So-net無料ブログ作成
読書日記 ブログトップ
前の10件 | -

【読書日記18/19’】ジェリーフィッシュは凍らない@ 市川憂人 [読書日記]

出張のため、予約投稿です。

市川憂人著「ジェリーフィッシュは凍らない」を読了。
51yg3f5AQFL._SX336_BO1,204,203,200_.jpg
第26回鮎川哲也賞受賞作。
と言っても、鮎川哲也ほどの重厚感はなく、現代風にポップなミステリーになっています。
物語の設定も斬新でまさに新時代の「そして誰もいなくなった」かな。
けど、イマイチ探偵役の主人公2人(男女のバディ)が弱い。キャラは立ってるんですが、活かされていない。そして、設定が海外というのもね。
日本のミステリー作家なら日本を舞台にしてもらいたいと考えるのは、HCくんだけだろうか。

内容:特殊技術で開発された、小型飛行船〈ジェリーフィッシュ〉。その発明者であるファイファー教授を中心とした技術開発メンバー6人は、次世代型ジェリーフィッシュの長期航空試験に臨んでいた。ところがフライト中に、密室状態の艇内でメンバーの一人が死体となって発見される。さらに、自動航行プログラムが暴走し、彼らは試験機ごと雪山に閉じ込められてしまう。脱出する術もない中、次々と犠牲者が……。精緻な筆致で描く本格ミステリ、新時代の『そして誰もいなくなった』登場!
nice!(15)  コメント(8) 
共通テーマ:

【読書日記17/19’】厭魅の如き憑くもの@三津田信三 [読書日記]

三津田信三著「厭魅の如き憑くもの」。
510915VTKML._SX333_BO1,204,203,200_.jpg
まるで、横溝正史が現代に蘇ったような作品でした。
けど、なんか登場人物が多く背景も複雑で読み進めるのが正直辛い作品でしたね。設定等は面白いんだけど、読みやすさも追及してもらいたいな。
思わず”あきらめ~本”になりそうでした・・・

内容:憑き物筋の「黒の家」と「白の家」の対立、「神隠しに遭った」ように消える子供たち、生霊を見て憑かれたと病む少女、厭魅が出たと噂する村人たち、死んだ姉が還って来たと怯える妹、忌み山を侵し恐怖の体験をした少年、得体の知れぬ何かに尾けられる巫女―。そして「僕」が遭遇した、恐るべき怪死を遂げてゆく人々と謎の数々…。奇才が放つ、ミステリーとホラーの禍々しい結晶、ついに昇華。
nice!(16)  コメント(8) 
共通テーマ:

【読書日記16/19’】ブルー・ロータス 巡査長 真行寺弘道@榎本憲男 [読書日記]

榎本憲男著「ブルー・ロータス 巡査長 真行寺弘道」を読了。
419LOK6X6PL._SX345_BO1,204,203,200_.jpg
前作が面白かったので、立て続けにシリーズ第2作を読破。
いやーこれまた全編ROCK愛に溢れ、かつ、エンターテイメントな警察小説に仕上がっています。
本作はインドのカースト制度につっこんだりとかなり国際的な内容。
しかも、ラストはシュールだしね。
このシリーズを読むたびに、小説に出てくるアーティストの楽曲が入ったCDが聴きたくなるわ。中毒性のある小説ね。
現在、シリーズ第3弾を図書館で予約中(笑) ←自分の金で購入しないところがROCKでしょ


内容:53歳の真行寺弘道は、「巡査長」という肩書きが警視庁捜査一課で異例なだけでなく、きっちり公休を取り自宅のオーディオでロックを聴くのが楽しみという、刑事としてはかなりの変わり種。捜査の「お約束」である所轄刑事との相勤を避けて単独行動するなど、型破りな行動・言動で知られている。 そしてこのベテラン刑事、ヒラなのに、やけにデカい事件に当たる。 元警察官僚の尾関一郎衆院議員変死事件に続くヤマは、インド人変死事件。荒川沿いを流していた真行寺は、捜査員たちに出くわす。河川敷で死体が発見されたという。やがてこの死体はインド人男性のものであることが判明。死体の耳の周囲に残る火傷に着目し、事件性を感じた真行寺は、インドを専門とする若き研究者・時任の協力を得て真相に迫るが――。 シリーズ第1巻『巡査長 真行寺弘道』が、読売新聞、しんぶん赤旗、産経新聞、「小説推理」、「stereo」など各紙誌で絶賛された、圧倒的なスケールの痛快エンターテインメント第2弾!
nice!(17)  コメント(8) 
共通テーマ:

【読書日記15/19’】巡査長 真行寺弘道@榎本憲男 [読書日記]

