So-net無料ブログ作成
映画鑑賞 ブログトップ
前の10件 | -

【映画鑑賞記31/19’】コンフィデンスマンJP [映画鑑賞]

「コンフィデンスマンJP」を鑑賞。
eaa36f3b0da367a1.jpg
長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した人気テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版。
「キングダム」では妖艶な戦士を演じた長澤まさみが、本作では魅力満点の詐欺師を演じています。
640 (5).jpg
物語は、天才的な知能を持つが詰めの甘いダー子(長澤まさみ)と、彼女に振り回されてばかりのお人よしなボクちゃん(東出昌大)、百戦錬磨のベテラン詐欺師のリチャード(小日向文世)の3人の信用詐欺師が中心。
640.jpg
今回は、香港マフィアの女帝ラン・リウ(竹内結子)が持つと言われる伝説のパープルダイヤを狙い、香港へ飛びます。
640 (1).jpg
3人がランに取り入るべく様々な策を講じる中、天才詐欺師ジェシー(三浦春馬)も彼女を狙っていることが判明。実はこのジェシーはダー子の元カレ。ちょっとした、ロマンスもあったりします[ハートたち(複数ハート)]
640 (2).jpg
さらに以前ダー子たちに騙された日本のヤクザ・赤星(江口洋介)の影もちらつき、事態は予測不可能な方向へ展開していきます。
640 (3).jpg
脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどのヒットメーカー・古沢良太。テレビドラマ版から引き続き脚本を担当しています。
騙し騙され、ゲームのように二転三転する、いわゆるコンゲーム映画。有名なところでは「スティング」「オーシャンズ11」などが有名ですね。本作はテレビドラマ版である程度知識があるので、ラストの驚きはイマイチでした。
ただし、長澤まさみがコメディエンヌとしての才能が開花した作品でもあり、シンプルに楽しめる映画でした。
640 (4).jpg

解説:2018年に放映されたドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版。信用詐欺師たちが日本を飛び出し、香港で一世一代の大仕事に挑む。監督はドラマ版の演出を務めた田中亮。キャストに『散歩する侵略者』などの長澤まさみ、『寝ても覚めても』などの東出昌大、『不灯港』などの小手伸也、『サバイバルファミリー』などの小日向文世とおなじみのメンバーが結集する。

あらすじ:詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、欲にまみれた者たちから大金をだまし取ってきた。香港の裏社会を牛耳る女帝ラン・リウ(竹内結子)を新たなターゲットに定めた三人は、彼女が持っているはずのパープルダイヤを奪うために香港に行く。なかなかランに近づけずに苦戦する中、天才詐欺師のジェシー(三浦春馬)が同じく彼女を狙っていることがわかり、さらにダー子に恨みを抱くヤクザの赤星栄介(江口洋介)が不穏な動きを見せる。


nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記30/19’】オーヴァーロード [映画鑑賞]

「オーヴァーロード」を鑑賞。
49fc45a0d975304e.jpg
何気にテレビを見ていたところ、この作品が紹介されて「スター・ウォーズ」「ミッション:インポッシブル」を手がけたJ・J・エイブラムスがプロデューサーを務めているということで、興味が沸いて映画館に足を運びました。J・J・エイブラムスって好きなんですよね。
物語は、第2次世界大戦時、ナチス占領下のフランスの小さな村を舞台に、思わぬ敵と戦うはめになった米軍兵士の姿を描いたサバイバルアクション。
640.jpg
思わぬ敵ってのがミソで、相手がナチスであれば単なる戦争映画。ナチスの要塞となった教会の塔の地下にある謎めいた研究所である実験が行われていて・・・
まーここまで書けば、その思わぬ敵ってのを妄想できますよね(笑)
367693_002.jpg
戦争映画と見せかけておいてジャンルをまたぐ展開は、メガヒット・プロデューサーJ・J・エイブラムスらしい企みが見事はまった作品でしたね。

解説:ノルマンディー上陸作戦開始直後のフランスで、アメリカ軍が未知の敵と戦うサバイバルアクション。数々の話題作に携ってきたJ・J・エイブラムスが製作を務め、『ガンズ&ゴールド』などのジュリアス・エイヴァリーがメガホンを取った。『フェンス』などのジョヴァン・アデポ、『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』などのワイアット・ラッセル、『ある戦争』などのピルー・アスベックらが出演。

