So-net無料ブログ作成

【ブラHC】杵築城 [ブラHC]

大分出張の土曜日、帰りの飛行機まで時間があったので、大分県杵築市の「杵築城」に寄りました。
IMG_0552.jpg
杵築城は、室町時代初期に木付氏によって八坂川の河口にある台山の上に築かれました。ちなみに、現在は城跡を整備し、山上の天守台跡に博物館と展望台を兼ねた模擬天守が建てられています。
IMG_0553.jpg
天守閣から見る別府湾。
IMG_0556.jpg
お城を後にし城下町へ。この城下町は日本でただ一つの“サンドイッチ型城下町”と言われています。その訳は、塩屋の坂と酢屋の坂という二つの坂に挟まれているから。
IMG_0562.jpg
IMG_0563.jpg
築城を中心に据えて、それぞれの坂の上に武士たちは屋敷を構え、その谷あいで商いをする商人たちの町を挟むように暮らす。塩屋の坂から振り返るようにして酢屋の坂を眺めてみると、凹凸のある形状がまさに“サンドイッチ”のように見えてきます。
日本にもこういう素敵なところがあったんだと、再発見できましたね。
是非、”鶴瓶の家族に乾杯”で周って欲しいな(笑)
天守閣に昇ったり、坂道を上ったり下ったりしたら疲れちゃったので、武家屋敷をリノベーションしたお茶屋さんに入ってアイスコーヒーを飲んで、大分空港に向いました。
IMG_0565.jpg
IMG_0564.jpg
※今回、撮影はiPhoneです。
nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【ブラHC】東京駅地下・八重洲・日本橋 [ブラHC]

東京駅みどりの窓口に福井出張の切符を買いに出掛けた際、東京駅近辺をブラHC。
東京メトロ東西線大手町駅からJR東京駅は、地下道を歩いて5分程度。
P8170696.JPG
この地下道は何度も何度も歩いているので愛着があります。
東京駅丸の内地下。お店はこれからオープンします。
P8170697.JPG
丸の内地下から八重洲地下に移動し地上へ。地上は灼熱の太陽[晴れ]
P8170699.JPG
横断歩道が青のうちに、左右をパチリ。
P8170700.JPG
P8170701.JPG
八重洲の路地裏は雑踏としていて好き。けど、八重洲も再開発されるみたいで丸の内みたいになってしまうのは寂しいな。
P8170702.JPG
日本橋に来ました。日本橋はオリンピックモードです。
P8170703.JPG
大きな五輪のマークが日本橋の袂に設置されていました。
P8170704.JPG
P8170707.JPG
この通りは、マラソンコースなのかな。
P8170708.JPG
nice!(17)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【ブラHC】ねこ休み展 夏 2019 [ブラHC]

東京ドームシティで開催されている「ねこ休み展 夏 2019」に行って来ました。
IMG_1070.JPG
IMG_1058.JPG
ガチャガチャも充実しています。
IMG_1057.JPG
前回は物販が主体でしたが、今回は写真展示が主体。
IMG_1059.JPG
IMG_1060.JPG
金メダル兄弟?子猫は可愛いですね。
IMG_1061.JPG
ブサ可愛い^^
IMG_1062.JPG
猫好きな人は写真主体でも喜んでいました。
IMG_1063.JPG
IMG_1064.JPG
IMG_1065.JPG
巨大な猫のぬいぐるみ。
IMG_1066.JPG
東京ドームだけに、ジャビットくんのぬいぐるみもありました。このジャビットは猫の抜け毛をフェルトにして作ったらしい。
IMG_1067.JPG
猫グッズの物販も出ていました。
IMG_1068.JPG
今回は写真展でしたが、様々な表情の猫を見てるとホッコリできました。今度、ウチの空くんの写真もこういったところに応募して展示してもらおうかしらん(笑)
nice!(19)  コメント(12) 
共通テーマ:ペット

【ブラHC】アートアクアリウム2019 [ブラHC]