榎本憲男著「巡査長 真行寺弘道」を読了。
51jkgK+hk7L.jpg
いやー面白かった。
とにかく、出世にはまったく興味がなく、ROCKを愛する主人公・真行寺弘道に心を奪われました。
勤務態度に問題ありですが、刑事としての洞察力、行動力、発想はピカイチ。警視庁捜査一課の異色刑事として存在感を発揮しています。
また、真行寺弘道に関係する登場人物も魅力満点。上昇志向を持ちながらも真行寺に理解を示し良き相談相手でもある一課長・水野玲子警視。そして、本作の鍵を握るハッカー・黒木。
そして何よりも嬉しいのが物語全般に流れるROCKのリズム。70年代80年代のロックバンドやその楽曲が随所に出てくるので、ROCKを聴き込んでいたあの時代にタイムトリップする感覚も味合うことが出来ましたね。
榎本憲男は初めて読む作家でしたが、映画監督、脚本家、映画製作者としても知られている方なので、作家としての力量も確かなものでした。
続編もすぐ図書館で予約して読んじゃった[わーい(嬉しい顔)]
警察小説の痛快エンターテイメントでありながら、どこかシュールでもある本作。お勧めの一冊です!

内容:53歳の真行寺弘道は、「巡査長」という肩書きが警視庁捜査一課で異例なだけでなく、きっちり公休を取り自宅のオーディオでロックを聴くのが楽しみという、刑事としてはかなりの変わり種。捜査の「お約束」である所轄刑事との相勤を避けて単独行動するなど、型破りな行動・言動で知られている。これまた異例ながら、キャリアで捜査一課長の水野玲子警視に命じられた真行寺は、八王子の高級老人介護施設で起きた入居者死亡事件を捜査する。AI搭載の人型介護支援ロボットが関わっているらしいその事件を調べるうちに、真行寺は、自らの職業を「ハッカー」と称するオーディオマニアの青年・黒木良平と親しくなった。同事件の捜査が一段落したところに、水野課長から連絡が入る。元警察官僚で衆院議員の尾関一郎が新宿のホテルで変死したという。捜査を進めるうちに、この事件の背後に政界・芸能界・反社会的勢力などが連なる大きな組織の存在をかぎ取った真行寺は、黒木の力を借りて真相に迫るが――。 ゲノム編集や文明社会など幅広くリアルな知見に裏打ちされた、圧倒的なスケールの痛快エンターテインメント!
nice!(16)  コメント(10) 
共通テーマ:

【読書日記14/19’】慈雨@柚月裕子 [読書日記]

柚月裕子著「慈雨」を読了。
51jfqsLrZqL.jpg
柚月裕子は警察ものを書かせたら今一番の作家かもしれませんね。
本作で取り上げられた少女誘拐事件は、実際の冤罪事件として有名な「足利事件」がモデルとなっています。
主人公神場は、警察官を退職し、妻と二人で四国八十八か所遍路の旅をしていますが、刑事時代の後輩刑事緒方から、16年前に起こった少女誘拐殺人事件に酷似した事件のアドバイスを頼まれます。
そして、その16年前の誘拐事件には警察組織のウラが隠されていて・・・といったストーリー。
そのウラと四国巡礼が合いまった構成は、巧いの一言ですね。

内容:警察官を定年退職し、妻と共に四国遍路の旅に出た神場。旅先で知った少女誘拐事件は、16年前に自らが捜査にあたった事件に酷似していた。手掛かりのない捜査状況に悩む後輩に協力しながら、神場の胸には過去の事件への悔恨があった。場所を隔て、時を経て、世代をまたぎ、織り成される物語。事件の真相、そして明らかになる事実とは。安易なジャンル分けを許さない、芳醇たる味わいのミステリー。
nice!(15)  コメント(9) 
共通テーマ:

【読書日記13/19’】愛なき世界@三浦しおん [読書日記]

三浦しおん著「愛なき世界」を読了。
ダウンロード.jpg
代表作「舟を編む」など、作者・三浦しおんが奏でる世界に登場する人物はみんな魅力的です。
物語は洋食屋の見習い・藤丸陽太が植物学研究者をめざす本村紗英に恋をします。けれど本村は、三度の飯よりシロイヌナズナ(葉っぱ)の研究が好き。恋のライバルが、人類ではない・・・衝撃的な「ごめんなさい」から物語りは進んでいきます。
本作でも見た目が殺し屋のような教授、イモに惚れ込む老教授、サボテンを巨大化させる後輩男子など、愛おしい変わり者たちが登場し物語りに華を添えます。草花も人間も、必死に生きているんだな、と改めて思わせてくれて、ほっこり感動する作品でした。

内容:恋のライバルは草でした(マジ)。洋食屋の見習い・藤丸陽太は、植物学研究者をめざす本村紗英に恋をした。しかし本村は、三度の飯よりシロイヌナズナ(葉っぱ)の研究が好き。見た目が殺し屋のような教授、イモに惚れ込む老教授、サボテンを巨大化させる後輩男子など、愛おしい変わり者たちに支えられ、地道な研究に情熱を燃やす日々…人生のすべてを植物に捧げる本村に、藤丸は恋の光合成を起こせるのか!?道端の草も人間も、必死に生きている。世界の隅っこが輝きだす傑作長篇。
nice!(13)  コメント(10) 
共通テーマ:

【読書日記12/19’】そしてバトンは渡された@瀬尾まいこ [読書日記]

瀬尾まいこ著「そしてバトンは渡された」を読了。
ダウンロード.jpg
2019年本屋大賞受賞作。
主人公の森宮優子は、血の繋がらない親の間をリレーされ、四回も名字が変わった十七歳の女子高生。
けれど、彼女はいつも愛されていて、話には暗く重いところはまったくありません。
読んだ後に幸せな気分に浸れる作品でした。

内容:森宮優子、十七歳。継父継母が変われば名字も変わる。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた。この著者にしか描けない優しい物語。 「私には父親が三人、母親が二人いる。 家族の形態は、十七年間で七回も変わった。 でも、全然不幸ではないのだ。」 身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作。
nice!(11)  コメント(9) 
共通テーマ:

【読書日記11/19’】雲上雲下@朝井まかて [読書日記]

朝井まかて著「雲上雲下」を読了。
51WWrgiOgLL._SX336_BO1,204,203,200_.jpg
読み進めるうちに、以前TBSで放送していた「まんが 日本昔ばなし」の中に入っていってしまうような感覚になってしまいました。
読みながら、耳元で市原悦子さんと常田富士男さんが語りかけているような。
子狐に山姥、乙姫に天人、そして龍の子。民話の主人公たちが笑い、苦悩し、闘う不思議で懐かしい、大人のためのファンタジーに仕上がっています。
そして、本を読まずゲームばかりやっている子供たち、読み聞かせない大人たちへの痛烈なメッセージも含まれていています。
日本の昔話は語り継いでいかないといけませんね。

あらすじ:「草どん、昔話をきかせてくれろ」どこからともなく現れた子狐は、目の前にいた草に話しかけた。物語をせがむ子狐に負け、草どんは重い口をひらいた。それは我々人間が存在する前の話にまでさかのぼる。日本各地の民話を、朝井まかてが実際に聞き歩いた。昔話に新たな生命が宿る!
nice!(15)  コメント(11) 
共通テーマ:

【読書日記10/19’】ノースライト@横山秀夫 [読書日記]

横山秀夫著「ノースライト」を読了。
51ZMZdSCSdL._SX342_BO1,204,203,200_.jpg
”横山ミステリー史上最も美しい謎。熱く込み上げる感動。”というフレーズでしたが、「64(ロクヨン)」「臨場」「クライマーズ・ハイ」など重厚な作品に触れてきたHCくんとしては、正直ちょっと物足りない作品でした。
「64(ロクヨン)」から、6年たっての新作。その間、筆者になにかあったのかとも思わせてしまいます。
著者にはやはり、重厚な警察小説が似合いますね。次作に期待。

内容:一級建築士の青瀬は、信濃追分へ車を走らせていた。望まれて設計した新築の家。施主の一家も、新しい自宅を前に、あんなに喜んでいたのに……。Y邸は無人だった。そこに越してきたはずの家族の姿はなく、電話機以外に家具もない。ただ一つ、浅間山を望むように置かれた古ぼけた「タウトの椅子」を除けば……。このY邸でいったい何が起きたのか?
nice!(16)  コメント(11) 
共通テーマ:

【読書日記9/19’】宝島@真藤順丈 [読書日記]

真藤順丈著「宝島」を読了。
51sb-x1yMNL._SX362_BO1,204,203,200_.jpg
第160回直木賞受賞。他にも第9回山田風太郎賞、第5回沖縄書店大賞受賞して3冠達成。
沖縄の戦後1952年から1972年の本土返還まで、20年の物語。固い絆で結ばれた三人の幼馴染みグスク、レイ、ヤマコを軸に激動の時代を描いています。彼らは米軍基地に忍び込み、略奪した物品を住民に分け与える「戦果アギャー」のメンバー。奪うのは食料、医療品だけではなく盗み出した建築資材で小学校が建つ。そのため戦果アギャーのリーダー「オンちゃん」は住民から英雄視されていましたが、そのオンちゃんは嘉手納基地を襲った夜に米兵に追われて行方不明になってしまい・・・
当時の沖縄に「戦果アギヤー」と呼ばれる方々がいるなんて初めて知り、序盤は興味深く読みました。しかし、それ以降は文体・文脈が合わなかったのか物語に入りこめませんでした。
熱い物語であり、優れた沖縄現代史であることは確かなのですがね。

内容:英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染み、グスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになり―同じ夢に向かった。超弩級の才能が放つ、青春と革命の一大叙事詩!!


nice!(20)  コメント(12) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読書日記 ブログトップ