So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
映画鑑賞 ブログトップ
前の10件 | -

【映画鑑賞記38/18’】ワンダー 君は太陽 [映画鑑賞]

「ワンダー 君は太陽」を鑑賞。
175301_02.jpg
間違いなく今年観た洋画でベスト5に入る作品です。
主人公は10歳のオギー。宇宙に憧れ、スター・ウォーズをこよなく愛し、両親と姉の愛情に恵まれた少年。けど、彼は普通の子ではありません。遺伝子の先天性疾患で、変形してしまった顔の持ち主なのです。27回の整形手術に耐えたものの、宇宙飛行士のヘルメットを脱ぎたがらない彼は、初めての学校生活で困難にぶち当たります。
201806070010000view.jpg
外見が人と違う。それだけで、差別の対象になってしまう世の中ですが、この作品はオギーと彼を支える家族、友人達の内面の魅力の成長を伝える物語に仕上がっています。
母親役はジュリア・ロバーツ。プリティー・ウーマンのシンデレラガールが母親役ですよ。けど、素適な歳のとり方してますね。
363462_001.jpg
物語はオギーを主軸に置きながら、オギー最優先の家庭で「手のかからない子」を演じてきた姉の「ヴィア」、
363462_006.jpg
彼女の親友「ミランダ」、そしてオギーの魅力にいち早く気づきながら、大多数の意見になびいてしまうクラスメイトの「ジャック」へと、
363462_002.jpg
エピソードを移して語られていきます。
それぞれに、自身の方向とオギーへの思いに揺れるところがよく描かれていたと思います。
そして、父親役のオーウェン・ウィルソン。家族のイニシアティブを持つしっかり者の母さんが暴走しそうになると、さりげなく抑える役どころ。彼がオギーに言う「なにより、父さんがお前の顔が好きなんだ」という台詞には涙がちょちょ切れましたよ。
363462_005.jpg
現実世界ではもっと厳しく辛く酷いのだろうけど、この作品がこの世界の素晴らしい“ワンダー”に繋がって欲しいですね。
363462_007.jpg
お勧めの一本です!

解説:R・J・パラシオの児童小説を、『ウォールフラワー』などのスティーヴン・チョボスキーが映画化。外見からわかる先天性の障害がある少年が、困難に立ち向かう姿を描く。主人公に『ルーム』などのジェイコブ・トレンブレイ、彼を愛情深く支える両親を『エリン・ブロコビッチ』などのジュリア・ロバーツと『ミッドナイト・イン・パリ』などのオーウェン・ウィルソンが演じる。

あらすじ:生まれつき顔立ちが人と違う少年オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼いころから自宅で母のイザベル(ジュリア・ロバーツ)と勉強してきた。10歳になり学校に通い始めた彼は同級生と仲良くしたいと願うが、じろじろ眺められたり避けられたりする。しかし彼の行動が、周囲の態度を少しずつ変えていき……。
nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記37/18’】ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー [映画鑑賞]

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を鑑賞。
171407_03.jpg
スター・ウォーズの大人気キャラクターハン・ソロの若き日を描くスピンオフ作品。スピンオフ作品は「ローグ・ワン」から2作目となりますね。
本作では宇宙をまたにかけるならず者の密輸業者から反乱同盟軍のヒーローとなるハン・ソロ。彼の名前の由来、相棒チューバッカ並びに愛機ミレニアム・ファルコンとの出会いなどのエピソードが詰め込まれています。
363273_001.jpg
ただ、作品としてはスター・ウォーズが持つ緊張感や華やかさに欠けていました。
一番の原因は若きハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクでしょうか。やはり、ハン・ソロはハリソン・フォードのイメージが強く、観ていてもどかしかったですね。決して悪い役者じゃないんだけど。
363273_003.jpg
全米では、それが原因の一つで大コケしてしまったみたいですし。
大人気シリーズでも全てヒットに繋がるとは限らない、というのが証明された形になってしまいました。結果、予定されていたスピンオフ作品の制作にも影響を与えているようです。
ちなみに、相棒チューバッカの年齢は200歳だそうですよ(笑) ←ネタバレやん
363273_004.jpg