9日の有給休暇の日に、日本橋のコレド室町1にある日本橋三井ホールで開催されている「アートアクアリウム2019」に行って来ました。
P8090667.JPG
夏休みということもあってか、平日にかかわらず混んでいました。
P8090619.JPG
「アートアクアリウム2019」は約1万匹の金魚が色とりどりにライトアップされた水槽に展示されています。
P8090620.JPG
P8090624.JPG
P8090627.JPG
P8090630.JPG
巨大金魚鉢には「超・花魁」「花魁」「大奥」など、それぞれコンセプトもあり楽しめましたよ。
P8090632.JPG
P8090634.JPG
P8090637.JPG
P8090640.JPG
P8090641.JPG
ライトによって雰囲気も変わりますね。
P8090642.JPG
P8090643.JPG
P8090651.JPG
お江戸日本橋の粋も感じられますね。
P8090652.JPG
ちなみに、金魚の中では出目金が好きです^^
P8090653.JPG
P8090654.JPG
場内は暗いのでPEN-Fでは撮影がつらい。明るいところは少なかった・・・
こういった、光の加減が少ないところではどうすれば綺麗に写るんだろう?フラッシュ撮影は禁止されてますしね。来場者のほとんどはスマホで撮影していましたよ。
ただ、失敗撮影でもこんな幻想的な一枚も撮れました^^
P8090648.JPG
天井にも水槽が。上を向いて歩きます。
P8090657.JPG
ジャグジーにも金魚が泳いでます。
P8090660.JPG
夕方からは獺祭バーで一杯飲めるみたいです。
P8090661.JPG
出口近くには着物の水槽で金魚が泳いでました。
P8090665.JPG
幻想的でしたね。
P8090666.JPG
日本橋三井ホールでの開催は今年で最後とのこと。涼を感じに金魚たちの空中遊泳を楽しんでみませんか。

nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【ブラHC】山代温泉散策 服部神社 [ブラHC]

山代温泉散策最終回です。
最終回は「服部神社」。
P7060522.JPG
服部神社は、山代温泉の守り神とされる山代日子命(やましろひこのみこと)、機織の神である天羽鎚雄神(あめのはづちをのかみ)、白山神社の菊理媛神(くくりひめのかみ)が祀られています。
その時代には大変立派だった社殿も、1552年越前の朝倉義景の戦火にあって社殿を消失したそうです。江戸末期には廃絶されていましたが、明治8年、現在の場所に服部神社が再興されたという歴史があります。
P7070607.JPG
100段はある階段を上ります。
P7070604.JPG
P7070606.JPG
服部神社の境内には平成山代八景の一つである、樹齢200年以上の巨樹があります。
P7070609.JPG
神社の前には茅の輪が設置されていました。くぐり方が書いてありましたが、面倒なのでそのまま進みました(^^;)
P7070611.JPG
静寂さの中にも威厳が感じられる神社でした。
ちなみに、服部神社は夜になると境内に続く石段がライトアップされ、雰囲気が一変するそうです。残念ながら、夜のライトアップは見れませんでしたが、さぞや幻想的なんでしょうね。
以上で山代温泉シリーズは、完となります。
nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

【ブラHC】山代温泉散策 源泉足湯~薬王院温泉寺 [ブラHC]

山代温泉散策その2です。
山代温泉には先日紹介した古総湯の他に、加水なしの100%源泉の公衆浴場「総湯」もあります。こちらは、入浴料をとられるので入りませんでした^^;
P7070580.JPG
なので、源泉足湯に行ってきました。
P7070581.JPG
P7070586.JPG
山代温泉の発祥は、1300年以上前に聖武天皇の御代、行基菩薩が傷口を湧水で癒す一匹の烏ヤタガラスを見つけたのが始まりと言われています。その湧水が温泉だったので人々は「烏の湯」と呼んで親しまれてきたそうです。
P7070583.JPG
確かに、ヤタガラスがいます。けど、BBAが邪魔して満足にカメラにおさめることができませんでした(泣)
P7070585.JPG
薬王院温泉寺。
P7070588.JPG
薬王院温泉寺は、山代温泉を発見した行基菩薩が温泉守護のため建立したそうです。
P7070589.JPG
P7070592.JPG
口を開いた阿形(あぎょう)と、口を閉じた吽形(うんぎょう)。
P7070593.JPG
P7070594.JPG
手水どころにはがま蛙が。
P7070600.JPG
本堂に続く階段を目指します。紅葉の季節は綺麗だろうな。
P7070598.JPG
観音堂。
P7070601.JPG
鐘堂。
P7070602.JPG
本堂。紅葉の季節は綺麗だろうな。
P7070603.JPG
次回、最終回です。
nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

【ブラHC】魯山人寓居跡 いろは草庵 [ブラHC]