あらすじ:第2次世界大戦中の1944年6月、侵攻作戦の要となるアメリカ軍の落下傘部隊が、ナチス占領下のフランスに送り込まれる。戦闘を潜り抜け生き延びた兵士たちは、ナチスの要塞と化した教会の塔にたどり着くが、地下の研究施設でこれまで出会ったことのない敵と遭遇する。
nice!(15)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記29/19’】ザ・フォーリナー 復讐者 [映画鑑賞]

「ザ・フォーリナー 復讐者」を鑑賞。
6579c994b2d65f4c.jpg
ジャッキー・チェンがいつもの笑顔を封印し、テロにより愛する娘を殺されたことで、冷徹で孤独な復讐者となり、元特殊部隊員のスキルを屈指して犯人を追い詰めていく物語。
367280_004.jpg
ジャッキー・チェンも65歳。酔拳やポリス・ストーリーの頃のきれきれアクションではないものの、65歳には思えない身体能力で画面狭しと飛び跳ねています。
敵役はピアース・ブロスナン。
367280_003.jpg
元ジェームス・ボンドとジャッキー・チェンの共演は見所満載でした。
ジャッキー・チェンには、体が動くまでアジアのアクションスターであってもらいたいですね。

解説:アジアのアクションスター、ジャッキー・チェンが製作と主演を兼任したサスペンスアクション。元特殊部隊員の男が、テロで亡くなった娘の復讐(ふくしゅう)を果たそうと、事件の裏に隠された真相に近づく。メガホンを取るのは『007』シリーズなどのマーティン・キャンベル。『マンマ・ミーア!』シリーズや、キャンベル監督と組んだ『007/ゴールデンアイ』のピアース・ブロスナンらが共演する。脚本は『エネミー・オブ・アメリカ』などのデヴィッド・マルコーニ。

あらすじ:クァン・ノク・ミン(ジャッキー・チェン)は、特殊部隊に所属していた過去を封印し、ロンドンでレストランを経営していた。高校生になる娘の成長を見守っていたが、彼女は無差別テロによって命を落としてしまう。憤怒に駆られた彼は、特殊部隊時代に培ったスキルを駆使して犯人を捜し出し、リベンジしようと決意する。調査を進めていくと、北アイルランドの副首相リーアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)の存在が浮かび上がる。
nice!(14)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記28/19’】映画 賭ケグルイ [映画鑑賞]

「映画 賭ケグルイ」を鑑賞。
338e53eda4a25753.jpg
深夜放送のテレビ版を見ていたので、映画版も思わず観にいってしまいました。
主演の浜辺美波ちゃんは金沢出身。典型的な金沢美人やわ[黒ハート]
いつもは清楚な女子高生役が多いですが、この作品では賭け事に命をかけるクールビューティな謎の女性を演じています。そのギャップもいいですね。
640 (1).jpg
物語の中心になっているのは、政財界有力者の子女が通っている私立百花王学園。高校ですが、この学校はギャンブルの勝敗によって生徒たちの階級が決められています。いわゆる、カースト制度ですね。
そこに転入してきたのが、浜辺美波ちゃん演じる蛇喰夢子。蛇喰夢子=じゃばみゆめこ、凄い名前ですね(笑)
蛇喰夢子は、学園の絶対的支配者である、池田エライザ演じる生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみきらり)との対決を心待ちにしています。
366280_024.jpg
そんな中、学園内で「非ギャンブル」「生徒会への不服従」を掲げる白装束集団「ヴィレッジ」が台頭し、蛇喰夢子vs生徒会vsヴィレッジの三つ巴のギャンブル合戦が始まります。
640 (2).jpg
ギャンブルをとおしての心理合戦、友情そして裏切りなど色んな要素を盛り込んだ本作。テレビ版ではみられない、迫力、凄みがありました。
640.jpg
蛇喰夢子vs桃喰綺羅莉は映画版でも実現しなかったので、続きを是非作ってもらいたいですね。

解説:ベストセラーを記録した河本ほむらと尚村透のコミックを原作にしたドラマの劇場版。ギャンブルの勝敗で運命が決まる学園に転校してきた謎の少女が挑む勝負の行方を追う。メガホンを取るのは『トリガール!』『3D彼女 リアルガール』などの英勉。『君の膵臓をたべたい』などの浜辺美波、『世界でいちばん長い写真』などの高杉真宙、『ルームロンダリング』などの池田エライザらが出演する。

