPG
ここは、オーソドックスに”中華そば”を注文。
ここからが驚き。何と3分程で提供。 ”チキンラーメン”かよ!っとツッコミを入れそうになりましたよ(笑)
IMG_3064.JPG
しかし、お店同様レトロでノスタルジックな装い。どこか、懐かしい水面ですね。
親知らずさんが好きそうな丼。雷門もカラフルでいいですね。
IMG_3065.JPG
鶏がらベースに野菜が加わった醤油スープは優しくも奥深い味わい。
IMG_3072.JPG
スルリとした麺は多加水で柔らかめ。この丼とベストマッチな麺ですね。
IMG_3070.JPG
良く味付けされたチャーシューとシナチク。
IMG_3067.JPG
IMG_3071.JPG
そして「満福」の象徴とも言える”三角薄焼き玉子”。中華そばと言えば、海苔が定番ですが、こんな玉子がのっていると嬉しくなります。
IMG_3068.JPG
美味しく完食完飲。ラーメン屋でお会計票って珍しい^^
IMG_3074.JPG
大正、昭和、平成そして5月からの新元号と4つの時代を生きる浪漫満載のお店。一度は訪れてみてくださいね。ご馳走様!
IMG_3077.JPG
nice!(15)  コメント(13) 

【麺食い日記2/19’】支那そば しんば@門前仲町 [ラーメン・つけ麺]

門前仲町の「支那そば しんば」に2度目の訪問。初訪の時は2階に店を構えていましたが、今は同ビルの1階に移動しています。その1階は以前、イタメシ屋→ラーメン屋という流れでお店が変わってましたが、真打ち登場ってとこでしょうかね。
IMG_3060.JPG
店内に入るとすぐ左側に券売機があります。
体が醤油を欲していたので”支那そば”をプッシュ。食券をスタッフさんに渡します。
IMG_3046.JPG
店内はカウンターとテーブル席。
IMG_3049.JPG
IMG_3052.JPG
ミニ丼も充実していますね。
IMG_3047.JPG
三河屋製麺の麺を使用しています。
IMG_3051.JPG
しばし待って”支那そば”が着膳。キリリとした丼顔。芳醇な醤油の香りが漂ってきます。
IMG_3053.JPG
丼の図柄も個性的で素敵ですね。
IMG_3054.JPG
まずは、スープ。あっさりした醤油の風貌ですが、鶏の出汁がしっかりと出て、かつ、円やかな醤油が効いていますね。どこか懐かしさも感じさせます。
IMG_3058.JPG
麺はつるりとしたストレート。スープを上手くのっけて喉越し良く運んでくれます。
IMG_3055.JPG
チャーシューは豚と鶏の2種。豚の味付はグッド。鶏はハムのように柔らかい仕上げです。
IMG_3056.JPG
太いメンマはコリコリの食感。いい感じです。
IMG_3057.JPG
美味しく完食完飲。ラーメン作りにかかわるスタッフが真心こめているのが分かる一杯でした。
IMG_3059.JPG
ご馳走様!

閑話休題
帰りにお店の隣にある富岡八幡宮へ寄ってきました。三年前に引いたおみくじを返すためです。あんな事件があったのと、喪中で足が遠のいていました。
やはり、あの事件の影響でしょうか参拝客が少なくなったような気がします。
IMG_3044.JPG
nice!(17)  コメント(12) 
前の10件 | - ラーメン・つけ麺 ブログトップ