山代温泉散策で宿泊先近くの「魯山人寓居跡 いろは草庵」に行ってきました。
P7060524.JPG
P7060549.JPG
P7060525.JPG
母屋は1870年代に建てられ木造二階建、瓦葺。加賀地方特有の紅殻が格子や壁に使われています。
2001年には「北大路魯山人寓居」として国登録有形文化財になっています。
P7060548.JPG
北大路魯山人は書、絵画、陶芸、料理などを極めた芸術家。自然界の美しさを師とし「自然美礼讃」を信条に生涯をかけ美を追求した方です。魯山人は無名時代山代温泉の旦那衆にいろは草庵を提供されたそうです。
魯山人の仕事部屋。
P7060528.JPG
立派な屏風。
P7060526.JPG
書斎。
P7060532.JPG
書斎から望む中庭。魯山人は庭を眺めながら書や絵を書いていたそうです。
P7060530.JPG
茶室。
P7060534.JPG
囲炉裏の間。魯山人はこの囲炉裏の間で旦那衆たちと語らい、加賀の豊富な食材を使った料理を味わったそうです。そういえば、漫画「美味しいんぼ」でも、よく魯山人が逸話として出てきましたね。
P7060537.JPG
昔はこういった格子戸をよく見かけましたね。
P7060535.JPG
2階にも書斎がありました。
P7060539.JPG
レトロな電話。
P7060541.JPG
ロビーでは無料でお茶とお菓子がいただけます。
P7060544.JPG
中庭を金平糖とお茶をいただきながら、ほっこりした気分で眺めました。
P7060546.JPG
P7060545.JPG
魯山人は有名になったあとも「山代の別荘はどんな様子かね。」と、この家を気にしていたそうです。

まだ続く・・・
nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

【ブラHC】星野リゾート 界 加賀 水引の魅力 [ブラHC]

星野リゾート 界 加賀に宿泊して、水引に惹かれました。
調べてみると金沢では加賀水引と言われ、その歴史も古いそうですよ。
P7060574.JPG
P7060575.JPG
手毬も綺麗ですね。
P7060578.JPG
星野リゾート加賀は和テイストに溢れていました。
「いろはにほへと」の屏風。
P7060576.JPG
加賀獅子。
P7060577.JPG
まだ続く・・・
nice!(11)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

【ブラHC】山代温泉散策 [ブラHC]

星野リゾートで一服して、山代温泉散策。
ホテルの前には、明治時代の総湯を復元し、外観や内装だけでなく「湯あみ」という温泉に浸かって楽しむだけの当時の入浴方法も再現した共同浴場「古総湯」があります。
P7060495.JPG
星野リゾート宿泊者は無料で入れます。HCくんも入りましたが、熱々の浴場は刺激MAXでしたね。雰囲気は道後温泉のようでした。
P7060507.JPG
山代温泉のゆるキャラ”やましろ すぱクロくん”。微妙・・・(笑)
P7060508.JPG
庭園風な場所もありました。
P7060510.JPG
P7060511.JPG
ゆせん玉子のお店。温泉玉子は好きなので、自分用のお土産に買って帰りましたよ^^
P7060518.JPG
通りには九谷焼の絵柄を埋め込んだ灯篭が多数ありました。
P7060519.JPG
暖か味のある絵柄ですよね。
P7060520.JPG
P7060521.JPG
通りの先にある「魯山人寓居跡いろは草庵」。
P7060523.JPG
ネタの関係で続く・・・
nice!(15)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

【ブラHC】星野リゾート 界 加賀 続き [ブラHC]

「星野リゾート 界 加賀」の続きです。
P7060554.JPG
暖簾がいいですね。
P7060553.JPG
フロントに飾られている水引のシャンデリア。
P7060555.JPG
エントランスには北大路魯山人の花瓶や器。
P7060556.JPG
中庭には水引のランプが多数飾られています。このホテルは、水引を使った装飾品が多く、また、水引き作成の体験もできます。嫁が水引のピアスを作りましたよ。
P7060557.JPG
P7060558.JPG
P7060559.JPG
中庭。
P7060560.JPG
中庭にある離れ。
P7060573.JPG
茶室になっていて、お茶とお菓子をいただきました。
P7060561.JPG
P7060562.JPG
お茶を撮るの忘れてました^^;
茶室を出ると夕方。水引のランプに灯がともってました。水引って祝儀、不祝儀の飾りだとばかり思っていました。こんな素敵な使い方もあるんですね。
P7060566.JPG
P7060567.JPG
P7060568.JPG
P7060569.JPG
P7060570.JPG
P7060571.JPG
P7060572.JPG
続く・・・
nice!(15)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行