解説:『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロを主人公に据えたスピンオフ。宇宙を駆ける密輸業者からヒーローになった彼の若き日の戦いと冒険を描く。監督は『ビューティフル・マインド』『フロスト×ニクソン』などのロン・ハワード。『ヘイル、シーザー!』などのオールデン・エアエンライクがソロにふんし、『メッセンジャー』などのウディ・ハレルソン、ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」などのエミリア・クラーク、ドラマシリーズ「アトランタ」などのドナルド・グローヴァーらが共演する。

あらすじ:帝国軍が支配する時代。惑星コレリアで生まれ育ち、自分の力だけで生き抜いてきたハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)は、銀河で一番のパイロットになるという夢を抱いていた。やがて宇宙に飛び出した彼は、チューバッカ(ヨーナス・スオタモ)という相棒を得る。彼らは、幼なじみの美女キーラ(エミリア・クラーク)らと一緒に、危険な世界に通じたトバイアス・ベケット(ウディ・ハレルソン)が率いるチームに加わり、壮大な冒険に身を投じる。
nice!(18)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

予告その4 [映画鑑賞]

今、超話題の映画「カメラを止めるな!」を観てきました。
IMG_2193.JPG
300万円という低予算、有名な役者は皆無、当初東京での公開はミニシアター2館のみ。それが、SNSを通じて評判が拡大し、いまやTOHO系等大劇場のほとんどの時間帯がSOULDOUT状態。
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」ゆうばりファンタランド大賞やpauloさんが住むブラジルでの映画祭「ファンタスポア2018」でインターナショナルコンペ部門・最優秀作品賞も受賞しています。
ネタバレになってしまうので、詳細は記載できませんがとにかく観て欲しい作品ですね。映画が本当に好きなんだなって思いますよ[カチンコ]
ちなみに、HCくんは2回観ました[わーい(嬉しい顔)]


nice!(17)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記36/18’】パンク侍、斬られて候 [映画鑑賞]

「パンク侍、斬られて候」を鑑賞。
175338_03.jpg
宮藤官九郎脚本、綾野剛主演、北川景子ヒロインというので期待をこめて観に行きましたが、ちょっと、いや随分残念な作品でした。
363374_001.jpg
原作は芥川賞作家・町田康。パンクロッカー、ミュージシャンとしての顔も持ちますが、HCくんとしてはイマイチ中途半端な印象な方。
そのせいもあってか、クドカンの脚本もノリが伝わってこなくて作品に入り込むことは難しかったですね。
唯一の救いは北川景子の美貌のみ。綺麗な人だな、マジ。
DAIGOが羨ましい(笑)
363374_004.jpg

解説:芥川賞作家・町田康が執筆した、江戸時代が舞台の人気小説を映画化。規格外の能力を持つがいいかげんな侍である主人公・掛十之進には綾野剛がふんし、自らがまいた種で起こる騒動に翻弄(ほんろう)されるさまが描かれる。『謝罪の王様』などの宮藤官九郎が脚本を手掛け、『シャニダールの花』で綾野と組んだ石井岳龍監督がメガホンを取る。共演は、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、渋川清彦、國村隼、豊川悦司ら。

あらすじ:江戸時代とある街道で、自らを「超人的剣客」と豪語する浪人・掛十之進(綾野剛)が突然、巡礼の物乞いを斬り捨てる。彼は、この者たちがこの地に恐るべき災いをもたらすと言い放つ。
nice!(17)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記35/18’】空飛ぶタイヤ [映画鑑賞]