あらすじ:政財界有力者の子女が通っている私立百花王学園では、ギャンブルの勝敗によって生徒たちの階級が決められていた。そんな学園に、蛇喰夢子(浜辺美波)という少女が転入してくる。学園を支配する生徒会は、リスクを負うことで至上の喜びを得るギャンブル狂の彼女を警戒し、腕に覚えのあるギャンブラーを刺客として送るが、ことごとく倒されてしまう。そこで生徒会は、百花王学園史上最大のギャンブルバトルを開催する。
nice!(15)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記27/19’】ハンターキラー 潜航せよ [映画鑑賞]

「ハンターキラー 潜航せよ」を鑑賞。
175780_01.jpg
本作が公開された当時、「アベンジャーズ」「キングダム」「名探偵コナン」など大作も同時公開されていましたが、内容が面白いので結構お客さんが入っていました。
大作に食傷気味の映画マニアには潜水艦という狭い世界、そしてアメリカVSロシアという構図がある意味新鮮にとらえられたのかもしれませんね。
アメリカの潜水艦の艦長を務めるのはジェラルド・バトラー。こういった、骨太の男を演じると当代NO.1ですね。
366985_001.jpg
消息を絶ったアメリカの原子力潜水艦の捜索を担った潜水艦を巡り、ロシアの潜水艦との攻防、ロシア側のクーデーターを盛り込んでいますが、ストーリー自体は単純明快、アクションは爽快、シンプルに楽しめる娯楽映画に仕上がっています。
366985_006.jpg
潜水艦ものにハズれなし、と良く言われますが、スピディーな展開そして潜水艦が潜航中の緊迫感、ロシア側の艦長との海を、そして潜水艦を愛するもの同士に芽生える友情等、時間いっぱいに楽しめた一作でした。

解説:ジョージ・ウォーレス、ドン・キースの小説を原作にしたアクション。消息を絶ったアメリカ海軍原子力潜水艦の捜索に向かった潜水艦の運命を描く。監督は『裏切りの獣たち』などのドノヴァン・マーシュ。キャストには、『エンド・オブ・キングダム』などのジェラルド・バトラー、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』などのゲイリー・オールドマンらがそろう。

あらすじ:ジョー・グラス(ジェラルド・バトラー)が艦長を務めるアメリカ海軍の攻撃型原子力潜水艦ハンターキラーに、ロシア近海で行方不明になった同海軍原潜の捜索命令が下る。やがてハンターキラーは、沈没したロシア海軍の原潜を発見し、生存していた艦長を捕虜として拘束する。さらに、ロシアで極秘偵察任務にあたるネイビーシールズが、世界の命運を左右する巨大な陰謀をつかむ。それを受けてハンターキラーは、敵だらけのロシア海域に潜航する。
nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記26/19’】キングダム [映画鑑賞]

「キングダム」を鑑賞。
175753_02.jpg
漫画からの実写で、しかも題材が難しいのに良くぞここまで頑張ったなーというのが正直な感想。
原作者の原泰久氏が製作にかかわったことも大きいでしょうが、何よりキャスティングが素晴らしい。
主人公・信を演じるのは山崎賢人。
365755_004.jpg
中華統一の野望を持つ秦国の国王・エイ政を演じるのは吉沢亮。NHK朝ドラ「なつぞら」で天陽くんを演じてます。
365755_002.jpg
しかし、橋本環奈は普通のアイドルから良い役者にバケましたねー。福田雄一に指導されたことが彼女の個性を引き出したんでしょうね。
365755_005.jpg
そして一番はハマっていたのは、楊端和役の長澤まさみですね。アクションもきれきれで妖艶でしたよ[揺れるハート]
365755_014.jpg
「キングダム」のように壮大なスケールの物語であれば、戦闘シーンなんかは、もっと大きな舞台を用意したりしますが、あえて小回りが多い舞台を選んだことも良かった。逆にそれが、演者のアクションを引き立たせていましたね。
興行成績も良かったみたいだし、続編がありそうな予感。続編で信の片腕・キョウカイを誰が演じるかが楽しみですね。
365755_001.jpg

解説:原泰久のベストセラーコミックを原作にした歴史ドラマ。中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を夢見る少年と、中華統一をもくろむ若い王の運命を映す。メガホンを取るのは『GANTZ』『図書館戦争』シリーズなどの佐藤信介。『斉木楠雄のΨ難』などの山崎賢人、『あのコの、トリコ。』などの吉沢亮、『50回目のファーストキス』などの長澤まさみ、『銀魂』シリーズなどの橋本環奈をはじめ、本郷奏多、満島真之介、石橋蓮司、大沢たかおらが共演を果たした。

あらすじ:紀元前245年、中華西方の国・秦。戦災で親を失くした少年・信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、大将軍になる夢を抱きながら剣術の特訓に明け暮れていた。やがて漂は王宮へと召し上げられるが、王の弟・成キョウ(本郷奏多)が仕掛けたクーデターによる戦いで致命傷を負う。息を引き取る寸前の漂から渡された地図を頼りにある小屋へと向かった信は、そこで王座を追われた漂とうり二つの王・エイ政(吉沢亮)と対面。漂が彼の身代わりとなって殺されたのを知った信は、その後エイ政と共に王座を奪還するために戦うことになる。
nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記25/19’】アベンジャーズ/エンドゲーム [映画鑑賞]

「アベンジャーズ/エンドゲーム」を鑑賞。
173058_03.jpg
2008年「アイアンマン」から始まったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は、世界で最も大きな興行的成績を収めているシリーズです。そのシリーズが本作をもって一つの区切りを迎えることになりました。
前作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で全インフィニティ・ストーンを手にしたサノス(ジョシュ・ブローリン)が指をならしたことによって、人口の半分を失った世界。アベンジャーズも、半数が塵と消えてしまいました。キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)やアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)ら残されたアベンジャーズがどうやって仲間を復活させるのか・・・
366491_001.jpg
366491_004.jpg
正直、ヒーロー映画で涙腺が崩壊したのは初めてでした。
ただただ感動。180分の超大作ですが、集中が途切れることなく鑑賞でき、観終わったあとは放心状態でした。
DVDが出たら、シリーズ22作を観直したいですね。

解説:『アベンジャーズ』シリーズの完結編で、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でヒーローたちの前に立ちはだかったサノスとの戦いを描くアクション大作。人類の半数が失われた地球で、アベンジャーズのメンバーが再び壮絶なバトルを見せる。メガホンを取るのは、前作や『キャプテン・アメリカ』シリーズなどのアンソニー&ジョー・ルッソ。アイアンマンことトニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jrらおなじみの面々が出演する。

あらすじ:アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)らアベンジャーズとサノス(ジョシュ・ブローリン)が戦った結果、全宇宙の生命は半数になってしまう。宇宙をさまよいながらスーツの開発を続けるアイアンマンをはじめ、生き残ったキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)やソー(クリス・ヘムズワース)らは再び集まり、サノスへの逆襲を始める。
nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記24/19’】シャザム! [映画鑑賞]

「シャザム!」を鑑賞。
177833_01.jpg
アメコミDCコミックスの異色ヒーロー・シャザムの物語。
少し前までは、マーベルコミックの実写に押され気味だったDCコミックの実写ですが、ワンダーウーマン、ジャスティス・リーグ、アクアマンなどの作品で反撃の狼煙をあげていますね。
外見は大人でも、その正体はまだ14歳の少年ビリー。ある日、気がつくと不思議な洞窟にいざなわれ、そこで出会った髭モジャの仙人から「後は全部お前に託す!」と問答無用で謎のパワーを授けられてしまいます。
彼が「シャザム!」と唱えると、筋骨隆々な大人の体にダサダサのコスチュームを身にまとったヒーローへと大変身。
366409_001.jpg
DCコミックの実写化というと、暗いイメージの作品が多かったですが、本作はユーモアありシリアスありのテンコ盛り。明るい映画でした。
悪役のマーク・ストロングがいい味だしてましたね^^
366409_003.jpg

解説:少年が最強のヒーローに変身し騒動を巻き起こすコメディー。DCコミックスの異色ヒーロー、シャザムをドラマシリーズ「CHUCK/チャック」などのザカリー・リーヴァイが演じるほか、『キングスマン』シリーズなどのマーク・ストロング、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』などのジャック・ディラン・グレイザーらが出演。『アナベル 死霊人形の誕生』などのデヴィッド・F・サンドバーグがメガホンを取った。

あらすじ:思春期を迎えたビリーは、魔術師にヒーローの才能を見いだされ、世界の救世主に選ばれる。「シャザム!」という言葉を唱えると、S=ソロモンの知力、H=ヘラクレスの強さ、A=アトラスのスタミナなど六つのパワーを持つ筋骨隆々のヒーローに変身する。だが、ビリー(ザカリー・リーヴァイ)の心は少年のままだった。
nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記23/19’】バイス [映画鑑賞]