「空飛ぶタイヤ」を鑑賞。
172700_03.jpg
「半沢直樹」「下町ロケット」などの原作者として知られる池井戸潤の作品を映画化。テレビではドラマ化に引っ張りだこの池井戸潤だが映画化は初めてなんだそうです。
本作は、トラックの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が自社の無実を証明すべく、製造元の自動車会社がひた隠す不正を暴く闘いに挑む、といった内容。
作中に登場する大手ホープグループに連なる一企業「ホープ自動車」のモデルは「三菱自動車」ですね。時間軸、細部とかは異なりますが、実際にあった痛ましい事件、そして企業の隠蔽を暴く作品になっています。
主演を演じるのは長瀬智也。いつの間にか、ジャニーズもネット上での画像を許可しているみたいです。
361755_002.jpg
共演は五代様と伊能さん。いやもとい、ディーン・フジオカと高橋一生。今もっとも旬な俳優が脇を固めます。
361755_001.jpg
そして、これまた旬なムロツヨシ。イケメンだけでは、作品が作れないというのを彼が証明する作品でもありますね。
361755_004.jpg
池井戸潤作品なので安心感が持てる作品ですが、テレビドラマに慣れているせいか、この作品もテレビドラマでも良かったかな。
TBS日曜劇場の方が楽しめたかもね。

解説:人気ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの原作者として知られる池井戸潤のベストセラー小説を実写映画化。トラックの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が自社の無実を証明すべく、製造元の自動車会社がひた隠す不正を暴く闘いに挑む。メガホンを取るのは、『超高速!参勤交代』シリーズなどの本木克英監督。主人公を『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』などの長瀬智也が熱演する。

あらすじ:トラックの脱輪事故で主婦が亡くなり、整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、警察の執拗(しつよう)な追及を受ける。赤松はトラックの欠陥に気付き製造元のホープ自動車に再調査を要求するが、調査は進展せず自ら調査を開始。やがて大企業のリコール隠しを知った赤松は、会社や家族を守るため、そして自身の正義のため、巨大企業に立ち向かっていく。
nice!(15)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記34/18’】メイズ・ランナー:最期の迷宮 [映画鑑賞]

「メイズ・ランナー:最期の迷宮」を鑑賞。
175047_01.jpg
前作から2年半くらい間隔が空いたので、冒頭話の流れについていけませんでした^^;
ただ、三部作の中では一番面白かったかも。普通、三部作の三作目は惰性で流れることが多い中で、しっかりと作られていましたね。
本作はジェームズ・ダシュナーが2011年に上梓した小説『The Death Cure』を原作しています。荒廃した近未来の世界観は好きですね。
362935_003.jpg
主演は三部作ともディラン・オブライエンが主演を務ています。二作目から間隔が空いたのは、本作がクランクイン直後に怪我をしたことが原因みたいですね。
中央が主役のトーマス役ディラン・オブライエン。両脇の俳優も一作目から出演していて、重要な役割を担っています。
362935_001.jpg
悪役ジャンソンを演じるエイダン・ギレンとトーマスとの関係で揺れるテレサ役のカヤ・スコデラリオ。彼女は「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」にもヒロインで出演していますよね。
362935_004.jpg
これで、メイズ・ランナーシリーズは終わりとなりますが、いつかシリーズ三部作を一気に鑑賞してみたいですね。

解説:ジェイムズ・ダシュナーのベストセラー小説を原作に、巨大迷路からの脱出劇を活写しヒットしたサバイバルアクションシリーズの完結編。深まる謎を解くために、およそ3年かけて脱出した巨大迷路に戻る主人公たちの命懸けの作戦を描く。シリーズを支えてきたディラン・オブライエン、カヤ・スコデラーリオ、トーマス・ブロディ=サングスター、キー・ホン・リーらが出演。

あらすじ:トーマス(ディラン・オブライエン)と仲間たちは、秘密組織“ WCKD(ウィケッド)”にとらわれたミンホ(キー・ホン・リー)救出のため列車に奇襲をかける。彼らは戦闘機を使って列車一両を切り離すことに成功したが、車内にミンホはいなかった。一方、破壊的なウイルス“フレア”の感染者が増加する中、ミンホはWCKDの研究室で実験台にされようとしていた。
nice!(16)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記33/18’】万引き家族 [映画鑑賞]

「万引き家族」を鑑賞。
175034_01.jpg
第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルム・ドーム賞受賞作品。
是枝裕和監督作品はこれまで数作品観てきましたが、どちらかというとメディアミックスで踊らされた作品(特にフジテレビ)もあり、僕の中ではイマイチでした。
しかし、本作は評価通りベスト作品。今年観た邦画でも一番です。
その一番の要因は演者たち。
リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林、松岡茉優そして子役の城桧吏、佐々木みゆらが鳥肌ものの演技合戦を繰り広げます。そのベースにあるのは、是枝裕和監督の脚本、演出。
それらの要素がすべてシンクロして最高の作品が完成したのでしょうね。
201806070000000view.jpg
「盗んだのは絆」でした。このキャッチコピーを深く知りたい方は映画館にGO!

解説:『誰も知らない』『そして父になる』などの是枝裕和監督による人間ドラマ。親の年金を不正に受給していた家族が逮捕された事件に着想を得たという物語が展開する。キャストには是枝監督と何度も組んできたリリー・フランキー、樹木希林をはじめ、『百円の恋』などの安藤サクラ、『勝手にふるえてろ』などの松岡茉優、オーディションで選出された子役の城桧吏、佐々木みゆらが名を連ねる。

あらすじ:治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、傷だらけの彼女を見て世話をすることにする。信代の妹の亜紀(松岡茉優)を含めた一家は、初枝(樹木希林)の年金を頼りに生活していたが……。
nice!(18)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記32/18’】デッドプール2 [映画鑑賞]

「デッドプール2」を鑑賞。
173802_02.jpg
マーベル作品でXメンシリーズの流れをくむヒーローもの。
ただし、マーベルのアベンジャーズやXメンのヒーロー達とは一味も二味も違うユーモラスでスケベで悪党チックなキャラクターとなっています。
主演は、DCコミックのヒーローキャラクター グリーン・ランタンを演じたライアン・レイノルズ。
362627_004.jpg
全編にわたり、映画ネタをふんだんにまぶしたセリフが非常に楽しかった。アクションシーンも凄かったですが、今回は冒頭からデッドプールに悲劇が起こります。
一度は自暴自棄になりますが、全身金属男コロッサスの誘いで「見習いX-MEN」として活動を始め、やり場のない怒りを抱えた子供ミュータントを救い、強敵ケーブルを倒すべく新チームを結成すします。その名は「Xフォース」!
362627_001.jpg
個性的な面々の中には、日本から忽那汐里の参戦していますよ。
対する敵ケーブルを演じるのは、アベンジャーズ・インフォニティウォーでも超強敵サノスを演じたジョシュ・ブローリン。今回もXフォースを最後まで苦しめます。
362627_002.jpg
マーベルのちょっと風変わりのヒーロー デッドプール。将来的にXメン、はたまたアベンジャースと共演することもあるんでしょうかね?今後の展開がとっても楽しみであります。

解説:マーベルコミックスのヒーローの中でもユーモラスなキャラクター・デッドプールに、ライアン・レイノルズがふんしたアクションの第2弾。“マシーン人間”からある少年を守るために立ち上がったデッドプールがチームを結成し、ド派手なバトルを展開する。監督は『アトミック・ブロンド』などのデヴィッド・リーチ。敵を『アベンジャーズ』シリーズにも出演しているジョシュ・ブローリンが演じるほか、モリーナ・バッカリン、T・J・ミラー、忽那汐里らが出演する。

あらすじ:のんきに過ごすデッドプール(ライアン・レイノルズ)の前に、未来から来た“マシーン人間”のケーブル(ジョシュ・ブローリン)が現れる。大好きなヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)のためにまっとうな人間になると決めたデッドプールは、ケーブルが狙う不思議な力を持つ少年を守ろうと、特殊な能力があるメンバーだけのスペシャルチーム「Xフォース」を作る。
nice!(14)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記31/18’】ランペイジ 巨獣大乱闘 [映画鑑賞]