「バイス」を鑑賞。
177364_01.jpg
ジョージ・W・ブッシュ政権下で副大統領を務めたディック・チェイニーは、アメリカ史上最強最悪の副大統領と言われていたらしいです。
タイトルの「vice」は、「vice president(副大統領)」のように役職の前に付く場合は「副、代理」を意味しますが、単独の名詞としては「悪徳、悪玉、欠陥」といった意味だそうです。主人公ディック・チェイニーに関する人となり(表も裏も)を表す一語ですね。
366360_009.jpg
もともとは、酒癖の悪いろくでなし。しかし、後に妻となるエイミー・アダムス演じるリンと出会い一念発起。政治の世界に入り、後の国防長官で共和党議員のラムズフェルドから権力の魅力を学び、リンと二人三脚で政治の世界で台頭していきます。
366360_001.jpg
チェイニーを演じるのは、クリスチャン・ベール。20キロもの増量と特殊メイク、圧巻の演技でスクリーンに引き込まれました。
また、ブッシュ役のサム・ロックウェル、パウエル国務長官役のタイラー・ペリーなど、他の米首脳に扮する面々も唸ってしまうほどの再現度でした。
366360_008.jpg
366360_010.jpg
しかし、ブッシュってここまで無能とは思いませんでした。そんな中、9.11テロが発生し、そこからチェイニーやラムズフェルドに操られ、イラク攻撃、そしてチェイニーの権益に結びついたというオチをユーモアも織り交ぜて演出したアダム・マッケイの手腕は流石だと思いました。
366360_004.jpg
けど、これくらいの悪徳政治家がいないと世界も動かないのかな、ということも思わされた(良くも悪くも)作品でしたね。

解説:ジョージ・W・ブッシュ政権下で副大統領を務めたディック・チェイニーを描く社会派ドラマ。アダム・マッケイ監督、クリスチャン・ベイル、スティーヴ・カレルをはじめ、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のスタッフ・キャストが再び集結。ベイルは大幅な肉体改造を行い、チェイニー副大統領にふんした。エイミー・アダムス、サム・ロックウェルらが共演している。

あらすじ:1960年代半ば、酒癖の悪い電気工ディック・チェイニー(クリスチャン・ベイル)は、恋人のリン(エイミー・アダムス)に激怒され、彼女を失望させないことを誓う。その後、下院議員のドナルド・ラムズフェルド(スティーヴ・カレル)のもとで働きながら政治のイロハを学んだチェイニーは、権力の中に自分の居場所を見いだす。そして頭角を現し大統領首席補佐官、国防長官になったチェイニーは、ジョージ・W・ブッシュ(サム・ロックウェル)政権で副大統領に就任する。
nice!(14)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記22/19’】ブラック・クランズマン [映画鑑賞]

「ブラック・クランズマン」を鑑賞。
176061_02.jpg
1970年代に、黒人でありながら白人至上主義の過激派団体KKKを潜入捜査するという困難なミッションに挑んだ元刑事ロン・ストールワースによる回顧録「ブラック・クランズマン」を映画化。
監督は黒人社会を描けば第一人者のスパイク・リー。当初違う監督だったらしいですが、スパイク・リーに「自分よりも相応しい人物がいる」と尊敬してやまない大先輩に監督の座を譲ったそうです。
子供の頃、ニュースでKKKが白装束と頭巾、松明を持って集団で黒人に過激的な振る舞いをする様子を見て、子供心に恐怖がありました。
366031_003.jpg
主人公ストールワースを演じたのは、名優デンゼル・ワシントンの息子のジョン・デヴィッド・ワシントン。相棒役の白人刑事フィリップを演じたのはアダム・ドライヴァー。
人種差別がベースとなっているストーリーながら、この二人を軸とした熱血バディ・ムービーであります。さらにスパイク・リーはそこにアクションやサスペンス、コメディの要素をも盛り込んだ極上のエンターティメント作品でもありますね。
しかし、KKKはいまだに存在する白人至上主義団体。人種差別を隠そうともしないドナルド・トランプ大統領の影響もあってか、また過激な集団とならないことを祈るばかりです。
366031_007.jpg

解説:『ドゥ・ザ・ライト・シング』などのスパイク・リーがメガホンを取り、第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した実録ドラマ。1970年代末のアメリカを舞台に、2人の刑事が過激な団体で潜入捜査する。ドラマシリーズ「Ballers/ボウラーズ」などのジョン・デヴィッド・ワシントン、『ハングリー・ハーツ』などのアダム・ドライヴァーのほか、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンらが出演する。

あらすじ:アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署に、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、捜査のために電話で白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に応募する。黒人であることを隠して差別発言をまくし立てた彼は、入会のための面接に進み、彼の代わりに白人の同僚刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライヴァー)が面接に向かう。
nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画鑑賞 ブログトップ