「ランペイジ 巨獣大乱闘」を鑑賞。
174658_01.jpg
昔の大映映画のようなタイトルですが、ハリウッド作品です。
けど、中身はどこかガメラ的な要素がいっぱい散りばめられていて懐かしささえ感じました。
主演は今一番乗っているアクション俳優ドウェイン・ジョンソン。
363405_007.jpg
巨獣に相対しても負けません(笑)
363405_002.jpg
ストーリーは、遺伝子操作を実験していた宇宙ステーションで、ネズミが巨大化・狂暴化し、乗員を殺し、生き残ったケリー・アトキンズ博士が脱出を図ります。しかし、遺伝子実験サンプルを持ち帰れと指示され、その通りにして脱出しますが・・・
ここまでの冒頭シーンは「エイリアン」のラストシーンや「ライフ」を思い出させますが、舞台が地球に移ったとたん、楽しいB級映画になってしまいます[わーい(嬉しい顔)]
巨獣たちのキャラも日本のギャオス、アンギラスのような個性がない。まー地球上の動物を巨大化しただけですからね。
363405_003.jpg
363405_004.jpg
ただ、ゴリラはなかなか迫力がありました。
そこは、やはりキングコングを生み出したハリウッドならでは、というか意地を感じましたね。
363405_001.jpg
正直、ロック様(ドウェイン・ジョンソン)しか務まらない映画で、ちゃんとお金を使ったB級映画。
こんな映画もたまにはイイモンです、はい。

解説:ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンを主演に迎え、1986年に発売されたアーケードゲームを実写映画化したパニックアクション。巨大化した動物たちが、大都会で暴れ回り街を破壊していくさまを描く。『ムーンライト』などのナオミ・ハリス、『ウォッチメン』などのマリン・アッカーマン、『女神の見えざる手』などのジェイク・レイシーらが共演。『カリフォルニア・ダウン』でもドウェインと組んだブラッド・ペイトンがメガホンを取った。

あらすじ:ある遺伝子実験の失敗からゴリラやオオカミなどの動物が巨大化し、所構わず暴れだす。動物たちは、破壊活動を続けながら北米大陸を横断し、高層ビルが林立する街で大乱闘を繰り広げる。人々が逃げ惑う中、軍隊が出動し銃やミサイルで攻撃するが巨獣たちの暴走を抑えることはできず……。
nice!(16)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記30/18’】孤狼の血 [映画鑑賞]

「孤狼の血」を鑑賞。
172725_02.jpg
柚月裕子原作の映画化。原作がかなり面白かっただけに、映像化が不安でしたが、そこは主演主役の役所広司の安定感ある演技力で原作にはない、映像でしか味わえない雰囲気を醸し出していました。
その役所広司演じるベテラン刑事・大上の相棒は広島大学出身の新米刑事・日岡。松坂桃李が演じます。
361822_001.jpg
舞台は広島。東映映画で広島が舞台といえば、あの不朽の名作「仁義なき戦い」をどうしても思い出してしまいますが、この作品も昭和感満載。往年の東映イズムの鮮やかな復活を宣言する快作ですね。
それは、やはりイリーガルな刑事を演じる役所広司の存在。そして、脇を固める暴力団幹部役の江口洋介、影から日岡を助ける真木よう子など芸達者な俳優陣の力も大きいですね。
361822_014.jpg
361822_015.jpg
361822_002.jpg
また、エリートの新米刑事日岡が、大上に反撥しながらも翻弄され、過剰なまでのサディスティックなOJTを経て、次第に強面な相貌を獲得していく成長記と観ても楽しかったですね。
現在「孤狼の血」の続編が出版されていて、大上の意思を告ぐ日岡が主人公になっています。図書館で予約しているので、はやく読みたいですね。

解説:『凶悪』などの白石和彌監督がメガホンを取り、柚月裕子の小説を映画化。暴力団対策法施行以前の広島県を舞台に、すさまじい抗争を起こしている暴力団と彼らを追う刑事たちのバトルを活写する。役所広司が主演を務め、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、田口トモロヲ、石橋蓮司、江口洋介らが共演。昭和の男たちが躍動する。

あらすじ:昭和63年、広島の呉原では暴力団組織が街を牛耳り、新勢力である広島の巨大組織五十子会系「加古村組」と地元の「尾谷組」がにらみ合っていた。ある日、加古村組の関連企業の社員が行方不明になる。ベテラン刑事の刑事二課主任・大上章吾(役所広司)巡査部長は、そこに殺人事件の匂いをかぎ取り、新米の日岡秀一(松坂桃李)巡査と共に捜査に乗り出す。
nice!(16)  コメント(12) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画鑑賞 ブログトップ